Sorry, you need to enable JavaScript to visit this website.
プロアクティブプラス【公式】ニキビケア化粧品通販サイト
0120-770-660
24時間365日
ご注文受付中

Gift注文

ログイン

電話注文

ご注文は
こちら

16年連続 薬用ニキビスキンケア 国内売上No.1!

洗顔ブラシの使い方を解説|正しいお手入れ方法と選び方のポイント

今、人気を集めている美容アイテムのひとつが、洗顔ブラシです。 「毎日丁寧に洗顔しているつもりでも、毛穴汚れが改善しない」「肌のくすみが気になる」といったお悩みがあるなら、ぜひ試してみてください。
手で洗うだけでは落とし切れないメイク汚れもすっきりして、毛穴の奥に入り込んだ汚れをブラシの細かな毛が洗い出してくれます。皮脂が多く、ニキビができやすいという人にもおすすめです。

ここでは、洗顔ブラシを使うメリット、使い方と管理方法、選び方のポイントをご紹介します。

洗顔ブラシを使うメリット

ブラシで洗顔

「ブラシより手のひらで洗ったほうが、肌への刺激が少ないのでは?」と疑問に思う人もいるでしょう。洗顔ブラシは、間違った使い方をしなければ肌への刺激も少なく、メリットがたくさんあります。

毛穴の汚れを落としやすい

洗顔ブラシのいちばんのメリットは、毛先によって細かな汚れまで落とせることです。古い角質や皮脂が混ざった角栓が毛穴に詰まっていると、ニキビの発生につながります。
そこで洗顔ブラシの出番です。毛穴汚れをしっかりと落としやすく、毛穴の詰まりや黒ずみの解消、ニキビ予防にも効果が期待できます。

さらに、手で洗う場合よりも顔全体をムラなく洗いやすいため、洗い残しの予防にもつながります。均等に並んだブラシの毛先で、小鼻の脇や、あごのくぼみなど、指先では洗いにくい部分も、すみずみまでまんべんなく洗浄できます。

肌への負担が少ない

洗顔は力加減がポイントで、肌に負担をかけないようにやさしく丁寧に洗うことが大切です。洗顔ブラシを使えば、ブラシの毛先で洗顔料を泡立てやすく、肌を強くこすらなくてもしっかり洗うことができます。たっぷりと泡立てることで、肌の摩擦を防ぐことにもつながります。
また、洗顔の回数は、朝と夜の1日2回が最適といわれています。洗顔ブラシを使用すれば一度の洗顔でしっかりと汚れを落とせるため、皮脂を気にして1日に何度も洗顔をしてしまう…ということも防げます。正しく使えば、肌へのデメリットは少ないでしょう。

肌のマッサージができる

洗顔ブラシの毛先が肌に当たると、適度なマッサージ効果があります。柔らかい毛が肌にほど良い刺激を与えることで、血行が促され、肌の新陳代謝アップが期待できます。力を入れてしまうと肌に摩擦が加わるため、マッサージはやさしく行いましょう。 中には、マッサージ機能が備わった電動タイプの洗顔ブラシもあるので、チェックしてみてはいかがでしょうか。洗顔ブラシの種類については、記事の後半で詳しくご紹介します。

洗顔ブラシの適切な使い方と管理方法

洗顔ブラシを初めて購入する人へ向けて、使い方と管理方法をご紹介します。
使い方は簡単ですが、肌に負担をかけないためにも先にクレンジングを行い、長時間使いすぎないように気をつけましょう。

洗顔ブラシの使い方

STEP1:洗顔ブラシを予洗いする

メイクをしている場合は、あらかじめクレンジングで落としておきましょう。メイク汚れがブラシに付くのを防ぐため、クレンジングには洗顔ブラシを使いません。肌へ負担かけないために、クレンジング後のタオルオフもやさしく抑えるように行いましょう。 また、顔やブラシが乾いたまま使用すると摩擦が大きくなり、肌を傷つけてしまいます。洗顔前にしっかりと顔を濡らし、洗顔ブラシはきれいな水で予洗いしておきましょう。

