menu phone電話でご注文 ご注文はこちら
大人ニキビと思春期ニキビの比較
大人ニキビと思春期ニキビの比較

大人ニキビと思春期ニキビの比較

多くの方が悩まされているお肌の病気「ニキビ」。一生懸命ケアをしてもなかなか治らない場合は、治し方が間違っている可能性があります。間違ったケアでニキビ跡などが残り、後悔しないためにも、正しい治し方の知識を身に付けましょう。

ニキビができる原因

ニキビ

ニキビの直接的な原因は「毛穴が詰まること」です。毛穴が詰まって皮脂が正常に毛穴から肌表面に出てこなくなると、そこにアクネ菌が繁殖し、炎症がおきます。

この毛穴が詰まった状態から炎症が起きた状態までをニキビと呼びます。

なぜ毛穴が詰まるかというと、原因は以下の3つです。

・皮脂分泌が過剰になること

・毛穴周辺の角質層が厚くなって出口が狭くなること(「過角化」と呼びます)

・ファンデーションなどが毛穴を塞ぐこと

3つめのファンデーションなどが毛穴を塞ぐことは、きちんとクレンジングを行うことで改善できますが、やっかいなのは最初の2つで、思春期ニキビと大人ニキビでは要因が異なります。

思春期ニキビの原因

思春期ニキビができやすいのは、こめかみや額から鼻にかけてのTゾーン、頬の上部です。ホルモンの影響で皮脂腺が刺激され、皮脂分泌が活性化することが主な原因です。そのため、皮脂腺の多い部分に発生しやすいのです。特にTゾーンは、顔面では最も毛穴が多く、その数は他の部分の7倍にもなります。

思春期に皮脂分泌が活発になるのは、第二次性徴に伴ってホルモンバランスが変化するからです。この時期には、男性ホルモンの分泌量が急激に増え、皮脂腺を刺激して皮脂の分泌を促します。

大人ニキビの原因

大人ニキビは、あごや口元、フェイスラインにできやすいのが特徴です。大人ニキビは思春期ニキビと異なり、皮脂の分泌過剰以外にも発生要因があるため、発生場所は皮脂腺の多い場所に限りません。

大人ニキビは、以下のような複合的な要素によって発生します。

(1)皮脂の分泌過剰

ストレスや睡眠不足は男性ホルモンを活性化します。男性ホルモンは皮脂分泌を促す作用があるため、皮脂の分泌過剰を引き起こします。また、皮脂腺を刺激する高GI食や高脂肪食の摂り過ぎや、逆に皮脂分泌を抑制するビタミンB群の不足も、皮脂分泌の増加につながります。

(2)毛穴周辺の過角化

紫外線や肌の乾燥、間違ったスキンケアなどによって肌のバリア機能が低下すると、刺激から肌を守るために角質が厚くなります。(これを過角化と呼びます。)また、手指でニキビに触れる「触りグセ」も、過角化の原因になるので注意が必要です。
過角化が発生すると、毛穴の入り口付近の角質が厚くなり、皮脂が肌表面に出にくくなります。そうすると、不要な角質と皮脂が混ざった角栓や、コメド(面皰)が毛穴内部にでき、初期のニキビとなります。この詰まった毛穴の中でニキビ菌が増殖すると、炎症性ニキビへと進行していきます。

(3)化粧品などによる毛穴詰まり

クリームなど油分の多いスキンケアや、ファンデーションなどのメイクによって毛穴が詰まる場合があります。また、ファンデーションに含まれる油分が酸化した「過酸化脂質」が毛穴周辺の皮膚に悪影響を与え、にきびを発生させることがあります。

ニキビの治し方1.スキンケア

思春期ニキビと大人ニキビでは、ニキビの原因も肌の状態も異なります。それぞれの肌に適したスキンケアが、ニキビを治すためには大切です。

思春期ニキビを治すスキンケア

思春期の肌は、新陳代謝が活発で肌のターンオーバーが早く進みます。また、肌の回復力も高く、角質層のセラミド(細胞間脂質)やNMF(天然保湿因子)の生成も活発なので、ニキビができていても、肌は比較的健康な状態です。
思春期ニキビのスキンケアの基本は、肌を清潔な状態に保つこと、炎症を抑えることです。きちんと洗顔をして汚れや余分な皮脂を洗い流し、薬用化粧品で炎症を鎮めましょう。ニキビを悪化させると、治ってからもニキビ跡(痕)が残ってしまいます。

