menu phone電話でご注文 ご注文はこちら
 
春にできるニキビの原因と対策

春にできるニキビの原因と対策

春にできるニキビの原因と対策

春になると気温と同時に湿度も上昇し、乾燥気味だった肌もだんだんと潤いを取り戻していく時期です。しかし、ニキビなどの肌トラブルをおこしやすいのも春です。そんな春にニキビができる原因として、主に「花粉」アレルギーと「ストレス」があげられます。

春の花粉はニキビの原因になる?

花粉症の人にとって、春は憂鬱な季節です。この花粉アレルギーとニキビは一見関係しないように思われやすいですが、実はアレルギーがニキビを悪化させる原因になることがあります。

アレルギー症状がある時は肌がとても敏感になっています。いろいろな外的刺激を受けることで皮脂量が増え、角質を厚くして肌が防御態勢になります。皮脂が増える上に角質が厚くなれば、毛穴が塞がりニキビができやすくなってしまいます。花粉症の症状が出始めるとニキビがひどくなるのはこうした原因が考えられます。

また花粉症になると免疫力も下がり、肌のバリア機能も下がってしまいます。大人ニキビの原因のひとつである肌の乾燥も、肌のバリア機能の低下が引き金になっています。つまり、花粉症の症状が出ている間はニキビができやすくなるのです。

アレルギーは花粉だけではありません。春になると中国大陸から風に乗ってやってくる黄砂やハウスダスト、動物や虫によるアレルギーも増える時期です。他の季節よりくしゃみや鼻水、目の痒みがあるならアレルギーかもしれません。

アレルギーの原因を知り、アレルゲンから遠ざかる生活を

アレルギーかな?と思ったら、まずはアレルギーの原因をはっきりさせることが大切です。ニキビが悪化した場合は、皮膚科に行って相談したりアレルギー検査をしてみるといいですね。

アレルギーの原因がわかったら、なるべくアレルギーの元(アレルゲン)から遠ざかることを心がけましょう。例えば、花粉症のせいでニキビができやすいなら、マスクや花粉の入らない眼鏡の利用や、花粉がつかないような服を着る、外出したあとは体についた花粉を払い落とす、空気清浄機を使うなど工夫してみてください。

また髪の毛は花粉がつきやすいので、そのままにしていると毛についた花粉が肌を刺激して、ニキビが悪化する原因になってしまいます。外出時は髪をまとめたり帽子をかぶる、帰宅したら着替えたりシャワーを浴びて、花粉をシャットアウトしましょう。

春の新生活のストレスがニキビを増やす

春は1年の中で一番環境の変化がおきやすい時期です。入学、卒業、就職、転勤などの環境の変化や、出会いや別れがおきるのも春が多いですね。新しい生活はワクワクする反面、不安や焦り、寂しさなどを感じやすいです。また、生活リズムが変わることもあり、ストレスを感じやすい時期でもあります。

こうしたストレスは男性ホルモンを優勢にしてしまい、皮脂量を増やし肌や毛穴を固くするためニキビができやすくなります。またストレスはホルモンバランスを崩すので、フェイスラインにニキビができやすくなるのも特徴です。今までおでこや鼻などTゾーンにしかニキビがなかったのに、春になったらフェイスラインにニキビができるようになったら、ホルモンバランスが崩れているのかもしれません。

生理周期が乱れることでニキビが増えることも

毎月訪れる生理。この生理も、春は乱れやすい傾向があります。生活リズムの変化や花粉をはじめとしたアレルギー、新生活によるストレスなど、ちょっとした刺激で生理は乱れてしまいます。

この生理とニキビ、実は切っても切れない関係があります。生理は性ホルモンである黄体ホルモンと卵胞ホルモンが分泌されることで起こりますが、ニキビと密接にかかわっているのが「黄体ホルモン」です。

黄体ホルモンは皮脂を増やしたり、肌を乾燥させる作用があります。皮脂が増えて毛穴が塞がれば、ニキビができてしまいます。また、肌が乾燥することでニキビは治りにくく、治っても繰り返して同じ場所にできてしまうことも。このように、生理不順はニキビができやすい肌環境をつくる原因となり得るのです。

春は特に花粉などのアレルギーやストレスなど、体の内外両面から負担がかかることで体に様々な変調を起こしやすい時期です。

ニキビなど目に見える症状が現れると気が滅入ってしまうものですが、そういう時期こそ、規則正しい生活と洗顔保湿などの基本的なケアに気を配ることが重要なのです。

ご注文はこちら

Copyright (c) The Proactiv Company KK. All rights reserved.