menu phone電話でご注文 ご注文はこちら
髭剃りでニキビができやすくなる?
髭剃りでニキビができやすくなる?

髭剃りでニキビができやすくなる?

ニキビ予防

「男性の身だしなみ」というイメージのある髭剃り。女性でも鼻下や顔まわりのうぶ毛を処理するのに髭剃りをすることは珍しくありません。そんな日常的に行われる髭剃りも、やり方次第でニキビなどのできものができるきっかけとなり得るのです。

髭剃りでニキビができるのはなぜ?

髭剃りによってニキビができやすくなるのは、必要な角質までそぎ落とし、肌を傷つけてしまうことがきっかけです。
角質層は、紫外線や雑菌などの外部刺激から肌を守る役割がありますが、必要な角質がなくなると、肌が乾燥して外部の刺激を受けやすくなり、いわゆる敏感肌といわれる状態になります。すると毛穴が外部の刺激から肌を守ろうと、より多くの皮脂を分泌します。
皮脂が多く分泌されることにより、それをエサとするニキビの原因菌が繁殖しやすくなるため、ニキビができやすくなるのです。

髭剃り後の赤いブツブツはニキビ?

髭を剃った後、赤いブツブツとしたニキビではないできものができる場合があります。この赤いできものは、「カミソリ負け」により肌が傷つき、そこから細菌が侵入して炎症を起こす「毛嚢炎(もうのうえん)」と呼ばれる状態です。ニキビの原因菌はアクネ菌ですが、毛嚢炎の原因菌は皮膚に常在している黄色ブドウ球菌などであるという違いがあります。
見た目でニキビと見分けるのは難しいですが、明らかに髭剃りで傷をつけて炎症になってから、すぐにブツブツができた場合は毛嚢炎と判断してよいでしょう。
治療方法は、軽度の症状であれば自然治癒しますが、化膿してなかなか治らない場合は、皮膚科などの医療機関で処方される外用薬を使用した方が良いでしょう。

ニキビをつくらない髭剃りのポイント

毎日の髭剃りでニキビができるのを防ぐためのポイントをまとめます。

髭剃りにはなるべく電気シェーバーを使用する

電気シェーバー

髭剃りをするときは、カミソリか電気シェーバーを使用することがほとんどでしょう。
カミソリは深剃りできるというメリットがありますが、刃が直接肌に当たるので、角質をそぎ落とす量が多く、肌を傷つけやすいのがデメリットです。
一方、電気シェーバーはカミソリほど深剃りできませんが、刃が直接肌に当たらないので肌を傷つけにくく、角質を多く落とすこともありません。ニキビができるリスクを減らすのであれば、電気シェーバーを使うことをおすすめします。

シェービングフォームを使って毛の流れに沿って剃る

シェービングフォーム

髭や顔のうぶ毛を剃るときは、シェービングフォーム(クリーム、ジェル)を使用しましょう。
シェービングフォームは、髭剃りのときに肌を傷つけないようにするためのクッションの役割を果たし、髭剃り後の乾燥を防ぐ効果もあります。
また、剃り方について、深く剃ろうと最初から毛の流れと反対方向に剃るよりも、毛の流れに沿って髭剃りをした方が肌への負担が小さくなります。剃り残し部分がある場合に、毛の流れと逆方向に剃るようにしましょう。

髭剃り後は必ずスキンケアをする

シェービングフォーム

髭剃り後の肌は、乾燥しやすくデリケートな状態になっています。髭剃り後は、髭を剃った部分をよく洗浄し、その後は化粧水で水分を補給してから、乳液やクリームなどで保湿しましょう。肌を十分潤すことで、バリア機能が高まり、ニキビなど髭剃り後の肌トラブルの予防になります。

髭剃りの道具を清潔に保つ

髭剃りで使用したカミソリ、シェーバーは必ず手入れをしましょう。特に、カミソリやシェーバーの刃は、髭やうぶ毛、皮脂などの汚れが残っています。髭剃りの道具を使用した後は、汚れを落として涼しい場所に置いて乾燥させましょう。湿度の高い浴室での保管は、細菌が繁殖し、刃がサビつきやすくなるのでおすすめしません。

また、カミソリやシェーバーの刃を長期間使用すると、切れ味が悪くなったりサビついたりします。サビついて切れ味の悪くなった刃で髭剃りを行うと、肌に負担がかかるだけでなく、衛生面においても良くありません。カミソリやシェーバーの刃の切れ味が悪くなった、サビついてきたと感じたら、新しい刃に替えるようにしましょう。
刃の交換は、カミソリでは2週間に1度、電気シェーバーの外刃は1年に1度、内刃が2年に1度が目安となります。

ご注文はこちら

Copyright © Guthy-Renker Japan Co.,Ltd. All Rights Reserved.