menu phone電話でご注文 ご注文はこちら
 
ピル使用によるホルモンバランスとニキビの関係

ピル使用によるホルモンバランスとニキビの関係

ニキビはホルモンバランスに大きく左右される

ピル

ニキビには大きく2つの種類に分けられ、成長ホルモンが盛んに分泌される思春期にできるニキビと、大人になってからもできるニキビがあります。ニキビができやすい人は、学生時代から社会人になるまでずっと悩まされていて、どちらの種類なのか区別できない方もいるでしょう。

大人のニキビと思春期ニキビ

一方、学生の頃は出なかったのに、大人になってから出るようになった方は、不規則な生活やストレスなどにより、ホルモンバランスが乱れて発症しているケースがほとんどです。
偏った食事や睡眠不足、仕事によるストレスや肌の乾燥、月経不順など様々な要因が重なって体内のホルモンバランスを乱し、体の不調が肌にあらわれる現象と言えます。
脂性肌ではなく乾燥肌でもニキビになりやすく、口周りや顎にかけてできやすくなります。

思春期は体が成長するために盛んに成長ホルモンが分泌され、過剰に分泌された皮脂が毛穴に詰まってアクネ菌が増殖し、ニキビをもたらします。特徴として、皮脂の分泌量が特に多いとされるTゾーンに最も出やすくなります。

男性ホルモン優位だとニキビになりやすい

ホルモンにも様々ありますが、男性でも女性ホルモンが少なからず存在し、女性の体内にも男性ホルモンが存在しています。

女性の場合、本来のバランスを崩して男性ホルモンが優位になると、皮脂の分泌量が増えてニキビになりやすくなったり、薄毛になったりします。

ホルモンバランスの乱れは、ストレスや睡眠不足が重なると起こりやすく、体の冷えや血行不順、生理不順などでももたらしてしまいます。生理前にニキビができやすかったり、仕事などでプレッシャーがかかったり、寝不足が続いたりするとニキビができやすくなるのはこのためです。

ピルによるニキビの影響

ピルの服用でニキビが治まったという話を耳にしたことがあるかもしれませんが、これは本当なのでしょうか。
そもそも、ピルというのは女性ホルモンを主成分とした薬です。
大きく2つの種類があり、生理不順や無生理などの月経トラブルの治療に用いられる中・高用量ピルと、避妊薬としての低用量ピルがあります。つまり、ニキビを改善するための治療薬ではありません。ここを間違えないことが大切です。

ピルによる効果

ピルの服用により女性ホルモン優位の状況が作りだされ、男性ホルモンの活動が抑えられるので、ニキビが改善されたり、ニキビができなくなったりという副次効果が、服用している方にたまたまあらわれただけで、ニキビ治療のためにおすすめできる薬ではありません。

あくまでもピルは月経不順に悩む方や妊娠を回避したい方が、医師の処方に基づき服用する医薬品なので、勝手な判断でニキビを治すために飲むべきではありません。

ピルの副作用

ニキビは治っても生理周期が乱れたり、薬の副作用としてむくみや吐き気などが起きたりすることもあります。また、ピルの服用をやめると、一気にニキビが再発するといったトラブルが起きる可能性もあるので、ホルモンバランスの改善を薬に頼るのではくホルモンバランスを崩さない生活を心がけるほうが良いでしょう。

ホルモンバランスの乱れを起こさない生活

ニキビを防ぐためには、ホルモンバランスを正常に保ち、女性らしさを維持する生活環境を整えることが大切です。

女性らしさを楽しむ

たとえば、仕事を頑張り過ぎると、闘争本能が働いて男性ホルモンが優位になり、ニキビができやすくなることがあります。仕事を頑張りつつ、ネイルを楽しんだり、エステに行ったり、フラワーアレンジメントを習ったりと女性らしさを楽しむ工夫をして、心身のバランスを保ってあげることも、体内のホルモンバランスに影響します。

規則正しい生活とバランスの取れた食事

そして、ホルモンバランスを乱さないためには、やはり規則正しい生活やバランスの取れた食生活がカギを握ります。睡眠不足が続くとホルモンの分泌が少なくなったり、異常な分泌が起こったりします。
また、体の冷えも大敵で、血液循環が悪くなるとホルモン活動も低下してしまいます。体を冷やさず、寝不足をせず、ストレスを溜めない生活を送るようにしましょう。

イソフラボンを補給

大豆

皮膚科などに行くと、ピルの処方はないものの、化膿がひどいニキビにはホルモン療法が施されることがあります。これは、女性ホルモンを注入して男性ホルモンの作用を低下させることでニキビの改善を促す方法です。
人工的にホルモンを注入することで、むくみなどの副作用が出ることもあります。やはり、自然な形でホルモンバランスを整えられるほうが安心できるのではないでしょうか。

イソフラボンを含む食品やコスメ

自分でもできるケアとしては、女性ホルモン類似物質といわれるイソフラボンを含む豆腐や納豆などを摂取するようにしたり、イソフラボン含有のコスメやサプリメントなどを使ったりするのも1つの方法です。

最近では女性におすすめの成分としてイソフラボンがブームになっています。
豆イソフラボン含有の洗顔フォームや、豆乳ローション、イソフラボン配合クリームといったスキンケアアイテムが登場しています。大豆という天然成分由来で肌に優しく、豆乳成分が肌を滑らかに優しく潤してくれ、ホルモンバランスの改善も期待できるアイテムです。

ご注文はこちら

Copyright (c) The Proactiv Company KK. All rights reserved.