menu phone電話でご注文 ご注文はこちら
 
コーヒーはニキビの原因になる!?

コーヒーはニキビの原因になる!?

コーヒーの飲み過ぎに気をつけよう

コーヒー

「コーヒーを飲むとニキビになる」という噂は本当なのでしょうか。

間接的なニキビへの影響

ニキビに影響を与えるのはコーヒーを飲むことによる体の冷えや、カフェインによる影響が原因です。また、コーヒーを飲むときは砂糖や脂肪分も一緒に摂ることが多いので、それもニキビに影響を与えやすいと言われています。

まず、カフェインには利尿作用があります。
紅茶でも同じで、コーヒーや紅茶を飲むと、やたらとトイレが近くなることはありませんか。利尿作用により体を冷やしてしまうと、血液循環が悪くなります。血液循環が悪くなると新陳代謝が低下したり、老廃物を溜め込みやすくなったりして腸内環境も悪化します。
それにより肌のターンオーバーが鈍化して、ニキビができやすく、しかも治りにくくなることから、間接的で あれコーヒーがニキビに影響しているという話になるのです。

コーヒーに入っているカフェイン

ニキビにいけないのはコーヒーそのものというよりは、カフェインです。
カフェインは眠気覚ましによく、最近では糖尿病の改善やがん防止に良いという研究結果も出ていますが、ニキビに対してはマイナス要因に働きます。

ビタミンやミネラルの排出につながる

カフェインを摂取すると、ビタミンやミネラルを尿とともに排出する作用が強く働いてしまいます。
特にビタミンBやC、亜鉛など肌を健やかに保つために必要なビタミン類やミネラルが不足する状態になることで、ニキビの悪化やできやすい状況を作り出してしまうのです。

ビタミンBには脂質代謝作用があり、ニキビの原因となる皮脂の過剰分泌をコントロールしてくれる働きがあります。ビタミンCは、肌再生のためのコラーゲン生成を助長する働きがあり、これが不足すると健やかな肌に生まれ変われません。

また、亜鉛は肌細胞の形成に必要なたんぱく質の合成や分解に作用する重要成分であり、亜鉛が不足すると、やはり肌の新陳代謝がスムーズに行われなくなります。

つまり、カフェインの作用でビタミンやミネラルが不足すると、お肌に皮脂が増加してニキビができやすくなり、肌の新陳代謝が乱れてニキビやニキビ跡(痕)の治りが悪くなるという結果が引き起こされるのです。

コーヒーに入っている砂糖

実はニキビの原因となるのは、カフェインだけでなく、一緒に摂取する糖分の影響もあります。
自宅や喫茶店でコーヒーなどを飲む場合に、砂糖をティースプーン1杯程度入れる分には、脳の疲れを取り、心も癒されるのでそこまで気にする必要はありません。

ただ砂糖を大量に入れて1日何杯も飲む、市販のコーヒー飲料など糖分や油脂類がたっぷり入ったものを飲むとなると、ニキビの原因になることが少なくありません。

ビタミンB群の消費

実は、白砂糖を摂取するとビタミンBなどのビタミン類や、クロムやマグネシウムといったミネラルが過剰に消費されてしまいます。特にビタミンB群の消費が著しいのです。

前にも触れたように、ビタミンB群には脂質代謝を高めて過剰な皮脂分泌を防ぐ働きがあり、ターンオーバーを促してくれる働きもあります。もし砂糖の過剰摂取によりビタミンB群が不足すれば、皮脂量が増えてアクネ菌が喜ぶエサが増大し、ニキビになりやすい肌が作られてしまうでしょう。

コーヒーに入っているミルク

コーヒーを飲む際、糖分やミルクたっぷりのカフェラテを好む、コーヒーフレッシュなどのクリームを入れないと飲めない、という方は要注意です。
脂肪分の過剰摂取は皮脂の過剰分泌に繋がり、毛穴に皮脂汚れが詰まってニキビができやすい状態を作り出してしまいます。

もっとも気をつけたいのは、牛乳とは成分が全く異なるコーヒー用の加工ミルクです。
これは植物性の脂肪分などをベースに作られていますが、今話題になっている人体に悪影響を与える物質であるトランス脂肪酸を含め、添加物の宝庫です。トランス脂肪酸をはじめ、人工的に作られた添加物というのは自然界には存在しません。体にとっては異物であり、体内では代謝されにくいため、老廃物や毒素として体内に残ってしまうことがあります。
そうした老廃物が溜まれば新陳代謝も落ち、ニキビができやすい体を作ってしまうでしょう。

コーヒー好きにはソイラテがおすすめ

コーヒーが好きな方にとっては、ニキビができやすいから飲んではいけないとなると辛いですし、ストレスも溜まってしまいます。飲んではいけないと我慢するのではなく、ニキビが気になるなら1日1杯程度にとどめるようにしてみましょう。

ミルクや砂糖をたっぷり入れたものが好きという方は、ちょっと我慢する必要があります。代わりにソイラテにしてみてはいかがでしょうか。ミルクの代わりに豆乳を入れれば、豆乳の甘みがあるので砂糖なしでも十分美味しくなります。

さらに豆乳に含まれる大豆イソフラボンには女性ホルモン類似の働きがあり、ニキビの原因となる男性ホルモンの働きを抑え、ニキビになりにくくする作用が期待できます。ソイラテにすれば、とりあえずプラスマイナスゼロで、ニキビになるという心配も抑えられるでしょう。

ご注文はこちら

Copyright (c) The Proactiv Company KK. All rights reserved.