Sorry, you need to enable JavaScript to visit this website.
プロアクティブプラス【公式】ニキビケア化粧品通販サイト
0120-770-660
24時間365日
ご注文受付中

Gift注文

ログイン

電話注文

ご注文は
こちら

16年連続 薬用ニキビスキンケア 国内売上No.1!

正しい洗顔のタイミングとは?朝と夜に行うスキンケアのポイント

洗顔は、美肌づくりにおける基本中の基本。だからこそ、なんとなくの自己流でやり過ごすのではなく、適切な洗顔方法を知っておくことが大切です。毎日の洗顔について、「洗顔は朝と夜に必要?夜だけでもいい?」「夜の洗顔は入浴前にする?それとも入浴中?」などの疑問を抱えている人もいるのではないでしょうか。
そこで今回は、正しい洗顔のタイミングや回数、朝・夜の洗顔タイミングやスキンケアのポイントについてお伝えします。明日からすぐに使える知識ばかりなので、ぜひ参考にしてみてください。

正しい洗顔のタイミングや回数とは?

日々のスキンケアに欠かせない洗顔。洗いすぎはよくないともいわれますが、どれくらいの頻度で行うのが最適なのでしょうか?正しい洗顔のタイミングや回数をご紹介します。

正しい洗顔のタイミング

「朝はそんなに汚れていないから、洗顔をしなくても大丈夫」なんて思っていませんか?肌を清潔に保ち、肌トラブルを防ぐためにも、洗顔は朝と夜の1日2回行うのが基本です。一日の始まりである朝と、一日の終わりである夜とでは、洗顔をする目的も異なります。
朝の洗顔は、睡眠中に分泌された皮脂や肌に付いたホコリなどの汚れを落とすため。また、夜の洗顔は、日中に出た皮脂やメイクによる汚れを落とし、肌の新陳代謝が促されやすい状態に整えるためです。忙しくても、朝と夜の洗顔はサボらないことが美肌への一歩となります。

正しい洗顔の回数

洗顔は、たくさんすればよいというわけでもありません。回数が多すぎると、肌に負担がかかってしまうため注意してください。夜と朝に1回ずつ、1日2回までに留めておきましょう。洗顔をしすぎると、摩擦によって肌に刺激を与えてしまうこともあります。さらに、皮脂を落としすぎると肌が乾燥しやすくなり、肌トラブルの原因にもなりかねません。

朝に洗顔するタイミングやスキンケアのポイント

ブラシで洗顔

朝のスキンケアは、一日の肌の調子にも関わるもの。夜の洗顔とは、洗い方にも違いがあります。朝の洗顔タイミングやスキンケアのポイントをおさらいしましょう。

朝に洗顔するタイミング

朝の洗顔は、起きてすぐ?メイクをする直前?一日の準備になにかとバタバタする朝、細かなルーティンは人それぞれ異なりますよね。忙しいと手間を省きたくなってしまいますが、皮脂を落としてから保湿のステップへ進むためにも洗顔は必要です。
朝の洗顔でおすすめのタイミングは、起きてすぐ。皮脂や汚れを落としてから保湿ケアを行い、化粧ノリをアップさせましょう。なるべく早く保湿をしておけば、クリームがしっかり馴染んでメイクがよれにくくなります。また、洗顔をすることでシャキッと目が覚めやすいというメリットもあります。

朝のスキンケアのポイント

低刺激性の洗顔料を使う

夜に洗顔をしていれば、朝の洗顔は洗浄力の強い洗顔料を使わなくてもOK。睡眠時は活動量が少なく、メイクもしていない状態ということもあり、夜と比べて肌の汚れが少ないためです。
肌に必要な油分まで落としすぎないよう、朝は低刺激性の洗顔料がおすすめ。肌トラブルを防ぐためにも、洗顔による刺激はできるだけ抑えましょう。朝と夜、同じ洗顔料を使っている人は、これを機に見直してみるのもおすすめです。

肌質に合わせてケアをする

乾燥肌や敏感肌で刺激を受けやすいといった場合は、肌荒れを防ぐために朝の洗顔料の使用を控えてもよいでしょう。ぬるま湯のみで肌を洗い流す方法が一番です。ぬるま湯での洗顔は、触ったときにベタつきや汚れを感じない程度まで行うのが目安です。

