menu phone電話でご注文 ご注文はこちら
大人ニキビの原因とケア
大人ニキビの原因とケア

大人ニキビの原因とケア

大人ニキビをきれいに治したいなら原因を特定する

大人ニキビをきれいに治したいなら原因を特定する

大人ニキビは吹き出物とも言われ、20歳を超えてからできるニキビのことを言います。同じ所に繰り返しできることが多く悩ましい存在ですが、それができる原因はと聞かれると、具体的には知らないという方が多いのではないでしょうか。
呼び方が変わるだけあって思春期にできるニキビとは原因が違うことがありますし、原因が違えばその治し方も違ってきます。

ニキビはニキビでしょ…と、簡単に考えず、一度ニキビができてしまった原因を見直してみてください。いつまでたっても治らなかったのは、対処法が間違っていたからかもしれません。

繰り返し炎症を起こすと、たとえニキビが治っても跡が残ってしまうことがあります。繰り返りあらわれて腫れたり痛みがあるだけでも悩ましいのに、治ってからクレーターやシミが残ってしまっては、さらに悩みが増えてしまうでしょう。そうならないためにも、どうしてニキビができるのかしっかりと原因を特定し、その原因に合った正しい治し方で早めに対処することが大切です。

大人ニキビと思春期ニキビの原因の違いとは

思春期ニキビの原因

思春期ニキビはその名の通り、10代の思春期にあらわれるニキビです。その主な原因は二次性徴で、ホルモンバランスが崩れることにあります。ホルモンバランスが崩れると皮脂の分泌量が増加し、角栓が詰まったところに皮脂が溜まります。それをエサにアクネ菌などが増殖し、炎症を起こしてしまうのです。ですから、正しい洗顔と保湿を心がけることである程度予防できますし、ホルモンバランスが安定する20歳頃までに自然に治ってしまうことも多くあります。

大人ニキビの原因

一方、20歳以上の大人にあらわれる大人ニキビの原因は一つとは限りません。 一つ目は思春期ニキビと同じでホルモンバランスの乱れによる皮脂の過剰分泌が挙げられます。それを引き起こしているのは不規則な生活や強いストレスなどで、そこが思春期ニキビとは違うところです。

そして、二つ目の原因としては、加齢や生活習慣、間違ったスキンケアによる肌のバリア機能の低下が挙げられます。 とくに現代人では、不規則な生活を送る人や仕事などのストレスを抱え込む女性が増え、それだけ大人ニキビに悩まされている方も増えているのです。

がんこな大人ニキビを治すために自分でできることは

大人ニキビができる原因がわかったところで、今度はその治し方を考えていきましょう。
基本的にニキビは自分だけの力で治すのは難しく、無理に詰まった皮脂を押し出そうとニキビを潰したりすると、かえって皮膚を傷つけ雑菌が入って悪化させてしまう可能性があります。ですが、すぐに皮膚科へ行けるとも限りませんから、再発予防もかねて自分でニキビを改善する方法を考えてみてください。

大人ニキビのケア方法

先ほど挙げた大人ニキビの原因から自分に当てはまりそうなものを探し、それぞれ対処できるところからやっていきましょう。
生活習慣の改善には、食生活、睡眠、運動などがあります。バランスの良い食事やサプリメントの摂取、22時までには就寝し十分な睡眠時間をとること、新陳代謝を活発化させるため適度な運動をすることなどが大切です。健やかな生活はストレス解消にもつながります。

また、皮膚のバリア機能を回復するためにも、洗顔の際はゴシゴシこすらず優しく洗うことや、保湿をしっかり行って肌のうるおいを保つよう心がけてください。自己判断でニキビを潰したりせず、体の自然治癒力を高めることが一番です。

ご注文はこちら

Copyright © Guthy-Renker Japan Co.,Ltd. All Rights Reserved.