STEP2:洗顔料を泡立てる

肌への摩擦を避けるため、洗顔ブラシを使う前に洗顔料をしっかり泡立てておきます。濃密な泡をつくるには、泡立てネットを使用するとよいでしょう。泡立てた洗顔料を、おでこ・鼻・頬・フェイスラインにたっぷりのせていきます。

STEP3:洗顔ブラシで洗う

顔全体に泡を広げるように、洗顔ブラシを使ってやさしく洗いましょう。肌の上で、ブラシを軽く撫でるように移動させます。このとき、毛先が肌へ垂直に当たるようにするのがポイントです。
洗顔の時間は30秒~60秒が目安です。肌への負担が大きくなるため、長時間にわたって使用しないように気をつけましょう。最後に、ぬるま湯ですすいで洗顔料を丁寧に洗い流します。洗顔ブラシを使う頻度は、週に1〜2回がおすすめです。特に、敏感肌や乾燥肌の人は、肌状態を見ながら回数を調節するのがよいでしょう。

洗顔ブラシの管理方法

使用後の洗顔ブラシは、水ですすいでから乾燥させましょう。清潔な状態を保つために、よくすすぐなどの基本の管理は毎回行ってください。雑菌が繁殖してしまうと、肌トラブルの原因にもなってしまいます。
汚れが気になり始めたタイミングで、洗顔ブラシを単体で洗浄し、定期的にお手入れをしましょう。ぬるま湯と中性石鹸を使って、毛先の汚れを落とすとよいでしょう。洗い終えたら、ブラシの根元から毛先に向けて軽く絞って水分を落とし、風通しの良い場所で陰干ししてください。

洗顔ブラシ選びのポイント

洗顔ブラシ各種

洗顔ブラシは、百円ショップで手に入るものから高価なものまで、さまざまな種類があります。まずは、手動タイプか電動タイプかを選び、毛の素材やブラシの形状のバリエーションからも、好みの商品を探してみてください。

手動タイプ・電動タイプ

洗顔ブラシには、手動タイプと電動タイプがあります。電動タイプは、さらに「回転式」と「音波振動式」の2種類に分けられます。ブラシ部分が回転する「回転式」は、洗浄力の高さが特徴です。一方「音波振動式」は、ブラシ部分が振動して、肌への刺激を最小限に抑えながら汚れを浮かせることが可能です。

毛の素材

洗顔ブラシを選ぶ際には、毛の素材にも注目しましょう。それぞれの特徴やメリットから、自分に合ったものを見つけてください。
天然毛は柔らかく、肌への負担が少ないというメリットがあります。ほかの素材よりも価格帯が高い傾向にありますが、肌が敏感な人も使いやすくおすすめです。化学繊維は種類が豊富で、低価格帯のアイテムが多いのが特徴です。中には、雑菌やカビが繁殖しにくい素材もあります。また、マッサージにも適しているのがシリコンです。速乾性があるため、お手入れがしやすい素材です。

洗顔ブラシの形状

ブラシの形状にも、いくつか種類があります。一般的なタイプは、ブラシ部分を手で直接持って使うものです。持ち手のあるタイプはブラシ部分に柄やハンドルが付いた形状のため、手に力が入りすぎるのを防ぎやすくなっています。筆タイプは、細かな部分にも毛先が届き、気になる部分をピンポイントで洗いやすいのが特徴です。

洗顔ブラシは、毛穴ケアに活躍する優秀アイテム!

毛穴の悩みがある女性にとって、使い勝手が良くて便利な洗顔ブラシ。毛穴の汚れを落としやすい、肌への負担が少ない、肌のマッサージができる、といったメリットは非常に魅力的です。
また、部分的な毛穴詰まりや黒ずみが気になる人には、小鼻専用、Tゾーン専用の洗顔ブラシも販売されています。普段は手での洗顔派だけれど、部分ケアにだけ洗顔ブラシを取り入れたいという場合にもおすすめです。一度、使い心地を実感してみてください。

まずは週に1回から、スキンケアの習慣に取り入れてみてはいかがでしょうか。正しい使い方を守って、すこやかで透明感のある美肌をめざしましょう。

あわせて読みたい

Proactiv + Movie

ニキビの真実

top