大人ニキビを治すスキンケア

大人の肌は、加齢やホルモンバランスの乱れ、睡眠不足、ストレスなどが原因となり、ターンオーバーが乱れがちです。10代の頃よりもデリケートなうえに、回復が遅くなっているので、ニキビの治りも遅くなります。
スキンケアにおいては、ニキビの原因となる毛穴詰まりの改善が大切です。そのためには、毛穴周辺の角質層が肥厚化する(過角化)を防がなければいけません。
過角化を防ぐには、十分な保湿が必要です。洗顔後には、化粧水だけではなく美容液や乳液、クリームなどの保湿成分を補ってください。また、紫外線は肌のバリア機能を低下させて、過角化を引き起こします。外出時には必ず日焼け止めを使用しましょう。
この過角化が発生してしまっている肌は、余分な角質が毛穴を詰まらせるのを防ぐため、ピーリング効果のある洗顔料やローションなどを取り入れて、古い角質を取り除く必要があります。
以下に肌タイプ別のスキンケアのポイントを紹介します。

脂性肌

脂性肌の場合、皮脂を気にして取り除こうとしすぎる傾向があります。水分と同じで、皮脂が不足するとバリア機能も潤いも低下するので、必要以上に皮脂を除去しないようにしましょう。

混合肌

混合肌は、どうしてもTゾーンなどの脂浮きしている部分が気になり、さっぱりタイプのスキンケアを行いがちです。しかし混合肌は水分が不足している場合が多いので、水分不足に陥らないように十分な保湿ケアを心がけましょう。

乾燥肌

乾燥肌でも毛穴が詰まるとニキビが発生します。実は乾燥肌は角質層の水分保持力が低く、過角化を起こしやすいのです。過角化を防ぐためにしっかりと保湿し、お肌を乾燥や刺激から守るケアを行いましょう。

敏感肌

敏感肌はトラブルを起こしやすいという点以外は、乾燥肌と状態が似ています。敏感肌の場合には、バリア機能を高めるケアも取り入れると良いでしょう。

ニキビの治し方2.スキンケア製品の選び方

思春期ニキビも大人ニキビも、ニキビの物理的な原因は「毛穴が詰まること」です。毛穴の中に皮脂や角質が詰まると、ニキビ菌の増殖が始まり、炎症性のニキビになります。
毛穴の中に詰まった皮脂や角質、汚れなどが固まったものを「コメド(角栓)」と呼びますが、スキンケアの成分の中には、コメドを誘発しやすいものがあります。そのような成分を使わずに作られたのが、「ノンコメドジェニック」です。また、毛穴をふさぐ原因となるオイルを使わずに作られたものは、「オイルフリー」の表示があります。
ニキビは様々な要因が複合的に関わっているため、少しでも発生因子を減らしたいもの。そのため、「ノンコメドジェニック」「オイルフリー」この表示があるスキンケア製品をおすすめします。
●ニキビに効果的な成分配合のスキンケアを選ぼう
スキンケア製品を選ぶ際、より効果的なお手入れをするなら、ニキビに有効な成分が配合されているものを選びましょう。
■サリチル酸…アクネ菌殺菌、アクネ菌の増殖を予防、角質ケア
■グリチルリチン酸ジカリウム…炎症を抑える、肌荒れ防止
■グリコール酸…角質を柔らかくする、ターンオーバーの促進、保湿作用、くすみケア
■パルミチン酸レチノール…ターンオーバーの促進、コラーゲン生成作用

思春期ニキビの化粧品の選び方

クレンジング・洗顔

過剰に分泌された皮脂や古くなった角質をやさしく、しっかり洗い流せるものを選びましょう。しかし、洗浄力が強すぎるものは乾燥の原因になるので、避けるようにしましょう。

