menu phone電話でご注文 ご注文はこちら
 
ビタミン摂取やサプリメントでニキビケアと予防

ビタミン摂取やサプリメントでニキビケアと予防

肌のターンオーバーに欠かせないビタミンA

サプリメント

ニキビの予防と改善に効果のある栄養素の一つがビタミンAです。ビタミンAには傷ついた皮膚を修復する作用があるため、ニキビができてしまった肌をキレイにし、繰り返しニキビができるのを予防してくれます。なぜ肌の修復に効果的なのかと言うと、ターンオーバーに深く関連しているからです。

私たちの肌にある細胞は、およそ28日間の周期で新しいものに置き換わっていきます。これによって皮脂が溜まってしまった肌も自然に剥がれ落ちます。逆にターンオーバーの周期が長くなってしまうと、古い肌細胞がいつまでも表面に残ったままになってしまいます。そうすると、古い細胞は皮脂や汗、汚れなどと混ざって毛穴の中に溜まり、角栓となります。この角栓がニキビの原因となるのです。

ビタミンAを多く含む食品

ビタミンAを多く含む食品にはかぼちゃやほうれん草、にんじん、鶏や豚のレバーなどがあります。このような食品を積極的に摂取することで狂ってしまったターンオーバーの周期を改善することができるので、ニキビで悩んでいる方にはおすすめの食品と言えます。

皮脂を抑えるビタミンB2とアミノ酸を補給するB6

ビタミンBもニキビに良い栄養素の一つです。中でも特に効果的なのはB2とB6です。

ビタミンB2

B2は脂質を効率よく燃焼させる働きがあり、ニキビの原因となる皮脂の分泌を抑えてくれます。このため、過剰な皮脂が原因となることが多い思春期のニキビの予防と改善には、特に効果が期待できます。また、B2は皮膚の細胞や粘膜が作られる時に必要となる物質で、不足すると新しい肌細胞ができなくなるので肌が荒れてしまいます。B2を多く含む食品にはウナギや豚肉、納豆、卵などがあります。

ビタミンB6

B6は肌細胞にアミノ酸を供給する働きがある栄養素です。最近では肌にハリを与える成分としてコラーゲンが注目されていますが、このコラーゲンはアミノ酸から構成されています。アミノ酸があることで肌は潤いを保つことができ、ニキビの大敵である乾燥を防ぐことができます。さらに、B6にはホルモンの分泌を調節する働きもあります。ホルモンバランスの崩れもニキビの原因の一つですから、ニキビを治すためにB6は欠かすことができません。なお、B6を多く含む食品には鶏肉や青魚、ニンニク、そば粉などがあります。

美肌効果のあるビタミンC

美肌効果のあるビタミンと言うと、ビタミンCを思い浮かべる人も多いでしょう。みずみずしい健康な肌を実現するためにはとても重要な栄養です。

皮脂の分泌を抑える

ニキビに良い理由の一つ目が皮脂抑制作用です。過剰に分泌される皮脂がニキビの原因であることはすでに触れましたが、ビタミンCはこの皮脂の分泌を抑えてくれるので、ニキビを予防につながります。さらに、ビタミンCには炎症を抑える効果もありますので、すでにできてしまったニキビが悪化して、炎症をおこすのを防いでくれます。

抗酸化作用

ビタミンCには活性酸素を無害化する抗酸化作用もあります。活性酸素は細胞の老化の原因物質であり、体内に活性酸素が増えてしまうと、肌細胞は活性を失ってしまい、ターンオーバーが正常に行われなくなってしまいます。さらに、健康な肌に欠かすことのできないコラーゲンやセラミドの合成を促進させる働きも持っています。コラーゲンやセラミドは肌の保水機能を高める作用があるので、皮脂が必要以上に分泌されるのを防ぎ、肌にハリを持たせて毛穴を目立たなくするという効果もあります。

ビタミンCを多く含む食品

ビタミンCを豊富に含む食品にはピーマンやブロッコリーなどの緑黄色野菜、アセロラやいちごなどの果物があります。また、効率的な吸収のためにはパントテン酸が必要となるので、パントテン酸も一緒に摂取すると良いでしょう。パントテン酸を豊富に含む食品には鶏肉や納豆、イクラや筋子などがあります。

抗酸化作用と血流促進作用のあるビタミンE

ビタミンEが肌に良い理由は、抗酸化作用と血流促進作用の2つです。
抗酸化作用については、前文に書いた通り、活性酸素の発生を抑えて肌のターンオーバーが乱れることを防ぐ役割があります。

血流促進作用

もう一つの血流促進作用についてですが、肌が規則正しいターンオーバーを行うためには、細胞分裂が行われるのに必要なエネルギーが肌細胞に供給される必要があります。
細胞分裂に必要なエネルギーは血液の流れに乗って細胞に運ばれてくるので、血流が良いことが重要になるわけです。ビタミンEを多く含む食品には植物油やナッツ類、豆腐などがあります。

食事だけでは難しい場合はサプリメントを有効活用

ここまで紹介してき栄養素は食事で摂取することが理想ですが、食事ですべてをバランスよく摂取することはなかなか難しいでしょう。特にビタミンAは普段から十分に野菜を食べていないと十分量を摂取することは難しく、日本人は平均で必要量の7割程度しか摂取できていないのが現実です。だからと言って必要量を摂取しようとすると、今度は摂取カロリーが多くなってしまう可能性があります。過剰なカロリー摂取は皮脂の分泌量を増やしてしまうので、ニキビには良くありません。

サプリメントの活用

このような問題を解決するために。サプリメントを活用するのも有効です。サプリメントならば不足しているビタミンをピンポイントで補給することができますし、必要以上のカロリーを摂取する心配もいりません。しかも、携帯できるので旅行先や出張先にも持って行き、手軽に栄養不足を解消することができます。

関連ページ:肌質別の正しいニキビケアと予防も併せてご覧ください

ご注文はこちら

Copyright © Guthy-Renker Japan Co.,Ltd. All Rights Reserved.