menu phone電話でご注文 ご注文はこちら
お酒はニキビの原因になる!?
お酒はニキビの原因になる!?

お酒はニキビの原因になる!?

お酒

お酒に含まれるアルコールは適度な量なら、健康に良いとされていますが、肌やニキビにはどのような影響を与えるのでしょうか?実は、お酒の飲み過ぎがニキビの原因になることがあります。

お酒によるニキビの直接的原因は?

お酒がニキビを引き起こす直接の原因には、以下のものがあります。

・糖質やカロリーが高い
お酒に含まれているアルコール分にはカロリーが含まれています。アルコールのカロリーは、体温上昇などで優先的に消費されるものですが、一方でアルコールの作用により体内で脂肪の合成が促進されるため、皮脂の分泌量も増加し、ニキビができやすくなる原因となります。
また、お酒で注意したいのが糖質の量です。ビールやワインはお酒の中でも、糖質を多く含んでいます。糖質を多く含むお酒を飲み過ぎることによっても、余分に取ったエネルギーが脂肪に合成され、皮脂の分泌量が増加します。お酒を飲む時には、焼酎など蒸留酒を選ぶようにすると、糖質の摂取を抑えることができます。

・肝臓の解毒が追い付かなくなる
お酒を飲んだときに、アルコールの分解や代謝を行うのが肝臓です。お酒を飲む量が増えれば、肝臓はそれだけアルコールの処理に追われてしまいます。すると、体内の毒素を分解する働きがある肝臓が、血液中の毒素を上手く排出することができず、肌にニキビとして現われやすくなるのです。

・ビタミンB群が消費される
アルコールの代謝にともなって消費されやすいのが、ビタミンB群です。ビタミンB群の中のビタミンB2やビタミンB6は、皮脂を分解したり、肌の元となるたんぱく質を合成したりする作用があります。お酒を飲み過ぎると、ビタミンB群が消費されて体内で不足してしまいます。すると、たんぱく質が不足して肌のターンオーバーが正常に行われなくなったり、皮脂が分解されずにそのまま残ってしまうことによって、ニキビができやすい状態になるのです。

・肌が乾燥しやすくなる
意外と盲点なのがお酒による脱水症状です。お酒は水分なので、脱水状態になると考える方は少ないかもしれません。しかしお酒、特にビールには利尿作用があるため、尿の回数が増えます。自分ではお酒で水分を摂っているつもりが、排尿によってますます体は脱水傾向になり、肌の水分まで失われることになるのです。そして、水分が失われ乾燥した肌を守ろうと、毛穴の皮脂腺はより多くの皮脂を分泌し、ニキビができやすい状態になるというわけです。

・炎症しているニキビの症状が増すことも
お酒に含まれているアルコールには血管を広げて、血行を良くする働きがあります。血行が良くなるのは健康にとって良いことですが、赤ニキビなど炎症型のニキビがある場合は、赤みやかゆみなどの症状が悪化することがあります。さらに血管が広がって赤ら顔になることで、普段目立たないニキビも目立つようになります。

・眠りが浅くなる
アルコールは、眠りを浅くする作用があります。肌のターンオーバーは、深い眠りの中でこそ行われるもの。眠りが浅くなることで、正常な肌のターンオーバーが行われずに、ニキビができやすくなったり、すでにできているニキビが治りにくくなったりすることがあります。
また、質の良い睡眠が取れないと体はストレスを感じます。ストレスを感じると、皮脂の分泌を高める男性ホルモンが増えるため、ニキビができやすい肌になってしまいます。浅い眠りの日々が続かないようにするためにも、連日お酒を飲むのは控えるようにしたいものです。

お酒によるニキビの間接的原因は?

お酒を飲む時にはおつまみがつきもの。お酒のおつまみは脂質の多いものを選びがちです。そういったおつまみを食べながらお酒を飲むことで、さらに血液中の脂質を増やしてしまうことになります。
また、お酒に酔ってしまっているがゆえに帰宅後にそのまま寝てしまうことも多いでしょう。1日の汚れをそのまま放置して眠ってしまうことで、本来眠っている間に正常に行われるはずの肌のターンオーバーが妨げられます。
こういったお酒を飲むときにつきものの間接的な要因が、ニキビができやすい状態をもたらすのです。

お酒を飲むときに気をつけたいこと

お酒も適量なら健康に良いとされています。お酒の飲み過ぎは肌やニキビへの影響があるものの、お酒を飲む人にとっては、ニキビ対策のために完全にお酒を断つことは難しいことです。また、みんなでお酒を飲むことは精神的ストレスの解消にも役立ちます。お酒を飲む時には、「飲み過ぎない」「食べるものに気をつける」「寝る前にはきちんとスキンケアしてから寝る」といったことに気をつけながら楽しむようにしましょう。

ご注文はこちら

Copyright (c) The Proactiv Company KK. All rights reserved.