menu phone電話でご注文 ご注文はこちら
陰部にできるニキビの原因とケア
陰部にできるニキビの原因とケア

陰部にできるニキビの原因とケア

デリケートゾーン

顔や背中にニキビができるのと同様、デリケートゾーンと呼ばれる陰部にもニキビができることがあります。特に女性にとってデリケートゾーンにできたニキビは恥ずかしいと感じるかもしれませんが、陰部にニキビなどのできものができることはそれほど珍しいことではありません。

陰部にニキビなどのできものができる原因

陰部は日常的に下着で覆われており常に湿度が高く、雑菌が繁殖しやすい状態です。特に女性の場合、下着や生理用ナプキンによる蒸れや刺激などのほか、経血、尿や垢などで汚れやすくなります。またホルモンバランスの崩れ、ストレス、食生活の乱れも顔のニキビと同様、デリケートゾーンにできるニキビの原因になります。さらに陰部の皮膚は薄いため、カミソリなどによる刺激も要注意です。

陰部にできるニキビに似た症状

他にも陰部には、ニキビに似たようなできものができることがあります。それらの症状は、見た目ではニキビによく似ているため見分けが難しいものもあります。中にはセルフケアでは治らない症状もあるので注意が必要です。

・毛嚢炎(毛包炎)
ニキビと一見似ているもので「毛嚢炎(もうのうえん)」または「毛包炎(もうほうえん)」と呼ばれる症状があります。これは毛穴に黄色ブドウ球菌が侵入して炎症を起こした感染症です。表面が白くなり、白ニキビと似ていますが、膿が溜まる、赤みが増すなどの症状が出てきます。
・化膿性汗腺炎
アポクリン汗腺と呼ばれる汗腺から細菌が入り込んで起きる化膿性の皮膚炎です。アポクリン汗腺付近で摩擦や刺激を受けると毛穴が詰まり、そこから黄色ブドウ球菌や表皮ブドウ球菌が入り込んで膿が溜まります。ひどい場合や慢性的な場合は手術が必要になることもあります。
・性器ヘルペス
口唇だけでなく、陰部や性器にヘルペスができる場合があります。単純ヘルペスウイルスによる感染症で、水泡が破れるとただれて強い痛みと共に発熱や排尿困難などの症状が表れます。
・尖圭(けんけい)コンジローマ
HPV(ヒトパピローマウイルス)というウイルスによるものです。痛みや痒みといった自覚症状はほとんど感じられませんが、性器のまわりに小さなイボができるため、ニキビのように見えることがあります。

上記に挙げた症状の中でも、「毛嚢炎」と「化膿性汗腺炎」はセルフケアで改善させることは可能ですが、「ヘルペス」や「コンジローマ」については、自力で治せるものではないので医療機関にて受診することが望ましいです。

陰部にできるニキビなどの皮膚トラブルにはこまめなケアが肝心

ずっと座りっぱなしや立ちっぱなしで仕事をしている方や、机に向かって勉強を頑張る学生さん、冷え症で血液の巡りが悪い方などは、おしりがうっ血して血の巡りが悪くなり、ニキビができやすく、治りにくくなります。

・洗い方を見直す
蒸れやすく不潔になりがちな陰部は、とにかく清潔に保つことが大切ですが、その洗い方にも注意が必要です。洗うときは最初にお湯で汚れを軽く洗い流します。それからしっかりと石鹸を泡立て、指先でなでるようにやさしく洗いましょう。陰部はデリケートゾーンと呼ばれる通り、皮膚が薄いので少しの刺激で傷がついてしまい、菌が繁殖しやすい場所でもあるので、やさしく洗うことを心がけてください。
最後にお湯で残りの泡が完全にとれるまでしっかりと洗い流しましょう。泡のぬめりが残ったままだと、ニキビだけでなくかゆみや炎症などの皮膚トラブルを引き起こしてしまうこともあります。
・下着選びも大切
下着選びもニキビを防ぐ大切なポイントです。まずは通気性のよい素材のものを選びましょう。蒸れないためにもコットンやシルク素材の下着がおすすめです。
あとは締め付けないことも大切です。ゴムやきついジーンズなどで締め付けることにより血流が悪くなり、湿気もこもりやすくなるのでニキビなどのできものができやすくなります。
また、ストッキングも蒸れの原因になるため、通気性のよいものを選ぶ、パンツスタイルのときなどはショートストッキングを履くようにするなど、少しの心がけで変わってきます。
・ムダ毛処理のときも要注意
特にデリケートゾーンのムダ毛処理にカミソリを使う場合は、シェービングクリームなどで肌を保護してやさしく処理することと、カミソリは清潔なものを使うことを意識しましょう。ムダ毛処理のときにカミソリで傷つけたり、不衛生で菌が繁殖したカミソリを使うことで、毛穴に菌が入り込んでニキビができてしまうだけでなく、毛穴の中から炎症を起こして毛嚢炎などの皮膚トラブルを引き起こすことも少なくありません。

またムダ毛処理するときは、毛の流れに逆らって剃ったり、同じ箇所に何度もカミソリをあてるのは控え、処理後に保湿をして肌を保護するようにアフターケアを徹底しましょう。
ご注文はこちら

Copyright © Guthy-Renker Japan Co.,Ltd. All Rights Reserved.