menu phone電話でご注文 ご注文はこちら
 
チョコレートはニキビの原因になる!?

チョコレートはニキビの原因になる!?

チョコレートを食べるとニキビになる噂はウソ

チョコレート

チョコレートを食べるとニキビができやすくなると、誰でも一度は聞いたことがあるのではないでしょうか。甘くて美味しくて大好きなのに、こんな噂があるとつい気になって、せっかくのスイーツも心から楽しめません。

アメリカ食品医薬品局・FDAは、「ニキビと食事を関連づける科学的根拠はない」という見解を示しています。FDAとは、食品や医薬品、化粧品など消費者が接する機会の多い製品の安全性を厳格に審査している政府機関で、日本でもFDAの審査基準を利用することがあるほどです。そんな信頼のおけるFDAが、ニキビと食事の関連づけはないと示しているのであれば、これからは安心してチョコレートを食べられるのではないでしょうか。

他にも、日本チョコレート・ココア協会やペンシルバニア大学などもチョコレートを食べることと、ニキビの悪化は関係がないと発表しています。

本当の原因は食品に含まれる3つの成分

しかし、いくらFDAの保証があると言っても、実際にチョコレートを食べた翌日にニキビができていたという経験をした方もいると思います。そして、科学的根拠のない噂が、これほどまでに浸透してきたのにも理由があるはずです。

みなさん、一度思い出してみてください。ニキビは毛穴が詰まって皮脂が溜まり、アクネ菌が増殖することによって引き起こされます。では、その中でも重要な要素である皮脂の過剰分泌は、どのような時に起こるでしょうか。

脂質、糖質、食品添加物

実は、チョコレートに限らず、糖質や脂質を多く含む食品をたくさん食べると、この皮脂の過剰分泌が起こりやすくなってしまうのです。しかも、糖質はコラーゲンと結びつきやすく、糖分を多く含んだものをたくさん食べ過ぎると、皮膚が硬くなって毛穴が詰まりやすくなってしまいます。
さらには、最近のお菓子には食品添加物が含まれているものが多く、それらは活性酸素によって皮脂を酸化させ、過酸化脂質が炎症を悪化させてしまうこともあるのです。
つまり、ニキビを引き起こすのは、お菓子などに多く含まれる脂質、糖質、食品添加物の3つだと言えるでしょう。

チョコレートを食べたくなるタイミングにも関係が

チョコレートを食べた後にニキビができてしまった原因は他にも考えられます。
あなたが甘いものを食べたいと思うのはどのような時なのか思い返してみてください。きっと、だるさや疲れを感じた時なのではないでしょうか。そして、そのように感じるタイミングというのは、生理前でホルモンバランスが崩れた時や、ストレスが溜まっている時であることが多く、これはニキビができやすい時期と重なります。

つまり、今までチョコレートを食べたからニキビができたという経験がある人は、ちょうどニキビができやすいタイミングに甘いものを食べたくなっていたということです。疲れた時やストレスが溜まると甘いものを食べたくなるものですから、そのために勘違いしてしまうことが多く、これほど噂が広まってしまったのでしょう。

もちろん、先ほど挙げた3つの成分が原因だった可能性もありますが、他のお菓子などでも起こり得ることなので、結論としてはチョコレートを食べてもニキビの原因とはならないと言っても良いのではないでしょうか。

美味しくて健康にも良いチョコレート

結論が出たところで、結局チョコレートを食べて良いのか、悪いのかについて考えてみましょう。

カカオポリフェノール

確かに、チョコレートにはニキビを引き起こす糖質や脂質が多く含まれています。商品によっては食品添加物も見過ごせません。
ですが、チョコレートには健康に良いとされるカカオポリフェノールが含まれていて、古くから王侯貴族の間で不老長寿の秘薬として親しまれてきました。その効能は、動脈硬化やガンの予防、抗ストレス作用や抗酸化作用、治癒力アップに集中力アップなど多岐にわたり、もちろん美容にも良いとされています。

そんな素晴らしい食品を、食べないなんてもったいないとは思いませんか。
近年の健康ブームもあり、チョコレート商品にも様々な種類が出ています。中にはカカオの量が多く糖質や脂質を抑えた商品もたくさんあります。買う時にしっかり成分表示を確認すれば、添加物が入っているものを避けることもできるでしょう。選び方や食べる時間に気をつければ、チョコレートを我慢する必要はないでしょう。

食べ過ぎたと思ったらビタミンを摂ってリセット

もし、美味しくて食べ過ぎてしまった時は、日々の食事に気をつけることでニキビのリスクを抑えることができます。皮脂の分泌は主にビタミンB2やB6によってコントロールされているので、それらが多く含まれている食材を摂るようにしましょう。

ビタミンB2、B6が多い食品

例えば、牛レバー、鶏卵、豚肉、青魚、緑黄色野菜、乳製品などに多く含まれます。これは脂溶性ビタミンなので、過剰摂取のリスクが低い食事での摂取が理想的です。
また、皮脂の酸化を抑えるためにビタミンCの摂取も心がけてください。水溶性ですぐに体外に排出されてしまうので、果物や野菜、サプリメントなどで定期的に摂ると効果的です。

これらのビタミンを意識して摂ることで、ニキビを予防しながらチョコレートの健康効果もしっかり得られるようになります。

ご注文はこちら

Copyright © Guthy-Renker Japan Co.,Ltd. All Rights Reserved.