menu phone電話でご注文 ご注文はこちら
 
化粧水でニキビケア(予防対策)

化粧水でニキビケア(予防対策)

化粧水の役割について

化粧水の役割について

ニキビケアにおいて、化粧水で肌の状態を整えてあげることはとても重要なことです。
ニキビケアでは必要以上に分泌された皮脂をきれいに洗い流すことが大切ですが、その意識が強すぎることで必要な皮脂まで落としてしまいがちです。必要以上の皮脂を落としてしまうと、肌は乾燥してしまい、ニキビを悪化させます。
このようなことを避けるために、化粧水で肌に十分な水分を与えることが重要になるのです。

化粧水を知る

ここで注意が必要なのは、化粧水というのはあくまでも水分を肌に与えることが役割なので、保湿には力不足だということです。最近は保湿成分を配合した商品も増えてきていますが、ほとんどが水でできているので、時間が経てば蒸発してしまいます。保湿は化粧水を使った後の乳液やクリームの役割となります。
ですから、化粧水で補った肌の水分がすぐに失われることを避けるために、必ず乳液やクリームで保水を行うようにしましょう。

化粧水を使うタイミング

肌に水分を与えることはニキビケアではとても大切なことです。
特に大人ニキビは肌の乾燥が原因となることが多いので、肌の水分量には注意が必要です。ただし、化粧水の効果の程は使い方が正しいかどうかによって大きく変わってきます。できるだけ早く、そして確実にニキビを治すためにも、正しい使い方を覚えるようにしましょう。

使用するタイミングですが、これは洗顔した直後が最も効果的です。
洗顔料を使って洗顔をすると皮脂が洗い落とされ、皮膚は乾燥しますが、時間が経つにつれて徐々に皮脂の量が増えてきます。皮脂は皮膚を守るバリア成分なので、皮脂が増えてからでは水分は肌の中に浸透しにくくなってしまうのです。

化粧水をつけるときの注意点

化粧水の使用量は商品によって異なりますが、大切なことは記載されている用量を守るということです。
中にはたくさんつければそれだけ水分が吸収されて肌に良いのではないか、と考えている人もいますが、一定以上の量を使っても肌に吸収される量は変わりません。使いすぎてしまうと肌に負担になることもありますし、すぐに商品を使い切ってしまうのでお財布の負担も大きくなってしまいます。

コットンを使って清潔さをキープ

化粧水を使うときは手を使うかコットンを使うか別れるところですが、基本的にはコットンを使うのがおすすめです。
その理由は、きれいに洗っていても手には雑菌が残っていることがあり、清潔さが求められるニキビケアには不向きだからです。
コットンに適量を含ませたら、顔の中心から外へ優しく拭いていきましょう。強くこするとニキビを刺激してしまうので、症状が悪化してしまうことがあります。
また、混合肌の方で肌の場所によって乾燥の度合いが異なる場合には、乾燥の強い場所だけ何度か重ね付けすると効果的です。

ニキビができにくくなるノンコメドジェニックがおすすめ

ニキビに悩む方が化粧水選びの際に注目したいのが、ノンコメドジェニックかどうかという点です。

ノンコメドジェニックとは?

ノンコメドジェニックのコメドにはニキビや角栓という意味があります。つまりノンコメドジェニックとは、ニキビによくない成分を極力少なくしたものになります。
化粧水の中には様々な成分があり、その中にはニキビを悪化させてしまう可能性のある成分もいくつかあります。ノンコメドジェニックはそのような成分が使われていない、ニキビ肌の方にとって安心して利用することができる化粧水ということになります。

ただし、ノンコメドジェニック商品のすべてがニキビに全く影響を与えないというわけではありません。同じノンコメドジェニック商品でも肌の状態によって、合う合わないがあるので、肌の状態に合わせた商品選びが重要になります。

ニキビケア向けの化粧水に含まれる有効成分

ニキビケア向けの化粧水には、ニキビに有効な成分が含まれています。商品によって配合されている成分が異なるので、ニキビケア化粧水によく使われる成分を紹介します。

グリチルリチン酸

代表的なニキビケア化粧水のほとんどにこの成分が含まれています。グリチルリチン酸には抗炎症作用があり、赤ニキビの炎症を抑える効果があります。1日あたり40mgを超える摂取量で副作用を起こす可能性があると言われていますが、化粧水のように肌につける分にはそれほど心配はありません。

サリチル酸

主にニキビケア用の洗顔料に使われていることの方が多いですが、化粧水に使われている場合もあります。ニキビの原因となるアクネ菌を殺菌し、角質を軟化させる効果があり、ふきとり用化粧水として使われていることが多いです。

アラントイン

ニキビが炎症を起こして、皮下組織が損傷してしまった場合に回復効果を発揮します。よって、初期段階の白ニキビ、黒ニキビのような単なる皮脂詰まりの症状よりも、赤ニキビのような炎症に効果が期待できます。

関連ページ:肌質別の正しいニキビケアと予防も併せてご覧ください

ご注文はこちら

Copyright (c) The Proactiv Company KK. All rights reserved.