保湿

思春期といえども、保湿は重要です。クレンジングや洗顔で一時的に低下した水分保持力やバリア機能を補ってあげましょう。化粧水をメインに、カサつく場所にだけ油分の少ない乳液などをつけるとよいでしょう。

大人ニキビの化粧品の選び方

クレンジング・洗顔

肌の水分保持力の要である、角質層のバリア機能を損なわないクレンジング剤や洗顔剤を選びましょう。お肌をこすると摩擦による刺激で過角化の原因となるので、特にクレンジング時は注意が必要です。

保湿

クレンジングや洗顔後、大人の肌は水分保持力やバリア機能が回復するまでに時間がかかるので、しっかりと保湿できる化粧品を選ぶことが大切です。しかし、毛穴を詰まらせやすい成分はニキビの原因となるので、ノンコメドジェニック処方のものを選ぶことをおすすめします。

ニキビの治し方3.食事・食生活の改善

毎日の食事もニキビの状態に影響を与えます。ニキビに良い効果をもたらす食べ物、逆にニキビの状態を悪くする食品などを覚えて、日々の食生活に活かしましょう。

積極的に摂りたい栄養素

以下に、新陳代謝やホルモンバランス、皮脂分泌などに影響する栄養素と食品の例を挙げます。

粘膜や肌を健康に保ち、皮脂分泌を整える

ビタミンA→レバー、にんじん、ほうれん草、春菊、かぼちゃ
ビタミンB2→レバー、イワシ、納豆、豚肉、きのこ類

新陳代謝を正常に保つ

ビタミンB6→牛レバー、バナナ、マグロ、大豆、卵
ビタミンC→イチゴ、レモン、パパイヤ、ブロッコリー、ピーマン
亜鉛→レバー、うなぎ、牡蠣、玄米、ゴマ、アーモンド

酸化を防ぐ

ビタミンE→落花生、アーモンド、ごま、かぼちゃ、アボカド、うなぎ、卵黄

避けたい食品

動物性脂肪や高GI食品(血糖値を急激に上昇させる食品)は、皮脂の分泌過剰を招くため、摂り過ぎに注意が必要です。高GI食品を摂ると、急激に上昇する食後血糖値を下げるためにインシュリンが分泌されます。インシュリンは男性ホルモンを刺激して皮脂分泌を増やしてしまうのです。
具体的には、お菓子類など糖分が多いもの、パン、白米など精製された穀物、じゃがいもなどが高GI食品にあたります。また、刺激の強い食べ物も、皮脂腺を刺激して皮脂の分泌量を増やすので、摂り過ぎないようにしましょう。

ニキビの治し方4.生活習慣

日常的な行動や長年の習慣が、実はニキビの発生や悪化に関係しているかもしれません。生活習慣の中にありがちなニキビの原因について説明します。

睡眠不足

睡眠不足は交感神経の働きを優位にして、男性ホルモンの分泌を促します。男性ホルモンは皮脂腺を刺激し、皮脂の分泌過剰を引き起こします。

ストレス

ストレスを感知すると、抗ストレスホルモンであるコルチゾールが分泌されます。コルチゾールも男性ホルモンを刺激して、皮脂の分泌過剰を招きます。

触りぐせ

アゴなどの手指が届きやすいニキビを、無意識のうちに触ってしまう人がいます。それが圧迫刺激となり角質層の過角化を招いたり、汚れや細菌が付着して炎症が悪化する場合もあります。

紫外線

紫外線は、肌のバリア機能を刺激するため、角質層が厚くなります。また、紫外線に当たると肌の表面で活性酸素が発生し、肌のターンオーバーを乱します。 思春期ニキビと大人ニキビでは、ニキビの発生原因が異なるため、スキンケアの仕方も異なります。特に大人ニキビなのに思春期ニキビと同じケアを行うと、かえってニキビを悪化させてしまう場合もあります。 一方で、ニキビに良い食べ物、悪い食べ物、ニキビに悪い生活習慣など、ニキビだけではなく体全体の健康に関わることは、思春期も大人もほぼ変わりません。正しい知識を身につけて、肌の外側からも内側からも、ニキビ改善のためのアプローチをしていきましょう。

ご注文はこちら

Copyright (c) The Proactiv Company KK. All rights reserved.