menu phone電話でご注文 ご注文はこちら
 
季節別ニキビができる原因とニキビケア

季節別ニキビができる原因とニキビケア

四季がはっきりしている日本の気候は、季節の変化を楽しめる反面、ニキビによくない影響を与えてしまうことがあります。気温や湿度の変化だけでなく、紫外線や花粉症などのアレルギー、ストレスなどがからむことで、ニキビができる原因も季節によって違いがあります。そのため、いつもと同じニキビケアではなかなかニキビが治らないことも。

春にできるニキビの原因と対策

春は花粉や新生活のストレスなどにより、ニキビが悪化しやすい季節。これらの原因を軸に春のニキビ予防を考えてみましょう。

夏にできるニキビの原因と対策

紫外線の強い夏は肌のバリア機能が衰えがち。紫外線によるダメージの他、エアコンによる乾燥もニキビの悪化を招きます。

秋にできるニキビの原因と対策

秋は1年のうちで最もニキビの原因となる要素が少ない季節ですが、バリア機能の衰えからニキビができやすくなることも。

冬にできるニキビの原因と対策

冬の主なニキビの原因は乾燥と冷え。ニキビの悪化を防ぐために、徹底した保湿と全身の血行促進を心がけましょう。

春にできやすいニキビの特徴

春は就職や転勤、入学、出会いや別れなど新しい環境への不安や緊張でストレスを溜めやすい時期です。また生活リズムが変化することで心も体も調子が狂いやすく、自律神経が乱れ、ストレスによるニキビに悩まされることがあります。

もうひとつ気になるのが、春に増えるアレルギー(花粉症、黄砂、ハウスダストなど)。アレルギーは、肌を敏感にさせるだけでなくバリア機能を衰えさせ、ニキビの炎症を招いてしまいます。アレルギーがあることでストレスを感じ、ますますニキビが治らなくなってしまうことも。アレルギー対策に加え、心と体をリラックスさせてストレスを減らすことを心がけましょう。

春にできるニキビの原因と対策 詳細はこちら >>

夏にできやすいニキビの特徴

紫外線が降り注ぐ夏は、日焼けによるシミ、そばかすが気になる季節ですね。紫外線を浴びると、肌のバリア機能が衰え、肌は乾燥し干からびた状態に。肌を守るために角質層が硬くなってしまいます。これにより毛穴が詰まりやすくなるため、ニキビの原因になります。また、紫外線はニキビ跡のメラニン色素を刺激して、ニキビ跡が残ったり、最悪シミになってしまうこともあります。

夏は湿度が高く肌が潤いそうなイメージですが、紫外線により肌の水分が奪われるだけでなく、エアコンによる室内の湿度の低下から気づかないうちに肌の乾燥が進行しやすいので注意したいですね。また夏は汗をかきやすいため、シャワーを何度も浴びる、洗顔料で顔をゴシゴシ洗うなど、洗いすぎも肌の乾燥を招き、乾燥によるニキビができやすくなります。

夏は紫外線対策をしっかり行うことと、保湿を忘れないようにしましょう。うっかり日焼けがニキビ跡を悪化させたり、ニキビを増やしたりしてしまうので気をつけましょう。

夏にできるニキビの原因と対策 詳細はこちら >>

秋にできやすいニキビの特徴

秋は夏の紫外線、冬の乾燥のようなニキビの原因となるものが特にない季節ですが、肌に夏の疲れが溜まっている時期です。紫外線で疲れた肌はシミをつくりやすく、夏に引き続きしっかりニキビ跡のケアが必要です。紫外線も夏ほどではないものの、まだまだ強い時期なので、油断できません。また、夏は外では紫外線、室内ではエアコンによる乾燥で汗をかいたり渇いたりを繰り返しています。秋は肌が疲れきっており、バリア機能が衰えてニキビができる原因に。

この他にも、秋も春同様に花粉症などのアレルギーで悩む人は少なくなく、アレルギーの刺激でニキビが発生してしまうことがあります。アレルギーがある場合は、発症する前に症状がひどくならないような対策が必要でしょう。

秋にできるニキビの原因と対策 詳細はこちら >>

冬にできやすいニキビの特徴

湿度がぐっと下がり、肌の乾燥が気になるのが冬です。冬は乾燥が原因のニキビができやすい時期です。冬のニキビ対策は保湿を第一に考え、ニキビに負けない肌をつくることが大切です。

冬は冷えなどから血行が悪くなるため、栄養素が肌に行き渡らずニキビが改善されない傾向もあります。冬のニキビ対策としては、体を冷やさないことと血行を促進する工夫をしましょう。

冬にできるニキビの原因と対策 詳細はこちら >>

季節の変わり目は肌が敏感になる

冬から春、秋から冬など、季節と季節の変わり目は寒暖の差が激しく、急に寒くなったり温かくなったりします。こうした季節の変わり目は体調を崩しやすく、自律神経が乱れやすいため肌が敏感になっています。季節の変わり目にニキビができる人も多く、いつもの化粧品が急に合わなくなることもあります。

季節の変わり目は、体がストレスを感じている状態。いつもより無理をせず、休養と睡眠をたっぷり取ると良いです。また洗顔はいつも以上にやさしく行い、肌やニキビに負担をかけないように気をつけましょう。

どの季節にも共通なのは「保湿」をしっかり行うこと

乾燥しやすい冬はもちろん、湿度の高い夏も保湿が大切です。夏の紫外線、春の花粉症をはじめとしたアレルギーも、肌のバリア機能を低下させてニキビができる原因になります。

バリア機能が低下した肌からは水分がどんどん蒸発します。水分を失った肌は、肌がスカスカ状態。外からの刺激から肌を保護するために肌は角質を厚くするのですが、角質が厚くなることで毛穴は硬く詰まり、ニキビができやすくなってしまいます。

バリア機能を回復させるには、肌をしっかり潤してバリア機能を正常化させること、つまり「保湿」が大切です。保湿することで肌は健康を取り戻し、ニキビはもちろんニキビ跡も改善されていきます。肌の水分が不足していては、ニキビが治ってもまた繰り返しニキビができてしまうので、一年を通して最も大切なのは保湿と言えるでしょう。

ご注文はこちら

Copyright (c) The Proactiv Company KK. All rights reserved.