menu phone電話でご注文 ご注文はこちら
 
乳液による保湿でニキビケアと予防

乳液による保湿でニキビケアと予防

潤い不足、保湿不足がニキビの原因になることも

乳液

ニキビに悩む方がオイルや乳液と聞くと、拒否反応を示してしまうのではないでしょうか。
ニキビの原因は脂ぎったオイリー肌や毛穴に皮脂が詰まることなのに、肌にオイルやべっとりとした乳液をつけるなんて自殺行為だと思う方もいるかもしれません。ですが、そこには大きな誤解があります。

悪循環になってしまうケア方法

ニキビで悩む方のスキンケアと言えば、「皮脂汚れは大敵、清潔が一番」と洗顔を一日に何度も行って、さっぱりとした薬用ローションなどをつけて終わり、というケースが少なくありません。その方法で本当にニキビが改善されているでしょうか。これまでよりいっそう肌が脂ぎっていませんか。

自分の肌質の問題だから、もっともっと洗う必要があるとか、もっと脂分を抑える必要があるとローションやクリームの使用を控えたり、脂っぽい食事を避けたりしがちです。しかし、それで改善することは難しいかもしれません。
肌は適度に皮脂を分泌することで、潤いを保って健やかな状態に保つ機能を持っています。皮脂というのは天然のローションであり、正常に機能していれば脂ぎることも、乾燥し過ぎることもないのです。

しかし、洗顔のし過ぎで潤い機能を果たす皮脂まで取られ、肌は潤いを取り戻すために必死で皮脂を分泌します。そのため、いくら洗っても顔が脂ぎってしまい、いつまで経ってもニキビが治らないという悪循環に陥ってしまうのです。
正しいニキビケアにおいて、洗い過ぎは禁物で、毛穴の奥の汚れを落とした後はしっかり保湿してあげることが欠かせません。

保湿の定番アイテム、乳液とクリームの必要性

保湿の定番アイテムといえば乳液とクリームがありますが、乳液やクリームを使わずに化粧水だけで済ます人もいることでしょう。しかし化粧水だけで済ますと、すぐに水分が蒸発してしまうため、肌が潤い不足を感じ、皮脂分泌量を増やしてしまいます。乳液、またはクリームをプラスすることで、肌にうっすらとベールがかかり、水分の蒸発を防いで潤いを閉じ込める効果が期待できます。

乳液とクリームの違い

乳液とクリームの違いは、水分と油分のバランスの違いにあります。乳液の方は水分が多め、クリームの方は油分が多めになっています。

乳液とクリームを両方使わなければならないかというと、そうではありません。ベタつきが苦手な方は、さっぱり使える乳液を使い、冬場の保湿、日中の肌ダメージを修復するための夜のスキンケアにクリームを使う、といった使い分けもできます。基本的には自分の好みで選んで問題ありません。

乳液について

1. 乳液を選ぶポイント

ニキビ肌に乳液を使うなら、セラミドなどの保湿成分が配合されたものをおすすめします。セラミドは肌の保湿とともにバリア機能の役割を果たすため、結果としてニキビの元になるアクネ菌が毛穴に侵入することを防ぐ効果もあります。

2. 乳液をつけるタイミング

乳液を使用する順番は一般的に、化粧水→乳液の順です。
洗顔後、化粧水でしっかり保湿したお肌の潤いを補う目的で、むらなく薄目に乳液を塗るようにしましょう。

しかし例外もあり、メーカーによっては化粧水の前に乳液をつけるものもあります。この場合、乳液によって肌をしっとりやわらかくすることで、化粧水の成分を浸透しやすくしているようです。

3. 乳液のつけ方

乳液のつけ方について、手でつけるべきか、コットンを使うべきか迷う方もいるのではないでしょうか。手でつけるメリットとしては、刺激が少ないこと、手の体温によって乳液が温まり肌へのなじみが良くなることが挙げられます。コットンを使うメリットは、肌全体にムラなくなじませることができるということが言えるでしょう。

それぞれ気をつけるべき点としては、手でつける場合、雑菌がつかないように容器の口を触らないようにすること、コットンの場合は、こすらず、肌に刺激を与えないように気をつけることです。
上記で挙げた点に気をつければ、どちらでも問題はありません。自分が心地良いと思える方法で乳液を使いましょう。

クリームについて

1. クリームを選ぶポイント

乳液同様、セラミドなどの保湿成分を含むものが良いでしょう。またクリームの中でも、油分が多めでコクのあるものや、ジェルのような軽い感触のものがあるので好みで選びましょう。なお、油分はニキビに良くないものと考えがちですが、アクネ菌は空気に触れるところで繁殖するわけではないので、外から補う油分については心配ありません。

2. クリームをつけるタイミング

乳液同様、化粧水がなじんだ後につけます。乳液と併用する場合は、乳液の後につけますが、前にも書いたように、乳液とクリームは併用しなくても大丈夫です。

3. クリームのつけ方

おでこ(額)、頬、顎(あご)それぞれに少量ずつのせ、全体にのばします。その際、こすらずに軽くたたくように伸ばしていきましょう。伸ばし終えたら、手のひら全体で顔を包みこみハンドプレスします。手のひらの体温でクリームの成分を浸透させるためです。

なお、余計な油分が浮いていると感じたら、ティッシュで刺激を与えないよう軽くおさえるようにしましょう。

関連ページ:肌質別の正しいニキビケアと予防も併せてご覧ください

ご注文はこちら

Copyright (c) The Proactiv Company KK. All rights reserved.