menu phone電話でご注文 ご注文はこちら
 
オイリー肌の正しいニキビケアと予防

オイリー肌の正しいニキビケアと予防

なぜオイリー肌になってしまうのか?

なぜオイリー肌になってしまうのか?

お肌が脂っぽいとニキビになりやすいという話をよく聞きます。そのため、テカテカ光る脂分を落とそうと、毎日何度も洗顔している方はいませんか。
そもそも、なぜオイリー肌になってしまうのでしょうか。これにはいくつか要因があります。

遺伝的要因

まず、生まれながらに脂っぽいお肌の方がいます。普通より毛穴の数が多い、皮脂線が活発で汗をかきやすい、血液の循環がよく暑がりで皮脂が出やすい、皮脂の分泌量が生まれつき多い、という方がいます。これは遺伝的な要素もあり、スキンケアや食生活を通じて上手く付き合っていくしかありません。

年齢的要因

こうした遺伝的要素がなくても、思春期などの時期には多くの人がオイリー肌になりやすい傾向があります。
これは成長ホルモンが活発に分泌され、何らかの要因でホルモンバランスが崩れたことで皮脂が活発に出てしまう状況です。この状態はスキンケアや食生活などに気をつけてホルモンバランスを整えることで治まってくるほか、年齢が経つにつれ落ち着いてきます。中には思春期にはオイリー肌だったのに、20代を過ぎたころから乾燥肌で悩まされるという方もいるほどです。

間違ったスキンケアしていませんか?

オイリー肌になるもう1つの大きな要因が、間違ったスキンケアです。
特に洗顔・保湿の方法でミステイクをおかしている方が少なくありません。ニキビ予防のためには清潔にすることが大切、脂っぽい肌はニキビの原因になる、ここまでの知識は確かに間違ってはいません。

皮脂が過剰に分泌して毛穴に詰まったり、ホコリやメイク汚れなどが毛穴に詰まったまま放置されたりすると、アクネ菌の格好のエサになってアクネ菌が増殖しニキビができる原因になります。

だからと言ってお肌がつっぱるまで洗顔したり、脂っぽくするのは良くないと思い込み、保湿を怠ったりしていると大変なことになるのです。洗い過ぎによって乾燥し、保湿もされずに放置されたお肌は、自ら潤いを取り戻そうと一生懸命に皮脂を分泌し始めます。すると過剰に皮脂が分泌され、毛穴に詰まってアクネ菌が増殖するという悪循環が起こります。
ニキビ予防のために行っていた過度な洗顔や保湿をしないというケアが、逆にニキビを生み出す原因となることがあるのです。

お肌には自らを健やかに保つ機能がある

お肌には本来、自ら潤う機能が備わっています。適度に皮脂を分泌することでお肌をみずみずしく保ち、肌を外気から保護するとともに、健やかで美しい肌を保つ働きがあるのです。

ですが、生活習慣の乱れや偏った食生活、間違ったスキンケアなどによって、この機能が正常に働かなくなると皮脂が分泌されにくくなったり、逆に分泌され過ぎる状態が引き起こされたりします。分泌される皮脂量が減り、肌が乾燥してしまうと、やがてシミやシワなど肌トラブルを引き起こす原因にもなります。
これに対して、お肌が乾燥を防いでお肌を潤そうとする防御機能が強く働けば、皮脂が出過ぎて毛穴に詰まり、ニキビの原因を作り出してしまいます。

肌本来の働きを取り戻す肌断食

オイリー肌を改善する方法として、肌の質を改善する肌断食があります。
この方法は保湿が重要という発想とは、真逆の方法と言えるかもしれません。ある程度の時間がかかり、日常生活においては実践しにくい側面もありますが、オイリー肌の改善とニキビ予防には効果的と言われています。

肌断食は肌本来の潤い機能を取戻し、皮脂分泌量を正常にするために、あえてローションやクリームなどの化粧品は一切使わず、石鹸またはぬるま湯での洗顔だけをして何もつけずに過ごすという方法です。
日中の紫外線に気をつけながら、できれば1週間ほど続けることで、お肌が本来の潤う機能を取り戻し、皮脂の出過ぎを防いでオイリー肌を改善してくれるのです。

ご注文はこちら

Copyright (c) The Proactiv Company KK. All rights reserved.