menu phone電話でご注文 ご注文はこちら
ニキビを潰すのは良くない!?
ニキビを潰すのは良くない!?

ニキビを潰すのは良くない!?

ニキビは早期発見、早期ケアが不可欠

ニキビを潰すのは良くない!?

ニキビには症状の段階があり、毛穴に皮脂汚れが詰まってしまうところから始まり、徐々にアクネ菌の活動が活発になって状態が悪化していきます。その悪化するスピードは、いかに早い段階で適切なケアができるかによって異なります。

初期段階でスムーズにケアができれば、それ以上悪化させずにキレイな肌に戻れますし、寝不足や暴飲暴食など不摂生をしたときにたまにポツンとできる程度で治まってしまいます。
ですが、適切なケアを行うタイミングを逃すと症状がどんどん悪化して、手におえなくなるので注意しなければなりません。

白ニキビは潰して角栓を押し出すのはOKなのか?

ニキビの最も初期の段階は白ニキビと言われる状態です。多くの人が、これがニキビの症状だとは気づいていないかもしれません。

白ニキビとは角栓(コメド)が詰まった毛穴の中に皮脂が溜まっている状態のことで、この角栓(コメド)を放置しているとアクネ菌が増殖し始め、次の段階へと進行していきます。そのため、老廃物の塊である角栓を取り除いて、アクネ菌の活動をストップさせなければなりません。

白ニキビを潰せるタイミング

この角栓、芯とも呼ばれるものを潰して押し出そうとする方がいます。指先や綿棒などを使って押し出したり、ピンセットで取ろうとする方も少なくありません。少量のニキビなら大きな問題はないですが、入浴後や洗顔後の毛穴が開いているときに行うようにしましょう。
だからと言って、頻繁に行ったり、強い刺激を与えてしまうと周辺の皮膚を傷つけたり、角栓が取れたとしても毛穴を広げる原因になってしまうので注意が必要です。

傷ついた肌は毛穴に皮脂汚れを溜めやすくなり、アクネ菌のターゲットになってしまいます。
また、毛穴が広がるといっそう皮脂汚れが詰まりやすくなるため、自己流の押し出しは避けたほうが賢明です。

黒ニキビは潰してOK?

黒ニキビは白ニキビと同様、ニキビの初期段階です。
毛穴に溜まった老廃物や皮脂が酸化して黒く見えている状態のことを、黒ニキビと呼んでいます。
黒ニキビも少量のニキビなら皮脂や角栓を潰して押し出すことはできますが、先にもご説明したとおり、自己流での押し出しや潰したりする行為は避けた方が良いでしょう。
皮膚を傷つけ悪化してしまった場合、ニキビ跡(痕)に発展するケースもありますので注意が必要です。

赤ニキビを潰すのはNG

白ニキビの段階で適切なケアを行わず、そのままにしていると赤ニキビへと進んでしまいます。
角栓などの皮脂汚れをエサにアクネ菌が増殖して、活動を活発化させ炎症を起こしている状態が赤ニキビなのです。炎症を起こしているので腫れて盛り上がってきたり、かゆみを伴ったりすることもあります 。

潰すことでニキビが増えることも

この段階でもやはり、潰してすっきりしたくなるかもしれませんが、赤ニキビは潰してはいけません。
潰すことでアクネ菌や内部に溜まった老廃物が流れ出して、周辺の健康な細胞まで犯していきます。ニキビの数が増えたり、周囲全体が赤みを帯びてしまったりすることがあるのです。
それだけでなく、潰したニキビは跡となって残ってしまう可能性が大きくなります。

黄色ニキビを潰すと跡になってしまう

赤ニキビで適切なケアをしないと、化膿して膿を持った黄色ニキビになってしまいます。この段階で膿を出そうとして潰してしまうと、ニキビ跡(痕)が残る可能性が高くなります。
クレーターが残ったり、色素沈着というニキビのシミのようなものが残ってしまったり、その後に後悔することになるかもしれません。繰り返し潰していると、顔にケロイドのような跡が残ることさえあるのです。
後悔しないためにも、決して潰さず、肌をいじめるようなケアをしないようにしましょう。

ご注文はこちら

Copyright (c) The Proactiv Company KK. All rights reserved.