menu phone電話でご注文 ご注文はこちら
 
ニキビ跡のクレーターケア方法

ニキビ跡のクレーターケア方法

ニキビ跡がクレーター状になってしまう原因

クレーター

ニキビは、症状が軽いうちは正しい洗顔を行うなどのセルフケアでも十分に改善が見込まれます。ただ、放置しておくと炎症が肌の表面だけでなく真皮層とよばれる肌内部までおよんでしまうことがあります。

真皮層が炎症を起こして傷ついてしまうと、人の脳はコラーゲンをつくる量を増やして患部の穴埋めをしようとします。しかし、この時つくられるコラーゲンは通常のコラーゲンと異なるため、周辺の肌細胞とは異質なものとなります。その結果、患部が周辺よりも凹んだ状態になり、クレーター状になってしまうのです。

また、クレーター状になった部分には多くの場合色素沈着が見られます。炎症を起こした部位には、大量に繁殖したアクネ菌を殺すために活性酸素が送り込まれます。この活性酸素の影響でメラニン色素をつくるメラノサイトの働きが活発になり、シミのような色素沈着が起こってしまうのです。

セルフケアでニキビ跡(痕)を治す

ニキビ跡(痕)のクレーターはニキビの症状の中でもかなり悪化してしまったものなので、セルフケアだけでは完全に治らないことも多くあります。
しかし、ある程度長い期間に渡ってしっかりとケアを行うことで、気にならない程度まで症状を改善することができる可能性もあります。

正常なターンオーバー

セルフケアでクレーター状のニキビ跡(痕)を改善する場合、肌のターンオーバーを正常な状態に戻すことが重要になります。
健康な肌の細胞はおよそ28日周期で新しい細胞に置き換えられ、古い細胞は自然に剥がれ落ちるようになっています。ニキビ跡(痕)が残ってしまった患部の表面の肌細胞も、剥がれ落ちて新しい細胞に置き換えられていきます。

ただし、ターンオーバーするのは肌の表面の細胞だけであり、真皮層はターンオーバーしません。クレーター状のニキビ跡(痕)がある場合には、真皮層までダメージがおよんでしまっています。ターンオーバーだけで完全に肌を元通りにすることはできませんが、それでも凹みを薄くすることはできる可能性があります。

生活習慣の改善

肌のターンオーバーを正常な状態に戻すには保水などの肌ケアも大切ですが、それ以上に生活習慣の改善が効果的です。

たとえば睡眠についてですが、肌のターンオーバーに重要な役割を果たす成長ホルモンは、深い眠りに落ちるノンレム睡眠時に多く分泌されることが分かっています。普段から寝不足や夜更しをしている人は質の良い睡眠をとることを心がけましょう。

また、食事ではビタミンAを摂取することで肌のターンオーバーを促進することができます。ビタミンAの多く含まれる食品を積極的に食べるようにしたり、サプリメントで補給したりなど試してみるのも良いでしょう。

ケミカルピーリングによる治療

肌の凹凸を解消するための方法としてケミカルピーリングがあります。
ケミカルピーリングは医療機関やエステサロンなどで行われている施術で、皮膚の表面にフルーツ酸やグリコール酸、サリチル酸といったピーリング剤を塗り、肌の表面を薄く剥がすことによって凸凹を解消するものです。

ニキビの患部の毛穴は角質によって塞がれた状態となっているので、ケミカルピーリングを行うことで毛穴の詰まりを取り除いて症状を改善します。

また、傷んだ肌の表面を取り除くことで沈着した色素を目立たなくすることもできます。
このように、ケミカルピーリングによってクレーター状のニキビ跡(痕)はある程度の改善が期待できますが、あくまでも肌の表面に対する施術であるため、傷ついた真皮層の改善までは期待できません。

ご注文はこちら

Copyright © Guthy-Renker Japan Co.,Ltd. All Rights Reserved.