menu phone電話でご注文 ご注文はこちら
 
秋にできるニキビの原因と対策

秋にできるニキビの原因と対策

秋にできるニキビの原因と対策

暑さが和らぎ、夏のジメジメした湿気から解放される秋。秋はニキビの原因のひとつでもある紫外線も減り、1年の中で最も肌トラブルが少ない時期です。

しかし、肌トラブルが比較的少ない時期とされる秋にも、ニキビを悪化させる要因はあります。それは主に「花粉」と「乾燥」です。春ほどではないものの、花粉症で悩む人は少なくありません。また、冬へとシフトする中で肌の乾燥によるニキビが気になるのが秋です。

秋の花粉症の原因とは?

春の花粉症の原因は、主にスギやヒノキの花粉に対し、秋の花粉症はブタクサ、ヨモギ、そしてイネ科などが中心になります。ブタクサの花粉が飛び始めるのは8月ごろで、ピークは9〜10月です。ヨモギは9〜10月、イネ科は6〜9月に注意が必要です。

またイネ科は種類が多く、道端や空き地、川べりなど身近なところにアレルギーの原因となる植物が生えているため、雑草が多く生えている場所はアレルゲンが多い場所と言えます。

ニキビと花粉アレルギーの関係

花粉症のアレルギーがある場合、鼻水やくしゃみ、目のかゆみなど、外部にさらされている粘膜はアレルギーに過剰に反応しやすい状態です。この時は肌も同様に、花粉による刺激で敏感になっています。

花粉による刺激から肌を守るため、角質が厚くなっていきます。すると肌の柔軟性が低下することで毛穴が塞がりやすく、結果的にニキビの悪化を招くことになります。またアレルギー症状は誰でもストレスを感じるものです。このストレスが男性ホルモンを刺激して皮脂を増やしてしまうため、ますますニキビができやすい肌になります。

春のスギ花粉アレルギーに悩む人は、秋の花粉症を併発している人も多いです。春や秋の花粉が飛ぶ時期にニキビができやすいようであれば、花粉対策をしっかり行うことでニキビの悪化を防ぐことは可能です。

秋の花粉症対策は春よりしやすい?

秋の花粉症の原因となる植物は、成長しても高さは数十センチのものが大半で、大きくても2メートル程度。そのためスギ花粉のように遠くまで飛ばず、飛距離は最大でも数百メートルと言われています。春のスギ花粉と違い、アレルゲンである植物から遠ざかることで症状を抑えることは十分可能です。

花粉症の原因となる植物は約60種類もあると言われています。アレルゲンがどの植物なのか簡単な検査でわかるので、ぜひ調べてみましょう。より花粉症対策がしやすくなります。

秋から気をつけたい肌の乾燥

秋は空気がカラっとして快適な時期ですが、肌に夏の疲れが溜まっている場合は要注意。強い紫外線や室内の乾燥や冷えに耐えてきた肌はバリア機能が衰えがちです。

これに加え、秋でも暑い日もあるためか、肌の乾燥に気がつきにくい傾向があります。空気がカラっとしているため、汗をかいてもすぐ蒸発してさらっとするのはいいのですが、汗と同時に肌の潤いも不足しがちです。

肌が過剰に乾燥することで、皮脂腺が油分で補おうと、かえって皮脂の分泌量を増やすので、毛穴の詰まりを招く要因に。なかなかニキビが治らないのは、肌が夏のダメージから回復していないことも考えられます。

乾燥しやすいパーツに注目

夏のスキンケアアイテムがまだ残っていても、10月以降は早めに乾燥対策を取りましょう。夏のスキンケアはさっぱりした使い心地のものが多く、水分量は申し分なくても、潤いが物足りないことがあります。

その場合は、化粧水で肌を潤したあとに美容液や乳液、クリームなどをプラスして水分が蒸発しないようにガードします。すでに使用しているなら、使う量を増やしたりワンアイテム加えてもいいでしょう。

秋のコスメを選ぶポイントは、乾燥しやすいパーツが潤うことを中心に考えること。Tゾーンがべたつくから、と全体にさっぱりしたタイプのアイテムを使うのではなく、乾燥しやすい場所にはしっとりしたタイプのアイテムを使うなど、場所によってアイテムを使い分けることも大切です。

秋はニキビ跡の対策も

夏に受けた紫外線のダメージが表面化しやすい秋は、ニキビ跡が濃くなることがあります。夏に引き続き日焼け止めをきちんとつけることと、ニキビ跡対策に美白ケアもプラスしたいですね。ニキビ跡だけでなくニキビ自体にも効果の高いビタミンC誘導体配合のクリームや美容液を活用してみましょう。

ご注文はこちら

Copyright © Guthy-Renker Japan Co.,Ltd. All Rights Reserved.