menu phone電話でご注文 ご注文はこちら
女性(生理前、妊娠中)ニキビのケア
女性(生理前、妊娠中)ニキビのケア

女性(生理前、妊娠中)ニキビのケア

身体のリズムによって肌荒れが起こる

女性(生理前、妊娠中)ニキビのケア

いつもきれいな肌でいたいと願うのは、女性として当然です。
ツヤとハリがあり、色ムラがない滑らかな素肌を目指して、日々スキンケアに励む女性も多いでしょう。メイクに凝るよりも今の素肌を磨くことを考えた方が、将来の自分へ大きな財産を残してあげることにつながるはず。美意識の高い女性たちは、そのことをしっかりと理解しているからこそ、毎日のケアを欠かすことがないのです。

しかし、どんなに頑張ってお手入れをしていても、女性には避けて通れない身体のリズムがあります。生理前になると、どうしても肌が荒れる、ニキビが増えたり、いつも使っている化粧水さえしみるような刺激を感じたりするなどと訴える方は少なくありません。

また、妊娠中も同様です。妊娠中はもちろん生理は止まっていますが、これまでにないほどの肌荒れを起こしてニキビが大量にできてしまい、驚かれる妊婦さんも多くいらっしゃいます。これらの肌荒れやニキビは、なぜ起こるのでしょうか。

ホルモンバランスの変化が犯人

生理前や妊娠による肌荒れは、ホルモンのバランスが大きく関係しています。

生理前

月経前症候群、PMSという言葉を聞いたことはないでしょうか。
生理の1〜2週間前から起こる、イライラや頭痛、眠気、腹痛などの症状を指し、肌荒れもこのPMSの症状の一つに数えられます。女性なら誰でも経験したことがあると言っても過言ではないかもしれません。

女性ホルモンには、エストロゲンとプロゲステロンの2種類があり、PMSに関連があると考えられているのは、プロゲステロンの分泌量の増加です。プロゲステロンが増加し、エストロゲンの分泌量を超えることでPMSの症状があらわれるのではないかと言われています。
生理前の女性の身体の中ではこのようなホルモンの変化が起こっており、それにより肌荒れやニキビを発症してしまうのです。

妊娠中

一方、妊娠中の場合ですが、妊娠して生理が止まったから、ホルモンの変化も止まるということはありません。妊娠初期にはプロゲステロンの分泌量が増えますので、PMSと同じような症状が出てしまいます。さらに、つわりの症状が加わる、食べ物の嗜好の変化や過食、便秘なども起こりやすい時期と重なるため、ニキビができやすくなるのです。

妊娠中はケア用品にも注意が必要

しかし、これらの症状は、長く続くことはありません。生理が始まる、または妊娠中期へと移行することで、エストロゲンが増加していきます。エストロゲンは、女性の美しさを保つには欠かせないホルモンです。 肌の新陳代謝を活発にする働きも持っていますので、エストロゲンが優位になるにつれ、ニキビも治まっていくでしょう。とは言え、放置しておくのはよくありません。

きちんとケアしておかなければ、ニキビ跡(痕)となって残ってしまう場合も多いのです。しかし、生理前も妊娠中も、心身共にとてもセンシティブになっています。あまり強いケア商品は利用しない方が無難でしょう。

特に妊娠中の場合は、お腹の中にいる胎児への影響も考えなければなりません。妊娠前に問題なく使っていたニキビケア用品でも、その成分によっては妊婦さんの使用が制限されていることもあります。 肌に優しい基礎化粧品などを使いながら、バランスの取れた食生活と充分な睡眠、リラックスタイムの充実などを心がけて、焦らずに少しずつ肌荒れを治していけば大丈夫です。

ホルモンと上手に付き合う

生理前のニキビは、顔の中でも皮膚が薄い顎(あご)、おでこ(額)、こめかみなどに発生することが多いようです。前文で書いたように、プロゲステロンという女性ホルモンの仕業によるものとされていますが、悪影響だけを与えるわけではありません。
プロゲステロンは、卵胞の発育や子宮内膜の肥厚などと言った妊娠準備をする、女性には欠かせない大切なホルモンです。生理周期に合わせたニキビケアを行なって、上手に付き合っていきましょう。

生理周期に合わせたニキビケアとは?

まず考えたいのは、食生活です。

生理開始前

生理前には脂肪分の少ないメニューを選び、甘いものも控えましょう。
これらは皮脂の過剰な分泌にダイレクトにつながり、毛穴を詰まらせてニキビができる原因となります。ただでさえ肌がオイリーに傾きがちとなる時期なので、ビタミンやミネラルを積極的に摂取して美肌への糧としましょう。

生理開始後

生理が始まると、一転して肌は乾燥気味になります。体温が低下するため、血行も良くありません。この時期に大切なケアは保湿なので、普段よりも多めに潤いを与えてください。

生理が終わると、美肌のホルモンであるエストロゲンの働きが活発となります。肌のコンディションが良くなるため、ゴマージュなどの角質ケアはこの時期に行なうと効果的でしょう。そして排卵が終わると、再びプロゲステロンの分泌が増えていきます。
肌の表面は潤っているようでも、内側は乾燥している印象を持つ方も少なくない時期です。 ニキビができやすい環境なので、洗顔と保湿を丁寧に行ない、野菜や果物をたっぷり摂って、ニキビ予防に努めましょう。

ご注文はこちら

Copyright © Guthy-Renker Japan Co.,Ltd. All Rights Reserved.