menu phone電話でご注文 ご注文はこちら
 
敏感肌の正しいニキビケアと予防

敏感肌の正しいニキビケアと予防

敏感肌のニキビ対策

体質的に敏感肌の方やアレルギーの発症などをきっかけにお肌が過敏になってしまった方は、日頃のスキンケアやメイクはもちろん、日常生活でも苦労することが少なくありません。
化粧品を変えただけで発疹がでたり、新しい衣服を着ただけで痒くなったりと肌トラブルが絶えないからです。そんな敏感肌の方はニキビになると、さらに辛い思いをすることでしょう。

ニキビ肌自体とても不安定で敏感な肌になるのですが、もともとのお肌の性質と相まっていっそう過敏に反応してしまうでしょう。そのため、まずは敏感肌の方はニキビにならない健やかな肌作りを基本に、日々のスキンケアを心がけていかなければなりません。

スキンケアアイテムやコスメ選びに気をつける

スキンケアアイテムやコスメ選びに気をつける

敏感肌の方は、口コミで人気のスキンケアアイテムやコスメを使っても、かぶれたりかゆくなったりすることがあります。どんなに優れた商品でも、あらゆるお肌にパーフェクトにマッチするわけではありません。そのため、敏感肌の方がスキンケアアイテムやコスメを選ぶ際には、まずは配合されている成分などをチェックし、どんな肌に合うように作られているのかよく調べましょう。

敏感肌用、低刺激と書かれているものが、基本的には無難です。ただし、低刺激と書かれていても油断はせず、まずは腕など炎症を起こしても目立たない部分でパッチテストを行い、お肌に合うことを確認してから使い始めてください。肌に合わないアイテムを使って肌を不安定な状態にすれば、ニキビの炎症もいっそうひどくなる可能性があるので気をつけなければなりません。

洗い過ぎをせず保湿と優しいケアを徹底する

このようにスキンケアアイテムやコスメ選びも慎重にしなければならないと言うと、過剰に警戒し過ぎて十分なスキンケアをできなくなる人がいます。
一度でも化粧品でアレルギーやかゆみ・赤みなどのトラブルを起こした人は、特に使うのが怖くなると思います。だからと言ってスキンケアを怠れば、いっそうお肌の状態が悪化しかねません。やはり、お肌を清潔に保つことと、しっかり保湿することが一番のお肌安定への近道です。

クレンジング

皮脂やメイク汚れが毛穴に詰まった状態だと、ニキビができやすくなります。そのため、クレンジングはとても重要です。とても敏感な状態の場合はダブル洗顔せず、朝はぬるま湯のみの洗顔、夜はクレンジングだけにすると、お肌の状態が良くなることがあります。肌に負担がかからないクレンジング剤を、指の腹で優しくクルクルと伸ばして十分に汚れを浮き上がらせたら、たっぷりのぬるま湯で優しく包み込むように洗い流してください。その後、ローションを重ねづけしてしっかりと保湿を行います。

保湿

必要に応じて美容液や乳液をつけ、最後はクリームで潤いが逃げないようにふたをし、お肌の潤いをキープするようにしましょう。お肌が潤い不足になり乾燥すると、肌のバリア機能が低下して、いっそう敏感になり、ニキビができやすくなってしまうので注意してください。

肌断食でリセットする

敏感肌の方が肌質を改善するためにチャレンジする究極の選択が、肌断食です。
これは3日間から1週間ほどの間、ぬるま湯での洗顔やクレンジングのみとし、ローションやクリームなどは一切付けず、肌本来の潤い機能を取り戻させるという方法です。

女性は仕事に学校にデートにと忙しいので、何日間もスッピンで過ごすのはなかなか難しいかもしれません。初めのうちは肌がとても突っ張るので不安になり、途中で挫折される方もいます。それでも、本気で肌質を改善し、肌本来の潤い機能を復活させたいなら、肌断食にチャレンジするのも良いでしょう。

刺激を与えない、紫外線を予防する

敏感肌の方にとって、あらゆるものが刺激となりかねません。

様々な刺激から避ける

指やタオルでゴシゴシこすったり、髪の毛が触れたり、冷たい風に吹かれたり、紫外線を浴びることもお肌に大きな負担を与え、赤みやかゆみを引き起こします。敏感肌の方は肌質を改善できない限りは、とにかく刺激を避けて、肌を優しくいたわってあげることが大切です。

特に注意は紫外線

特に紫外線の刺激は強く、既にできているニキビを悪化させる、お肌が乾燥してバリア機能が低下させる、そしてアクネ菌が増殖してニキビができやすい肌になることもあります。そのため、紫外線対策はしっかりしなくてはなりません。

ただ、紫外線吸収剤や散乱剤などUVカット成分が入った日焼け止めや化粧下地、ファンデーションなどは敏感肌には負担になることがあります。カバー力が強く毛穴を塞いでしまうほか、クレンジングでもなかなか落ちにくいため、ゴシゴシと洗ってしまって、何度も繰り返し洗う必要が出てくるためです。

敏感肌の方はお肌に優しいコスメアイテムを使い、日傘や帽子でUVケアを怠らないようにしましょう。

ご注文はこちら

Copyright © Guthy-Renker Japan Co.,Ltd. All Rights Reserved.