menu phone電話でご注文 ご注文はこちら
ニキビ治療にステロイドは有効か?
ニキビ治療にステロイドは有効か?

ニキビ治療にステロイドは有効か?

ステロイド

ニキビの塗り薬に含まれていることのあるステロイド剤。ステロイド剤は作用の強い薬である一方で、副作用も強いため怖いというイメージを持っている人が多いのではないでしょうか?

ステロイドってどんな薬?

ステロイドは、もともとは私たちの体内にある副腎で作られる副腎皮質ホルモンの一つで、治療薬として使われるステロイド剤は「糖質コルチコイド」と呼ばれる副腎皮質ホルモンを人工的に作ったものです。ステロイド剤を使用すると、体の免疫や炎症を抑える効果があり、アレルギー疾患や膠原病などのさまざまな病気の治療薬として使用されています。

ニキビをはじめとする皮膚疾患には、ステロイド剤は塗り薬である外用薬が使われることが多いですが、症状によっては注射で体内に投与される場合もあります。またステロイド剤には、感染に対する抵抗力が弱まるなどのいくつかの副作用があります。

ステロイドの外用薬の副作用

ステロイドの外用薬は副作用を抑えるために、身体全体ではなく使用した部分に効果が出るように開発されたものですが、長期に渡って使用することにより副作用が現れることがあります。ステロイド外用薬の副作用には次のような症状があります。

  • ・毛が伸びて濃くなる
  • ・肌の皮膚が委縮したり、薄くなる
  • ・肌の色素が抜ける
  • ・皮膚の毛細血管が広がり、肌の赤みが増す
  • ・紫斑ができる
  • ・皮膚の感染症にかかりやすくなる

ステロイドがニキビの原因になることも

ステロイド剤の長期使用によって現れる副作用としてもうひとつ、ニキビができやすくなるといった症状も挙げられます。ステロイド剤の使用によって、ニキビができやすくなる理由は以下の通りです。

  • ・ステロイド剤は免疫抑制作用があるため、ニキビの原因菌に対する抵抗力が弱まる。
  • ・ステロイド剤はホルモン剤の一種であるため、長期に渡って使用することでホルモンバランスが乱れ、皮脂の分泌を促すことにつながりニキビができやすくなる。
薬の強さ

なお、ステロイド外用薬の使用量の上限は、強度が5段階ある中で3番目(V群 ストロング)の強さのもので1ヶ月に300gとされています。それ以上の量を使うと、これまでに挙げたような副作用が起こるリスクが高まります。しかし医師の指示に従い、適量を守って使用すれば、ステロイド薬の副作用はそれほど恐れるものではありません。

ステロイド剤がニキビに使用されるのはどんなとき?

日本皮膚科学会のニキビ治療のガイドラインでは、「軽い炎症程度のニキビにはステロイドの内服や外用は推奨しない」とされており、実際の医療現場においても、基本的にはニキビ治療にステロイドが使われることはあまりありません。
しかし、ニキビの炎症が強く、痛みやかゆみなどを伴った症状が出ているときには、ステロイド外用薬を使ってある程度ニキビの炎症を抑え、通常のスキンケアに戻すというやり方を勧める医師もいます。
また、例外的にニキビの炎症がさらに進んだ症状になった場合にステロイドの注射薬が使用されることもあります。ステロイドの注射薬が使用されるのは次のような場合です。

・赤紫色になっているニキビ
炎症を起こした赤ニキビがさらに進行して、ニキビ内部に血や膿がたまり、赤紫色になってなかなか改善されない場合に使用されることがあります。

・ケロイド状になっているニキビ跡
ニキビ跡の中には、肌が再生しようとして、皮膚組織が過剰に盛り上がるケロイド状態になることがあります。ケロイド部分にステロイドを注射することで、盛り上がった皮膚組織が平らになり、赤みを改善させるのに役立ちます。

ステロイド剤はニキビを根本的に治す薬ではない

ステロイド剤を使用すると、ニキビの炎症が治まるので、一見ニキビが治ったり、改善したように感じることがあります。しかし、ステロイド剤はあくまで対症療法として使われるものです。つまり、ステロイド剤はニキビが炎症などで急に悪化したときの、応急処置のようなものです。ステロイド剤の使用はニキビの根本的な解決にはならないので、自己判断で使用を続けるのはおすすめできません。やはりニキビを根本的に治すには、普段のスキンケアや、食生活や睡眠など生活習慣を見直すことが肝心です。

ご注文はこちら

Copyright (c) The Proactiv Company KK. All rights reserved.