ぬるま湯ですすぐ

洗顔料を使う場合でも、水温は30℃~37℃のぬるま湯が適切です。熱いお湯ですすぐと、必要な皮脂まで落としすぎて、洗顔後に肌が乾燥しやすくなってしまいます。逆に、冷たい水ですすぐと、皮膚の温度を下げてしまい、汚れが落ちにくくなることもあります。そのため、肌のバリア機能を保つには、人肌に近い温度のぬるま湯が適しているのです。洗顔料の泡が顔に残らないよう、丁寧に洗い流しましょう。

夜に洗顔するタイミングとスキンケアのポイント

夜洗顔する人

夜の洗顔タイミングは、帰宅後すぐ、または寝る直前などさまざま。それでは、ベストなタイミングはいつなのでしょうか?夜のスキンケアのポイントとあわせてご紹介します。

夜に洗顔するタイミング

夜の洗顔は、入浴時に行うのがよいでしょう。特に、髪や体を洗った後、入浴の最後が最適なタイミングといわれます。湯船に浸かっている間に蒸気によって毛穴が開き、汚れを落としやすい状態となるというのが理由です。また、洗顔を最後にすることで、顔に付いたシャンプーやトリートメント、ボディソープなどをきちんと洗い流せます。加えて、お風呂を出る直前に洗顔をすることで、スキンケアまでの時間を空けずに済みます。

夜のスキンケアのポイント

洗顔やクレンジングではやさしく洗う

夜の洗顔では、化粧や皮脂汚れなどを残さないように落としましょう。とはいえ、マスカラや口紅を落とそうとゴシゴシ洗ってしまうと、肌への負担になります。洗顔料はしっかりと泡立てるのがポイント。たっぷりの泡で洗うと肌への摩擦を抑えやすく、泡が毛穴に吸着することで汚れを落としやすくなります。きめ細かな泡をつくるには、泡立てネットを使うのもおすすめです。
また、クレンジングの際も、肌をゴシゴシとこすらないように注意が必要です。クレンジング剤を節約しようと、少量で洗ってしまうのはNG。摩擦で肌に負担をかけやすくなります。パッケージに記載されている使用量を目安に、適量を守りましょう。

シャワーの水圧を調節する

顔の皮膚は、薄くてとてもデリケートです。洗顔後、勢いよくすすいでしまうと肌への刺激につながるため、水圧の強いシャワーを肌に直接当てないよう注意しましょう。シャワーの水圧を弱めに調節するか、手ですすぎを行うのがよいでしょう。
また、シャワーのみならず、洗顔後のタオルの摩擦によって刺激を与えてしまうのもNGです。柔らかいタオルでやさしく拭きましょう。

入浴後はすみやかに保湿する

洗顔後の肌は、皮脂や保湿成分が洗い流されているため、特に乾燥しやすい状態です。お風呂上がりには、化粧水や乳液、クリームなどですぐに保湿するよう心がけてください。目安として、遅くとも入浴後10分以内には保湿をしましょう。
クレンジング・洗顔後のスキンケアの順番は、化粧水→美容液→乳液→クリームの流れが一般的です。化粧水を付けただけでは、せっかくの水分や美容成分が蒸発してしまうため、乳液やクリームでフタをする必要があります。

毎日の洗顔を見直して、自信の持てる素肌に!

洗顔のタイミングと回数は、朝と夜の1日2回が基本。朝と夜ではそれぞれ、洗顔の目的が異なることを理解していただけましたか?間違った方法での洗顔は、かえって肌にダメージを与えてしまうこともあります。
洗顔で大切なのは、しっかり汚れを落としつつ、うるおいを守ること。洗い残しがないように気を付けながらも、とにかくやさしく、こすらないように意識しましょう。また、美肌づくりのためには、洗顔後のすみやかな保湿も重要です。正しい洗顔方法を身につけて、自分の素肌に自信が持てるようになると素敵ですね。肌のお悩みを抱えている人こそ、一度、洗顔から見直してみてはいかがでしょうか。

あわせて読みたい

Proactiv + Movie

ニキビの真実

top