menu phone電話でご注文 ご注文はこちら
ファンデーション、コンシーラー、ベビーパウダーでニキビケア
ファンデーション、コンシーラー、ベビーパウダーでニキビケア

ファンデーション、コンシーラー、ベビーパウダーでニキビケア

ニキビやニキビ跡(痕)をメイクで隠すってあり?

ファンデーション

真っ赤に腫れあがったニキビやひどいニキビ跡(痕)は、大きなコンプレックスになってしまいます。ニキビが気になるために人前に出たくないとか、人前に出る仕事ができないという女性もいるほどです。

そんなとき、女性ならメイクでニキビを隠すという手段があります。ニキビに悩む男性から女性はファンデーションで隠せるから羨ましいという、言葉も聞こえてくるほどです。ニキビの状態や色合いなどにもよりますが、メイクをするとかなりニキビを目立たなくすることができます。軽いニキビやうっすらとしたニキビ跡(痕)なら、ほぼ見えなくなるほどです。

ただし、気をつけなければならないことがあります。メイクによるニキビ隠しはその場しのぎや、簡単に隠せる手段としては優れていますが、使用するアイテムや使い方を間違えると、いっそうニキビを悪化させてしまう原因になるのです。

ニキビを隠すメイクで気をつけたいこと

毛穴に皮脂や汚れが詰まるとニキビの原因になります。
また、毛穴を塞いでしまうようなメイクをすれば、内部が蒸れてアクネ菌が活発に活動を始めてしまいます。

アクネ菌というのは蒸し熱い場所が大好きで、皮脂や老廃物をエサとして喜んで動き出してしまうからです。そのため、毛穴を塞ぎ、皮膚が呼吸しにくくなるようなメイクはニキビを悪化させる原因となってしまうのです。だからといって、メイクがNGなわけではありません。

毛穴に汚れを詰まらせない

たとえば、ファンデーションでも様々なタイプが市販されています。その中から毛穴を塞がない軽いタイプのものを選び、厚塗りし過ぎないように心がければ良いのです。
ニキビを隠そうと何度も塗り重ねたりすると、毛穴を塞いだり、メイク汚れが毛穴に詰まりやすくなり、アクネ菌のエサとなってしまうので気をつけてください。

ファンデーションの選び方

ニキビがあってもメイクをして構いません。ただし、それには気をつけなければいけないことがあります。
ニキビを悪化させないよう肌に負担が少ないファンデーションを選択しなければなりません。できるだけ油性成分を含まないオイルフリーのものがおすすめです。

パウダリーファンデーション

リキッドファンデーションやクリームタイプより、パウダリーファンデーションの方が油分が少なく、毛穴への詰まりが抑えられ、テクスチャーが軽いので皮膚呼吸もしやすいです。

最近は汗や皮脂に強いウォータープルーフタイプや、紫外線防止の成分が含まれたファンデーションも流行っています。ですが、ウォータープルーフタイプは毛穴を塞いでしまい肌に負担がかかるので、ニキビがある方や敏感肌の方は使用しない方が良いでしょう。

UVカットファンデーション

一方、紫外線というのはニキビを悪化させる原因となるので、ニキビのある方は紫外線を避けたいものです。
しかし、紫外線防止成分が強いUVカットのファンデーションは皮膚に馴染みやすくカバー力が強いため、毛穴を塞いでしまうのでニキビ肌の方にはおすすめできません。

日焼け止めクリームや日焼け止め成分が入った化粧下地も同様に毛穴を塞いでしまうため、やはり使うのは控えましょう。

紫外線を防ぐ工夫

実はパウダータイプのファンデーションは、クリームやリキッドタイプのファンデーションよりムラなくつくので、UVカット成分が入っていなくても紫外線防止にはもってこいなのです。そのうえで日傘や帽子などを利用して、紫外線を防ぐ工夫をしましょう。

また、敏感肌用の化粧品を取り扱っているお店などでは、毛穴を詰まらせないニキビ肌用のノンコメドジェニックの表示のあるファンデーションが販売されていることがあるので、相談してみると良いかもしれません。

コンシーラーの選び方

コンシーラーは部分的にニキビやニキビ跡(痕)の赤みをカバーするのに便利なアイテムです。ニキビ隠しに使う場合は、コンシーラーも刺激が少なく洗顔料で簡単に落とせるような軽いタイプのものを選びましょう。

また、コンシーラーの色ですが、イエローのコントロールカラーを使用すると赤みが目立ちにくくなり、上手にカバーすることができます。ファンデーションにしてもコンシーラーにしても、ニキビを悪化させないタイプを選ぶことが大切になります。

ベビーパウダーはお肌に優しい

ファンデーションをつけるのも難しいほど、腫れがあったりや膿が出ていたりするなど、ニキビが悪化している状態のときは、あまり肌に負担をかけないベビーパウダーを用いるのもおすすめです。
ベビーパウダーはデリケートな赤ちゃんの肌にも使える肌に優しいパウダーです。

エステでもニキビが気になる方の施術をした場合には、メイクで仕上げず、ベビーパウダーを軽くはたくだけで紫外線予防やお肌の保護をしていることがあります。うっすらとではありますがニキビを隠すこともできますので、上手に活用しましょう。

関連ページ:肌質別の正しいニキビケアと予防も併せてご覧ください

ご注文はこちら

Copyright © Guthy-Renker Japan Co.,Ltd. All Rights Reserved.