menu phone電話でご注文 ご注文はこちら
ニキビ治療で使用される抗生物質の効果
ニキビ治療で使用される抗生物質の効果

ニキビ治療で使用される抗生物質の効果

抗生物質

皮膚科のニキビ治療で、内服薬・外用薬として処方される薬の中に抗生物質があります。抗生物質はニキビに対してどのような効果があるのでしょうか。

ニキビ治療薬でも使用される抗生物質とは

抗生物質は抗菌薬とも呼ばれており、細菌を死滅させる作用のある薬です。人間の肌にはもともと常在菌と呼ばれる細菌が住んでいます。抗生物質は、ニキビの原因となるアクネ菌を含めた、肌に潜む細菌を死滅させることで、炎症を起こしたニキビの進行を抑えるものです。また、抗生物質の中には、抗菌作用に加えて炎症を抑える作用のある薬もあり、炎症したニキビの赤みや腫れを解消する効果があります。

ニキビ治療薬の抗生物質は大きく分けて、内服薬と外用薬の2種類に分けられます。日本皮膚科学会から発表されているニキビの診療ガイドラインでは、ニキビ治療に抗生物質の内服薬の効果を認めており、治療薬として薦められていますが、外用薬は特に推奨されていません。しかし、実際の医療現場ではニキビの状態や副作用を考慮して、内服薬と外用薬が使い分けられています。

※ニキビ治療に使われる代表的な抗生物質
・内服薬:ルリッド・クラリス・ミノマイシン

ルリッド・クラリス・ミノマイシン

ルリッド、クラリスは比較的副作用が少なく、ある程度長期で服用できる薬です。ミノマイシンは、重度のニキビに処方される薬ですが、長期的に服用すると色素沈着などの副作用が起こる可能性があります。

・外用薬:ダラシン・アクアチム

ダラシン・アクアチム

これらはニキビの原因菌であるアクネ菌を殺菌する作用があり、ニキビの炎症を抑える効果があります。しかし、あくまでこれらの外用薬は炎症を抑えるだけで、ニキビを根本から治す効果はありません。

抗生物質のニキビへの効果

ニキビの原因となるアクネ菌を死滅させる作用のある抗生物質ですが、全てのニキビに効果があるわけではありません。抗生物質に効果のあるニキビはいわゆる赤ニキビと呼ばれる、アクネ菌が毛穴で繁殖し炎症を起こしている状態のものです。抗生物質によりアクネ菌を死滅させて、ニキビの炎症が進むのを抑えるので早く治すことができます。
赤ニキビの前の段階である白ニキビと黒ニキビは、毛穴に皮脂が詰まっている状態であり、アクネ菌による炎症を起こしているわけではないので、抗生物質は効きません。

抗生物質を使用する際の注意点

ニキビの治療薬として、抗生物質を使用するときに注意したいのが、薬を使用する期間です。ニキビ治療薬に限らずいえることですが、抗生物質を長期間使用し続けると、耐性菌といって、抗菌薬に耐性を持つ菌ができることがあります。耐性菌ができると、使用していた抗生物質が効かなくなります。
また、抗生物質はニキビの原因となるアクネ菌のような悪玉菌だけでなく、肌に良い作用を行う善玉菌をも死滅させます。そのため、抗生物質による治療が長くなると、肌にもともと住んでいる細菌のバランスが崩れるので、肌のバリア機能が低下する原因になることもあります。そのため、炎症を起こした全てのニキビに抗生物質が必ず使用されるというわけではなく、医師によって上記のような理由から抗生物質を積極的に使用しないケースもあります。
もちろんニキビの治療で抗生物質が使用される場合は、上記のことも考慮し医師の診断の下で処方されます。抗生物質の使用は長くても3か月程度とされてり、ニキビの治療薬に抗生物質を処方された場合は、用法・用量を守って使用することが大切です。

抗生物質にはニキビそのものを防ぐ効果はない

ニキビというと、アクネ菌が毛穴で悪さをするためにできるため、抗生物質がニキビの予防に効果があるように思いがちですが、抗生物質そのものはニキビの予防に役立つものではありません。ニキビの予防には、アクネ菌の繁殖を防ぐ肌作りをすることが大切です。
毎日の生活習慣やスキンケアをきちんと行うことで、ニキビのない健やかな肌に近づくことができます。たとえニキビができても、できれば赤ニキビに進行する前の白ニキビ、黒ニキビのうちに対処しましょう。

ご注文はこちら

Copyright © Guthy-Renker Japan Co.,Ltd. All Rights Reserved.