menu phone電話でご注文 ご注文はこちら
 
ニキビ跡の色素沈着ケア方法

ニキビ跡の色素沈着ケア方法

ニキビによる色素沈着とは?

ニキビによる色素沈着

ニキビができて、そのまま放置したり、改善できずに悪化していったりするとニキビ跡(痕)が残ってしまうことがあります。
このニキビ跡(痕)の1つに色素沈着という現象があります。過去に炎症を起こしたニキビが赤みや腫れが引いた後も、シミのように赤茶色や薄茶色になって残ってしまうのです。

このニキビ跡(痕)の色素沈着は夏の暑さやお風呂に入って顔がほてったり、アルコールを摂取して体が熱を帯びたとき、逆に冷たい風にあたったり、冷たいプールや海に入ったるすると、いっそう色味が目立ってしまうことがあります。そのため、人前でお酒を飲むのを避けたり、夏場や寒い季節に外に出るのが苦手とコンプレックスを抱いてしまったりする人が少なくありません。

改善の決め手はターンオーバー

色素沈着とは、お肌のシミの元となる皮膚細胞にあるメラノサイトがニキビの炎症によって刺激されることで起こります。ニキビの炎症に伴う赤みが消えた後で、茶色っぽく色素が沈着してしまうニキビ跡(痕)の1つで、色素沈着はシミの一種でもあります。

この色素沈着は年齢を重ねるにつれ、目立たなくなることもあります。これはお肌のターンオーバーが繰り返されて、古い皮膚細胞が死滅して新しい細胞へと生まれ変わるからです。すぐにすべてが生まれ変われるわけではなく、色素沈着が次第に薄くなってほぼ目立たなくなるには何十年もの歳月が必要になることが少なくありません。さらに個人差がありますし、生活習慣や間違ったスキンケアによってはターンオーバーが正常に行われず、いつまでも色素沈着が残り続けてしまうこともあります。

お肌のピーリングにチャレンジ

美容クリニックなどでのニキビケアの一つに、ケミカルピーリングがあります。
フルーツ酸などの弱い酸を肌に塗布することで、肌の古くなった角質を除去してターンオーバーを促すと同時に、毛穴に蓄積されたアクネ菌を排除することができます。これにより現在もあるニキビを改善しながら、色素沈着も薄くなりやすくします。

自宅でもできるピーリング

実はこのピーリング、自宅でも可能です。
様々なピーリングアイテムが市販されていて、石鹸タイプや洗い流すローションタイプ、パックなどがあります。ニキビケアの場合は、できるだけ低刺激で肌にダメージを与えないものを選ぶのがポイントです。ピーリング成分としては、フルーツ酸のほか、グリコール酸、乳酸、サリチル酸などが配合されたものを選びましょう。

ピーリングは肌質の改善やエイジングケアに効果的で、あらゆる肌トラブルに効果的です。色素沈着が改善するだけでなく、毛穴に詰まった角栓を取り除いて毛穴を引き締め、ターンオーバーを促進して、みずみずしいお肌へと導くことが期待できるのです。

スペシャルアイテムによるケア

ピーリングに加えて色素沈着に効果があると言われてるいのが、ビタミンC美容液や誘導体ローションです。コラーゲンの生成促進やメラニン合成の阻害作用が有り、ニキビ跡(痕)の色素沈着や赤みなどを改善してくれます。

ご注文はこちら

Copyright (c) The Proactiv Company KK. All rights reserved.