menu phone電話でご注文 ご注文はこちら
思春期ニキビの原因とケア
思春期ニキビの原因とケア

思春期ニキビの原因とケア

思春期ニキビの原因である皮脂とは

思春期

10代の思春期の男女にとってニキビは避けて通れないものですが、その主な原因は皮脂の過剰な分泌です。
皮脂は本来、健康な皮膚には欠かせないものです。
適度な皮脂は皮膚の表面に薄い膜をつくって肌内部の水分の蒸発を防ぐと同時に、紫外線やウイルス、環境汚染物質など外部から異物が侵入してくるのを防いでいます。これによってみずみずしく健康な肌が維持されるのです。

しかし、皮脂が多くなりすぎてしまうと余分な皮脂がいつまでも皮膚に残ってしまいます。
古くなった皮脂は毛穴の中に溜まって空気と触れて酸化し、ニキビの原因菌であるアクネ菌の繁殖を促します。
こうして思春期ニキビになっていくのです。

思春期に皮脂が増えてしまう理由

思春期に皮脂が増えてしまう理由はいくつかありますが、最大の理由はホルモンバランスの崩れです。
思春期の男女は子供の身体から大人の身体に変化していくために成長ホルモンの分泌量が急激に増えます。
男性で言えばテストステロン、女性で言えばエストロゲンやプロゲステロンなどが代表的な成長ホルモンとなります。こういった成長ホルモンには皮脂を過剰に分泌させる作用があり、ニキビの原因となってしまいます。

ストレスによってホルモンバランスが崩れる

ホルモンバランスの崩れはストレスによっても引き起こされます。
10代は感受性豊かな世代であり、ちょっとしたことでも精神的に大きなショックを受けたりすることがあります。

中学・高校と新しい環境に進んでいく中でそれに対応することができずにストレスが溜まることもあります。こういったストレスは精神や肉体に変化を与え、その結果としてホルモンのバランスが崩れてしまうのです。
また、10代の男女はまだ成長過程にあり、毛穴が十分に発達していないのもニキビのできる原因となります。

既に説明したようにニキビは過剰な皮脂が毛穴に詰まってしまうことでできますが、10代のうちは大人に比べて毛穴の数が少ないことに加え、毛穴自体の大きさも十分ではありません。そのため比較的少量の皮脂でも毛穴をふさいでしまうことになり、肌のトラブルを引き起こします。

ニキビの予防・改善の基本は正しい洗顔

ニキビを治すための基本は洗顔です。
毎日の生活の中で洗顔を心がけるだけでもニキビの予防と改善に大きな効果が期待できます。
ここで重要なことは洗顔の仕方です。毎日洗顔をしているけれどニキビができてしまったという人も多いですが、そのような人は洗顔の方法が間違っている場合がほとんどです。思春期の肌は新陳代謝がよく肌の回復力も高いので、しっかりとしたケアを行えば治るのも早くなります。
健康な肌のためにも正しい洗顔を心がけましょう。

正しい洗顔方法

思春期ニキビの主な原因が皮脂の過剰な分泌にあるので、正しい洗顔の基本は余分な皮脂を洗い流すことになります。ここで重要なポイントは、あくまでも余分な皮脂を除去することであり、皮脂を根こそぎ取り除くことではないということです。
冒頭で触れたように皮脂は肌の健康のために必要な成分であり、皮脂の不足は肌の乾燥を引き起こしてニキビにも悪影響を与えます。
洗いすぎを防ぐために洗顔の回数は1日2回くらいまでにしましょう。

また、洗顔の際には肌に与える刺激を最小限に抑えることも重要なポイントです。強い刺激を与えると肌の状態がさらに悪化してしまいます。ニキビ用洗顔料を使用する場合もできるだけ刺激の少ないマイルドなタイプを選ぶようにしましょう。泡立てネットを使ってキメの細かい泡で洗顔するようにすると刺激を抑えられます。

洗顔後のケア

さらに、洗顔後もタオルでゴシゴシと擦ることは避け、清潔なタオルで顔をたたくようにして水分を取ると良いでしょう。洗顔後は化粧水やクリームで保湿をすることも大切ですが、この時も肌への刺激を抑えることが重要です。アルコール成分の多く含まれた化粧水は肌への刺激が強いので使用は避けるべきでしょう。

生活習慣の改善もニキビに効果的

ニキビの予防・改善には生活習慣の見直しも重要なポイントです。特に食事と運動の改善は効果的です。
食事に関しては脂質の多い食品の制限とビタミンの摂取が大切です。脂質を多く含んだ食事は血中の脂を増やし、皮脂の量を増やします。脂質の多いファストフードや揚げ物などの食べ過ぎには注意するようにしましょう。

逆に積極的に摂取したいのがビタミン類です。

ビタミンA・Cを含む食品

特にビタミンA・Cを含んだ食品は健康な肌のためには欠かすことのできないものです。ビタミンAを豊富に含む食品にはほうれん草や人参、鶏レバーなどがあります。ビタミンAには皮膚のターンオーバーを促す作用があるので、皮脂を多く含んだ古い肌細胞が剥がれ落ちやすくなります。

ビタミンCを豊富に含む食品には緑黄色野菜や果物などがあります。ビタミンCには皮脂の分泌を抑制する作用がある以外にも、肌細胞の老化を引き起こす活性酸素の働きを抑えたり、メラニン色素の合成を抑えたりすることでの美白効果も期待できます。
これらのビタミンを食事のみで摂取することが難しい場合にはサプリメントを活用するのも良いでしょう。

症状が悪化したらまずはニキビ用のお薬

思春期は肌の回復力が高いですし、成長ホルモンの分泌が減ってくれば皮脂の分泌量も自然に減ってきてニキビも治ってくるのですが、中にはニキビが重症化してしまう人も見られます。そのようなときには早めにニキビ用のお薬を活用しましょう。

ご注文はこちら

Copyright © Guthy-Renker Japan Co.,Ltd. All Rights Reserved.