Sorry, you need to enable JavaScript to visit this website.
プロアクティブプラス【公式】ニキビケア化粧品通販サイト
0120-770-660
24時間365日
ご注文受付中

Gift注文

ログイン

電話注文

ご注文は
こちら

16年連続 薬用ニキビスキンケア 国内売上No.1!

洗顔回数は1日に何回が最適?肌の刺激を避けて汚れを落とす方法とは

ニキビなどの肌トラブルを防ぐために毎日の洗顔は欠かせないもの。洗顔をおろそかにしていると、過剰な皮脂や汗、皮膚に付着したホコリなどで毛穴が詰まり、ニキビや毛穴の黒ずみを悪化させかねません。だからといって、洗いすぎも逆効果。汚れをしっかり落とそうとして何度もゴシゴシ洗いをしたり、強い洗顔料を使ったりしている人もいますが、良くなるどころか、かえって肌にダメージを与えてしまいます。ここでは、適切な洗顔回数の目安や、ニキビ肌に適した洗顔のやり方、おすすめの洗顔料をご紹介します。

1日の洗顔回数は2回が理想

1日の洗顔回数は2回が理想です。それ以上でもそれ以下でも肌に良い影響を与えません。その理由について解説します。

1日2回の洗顔を行う理由

朝と夜にそれぞれ1回ずつ、1日2回の洗顔を行うとよいでしょう。定期的に洗浄することで肌を清潔に保つことができます。それよりも少ないと、肌の表面や毛穴の汚れが原因で、肌トラブルが生じるおそれがあるため注意が必要です。雑菌が繁殖したり、皮脂が酸化したりして、ニキビや毛穴の黒ずみにつながります。適切な回数・方法で洗顔を行うことで、肌トラブルを防ぎましょう。

洗顔をするタイミング

朝の洗顔の目的は、睡眠中に付着した汗やホコリ、雑菌などの汚れを落とすことです。起床後に顔を洗います。汚れを落とすことで、メイクのノリが改善されやすくなります。

一方、夜の洗顔には、ファンデーションなどのメイクや日中の活動でついた汚れを落とす目的があります。就寝前に肌を清潔な状態に整えることが大切です。

バスタイムに行い、できるだけお風呂上がり直前に洗うのがポイントです。体温が上昇して毛穴が開きやすくなり、メイク落としや洗顔をする際に汚れを落としやすくなります。

肌の表面や毛穴に汚れが残っていると、その後に使う化粧水や美容液などの美容成分が角層まで浸透しにくくなります。夜のスキンケアのためにも、できるだけきれいに取り除いておきましょう。

ニキビ肌に適した洗顔回数とは?

洗顔

ニキビは、もともと皮脂分泌量が多い脂性肌や、反対にインナードライに陥っている乾燥肌の人に多く見られます。ニキビ肌であっても、洗顔回数は1日2回が目安となります。

ニキビ肌の洗顔は1日2回

洗顔の回数が多すぎるとニキビを悪化させるおそれがあるので、洗顔は1日2回までにとどめましょう。

洗顔回数を増やしたほうが皮膚を清潔に保てると思うかもしれませんが、水分を保つために必要な皮脂や保湿成分まで洗い流され、肌の乾燥を招きます。その結果、保護作用で皮脂が過剰に分泌されて、ますますニキビができやすくなるという悪循環に陥りがちです。

いくら回数を守っても、肝心の洗顔のやり方が間違っていると、ニキビを悪化させる原因になります。洗顔による肌への刺激を避け、負担を最小限に抑えるためには、正しい方法で洗顔することが大切です。

ニキビ肌の洗顔で注意したいポイント

肌を強くこするのは避ける

手でゴシゴシとこする、洗顔料を十分に泡立てない、少量のクレンジングで洗う……。こうしたニキビに刺激を与える行動はNGです。

洗顔料の泡立ちが不十分な場合や、クレンジングの量が不足している場合は、手と肌の間で摩擦が起こりやすくなりますし、汚れを落としにくいというデメリットもあります。

洗顔料を手のひらに適量取り、しっかり泡立ててから使うと、肌に負担をかけずに皮脂や汚れを落とせます。手で泡を立てるのは大変なので、泡立てネットを使うのもひとつの手です。キメの細かい泡を簡単に作れます。ニキビに刺激を与えて悪化させないよう注意しながら、やさしく洗いましょう。

すすぎの時にシャワーを直接顔に当てたり、タオルでこするように水分を拭き取ったりするのも、同じく肌を傷つけてしまう可能性があります。すすぎの温度は30~34℃程度がベスト。熱いお湯は肌の保湿成分を奪ってしまいます。ぬるめのお湯で、すすぎ残しがないように丁寧に流してください。

低刺激性の洗顔料を使う

ニキビ肌への刺激を抑えた洗顔料でケアすることが大切です。特に敏感肌の人は、肌に負担をかけずに使えるものを選びましょう。洗浄力が穏やかで、皮脂を落としすぎないものがおすすめです。

洗顔料にはさまざまな種類があり、どの製品を選んだらいいのか迷ってしまう人も多いかもしれません。商品のパッケージなどに「ノンコメドジェニック処方」と書かれたアイテムは、ニキビが生じにくい処方になっているので、洗顔料を選ぶ際の参考にすると良いでしょう。

それ以外にも、刺激の少ない成分で作られている、ニキビの原因となりやすい成分が配合されていないなど、ニキビ肌向けの洗顔料もあります。それらの中から、自分の肌質に合うものを見つけてください。

低刺激で肌にやさしいおすすめの洗顔料

洗顔料各種

洗顔料選びで迷っている人のために、ニキビ肌向けの洗顔料と保湿アイテムがセットになった「プロアクティブ+スマートセット」をご紹介します。ぜひ参考にしてください。

プロアクティブの洗顔料の特徴

ニキビ肌の洗顔におすすめしたいのが「スキン スムージング クレンザー」です。泡立て不要のジェル状洗顔料なので、時間をかけずに洗顔できます。

スキン スムージング クレンザーの特徴

有効成分サリチル酸を配合した薬用洗顔料です。サリチル酸にはニキビの原因となる菌を抑える作用があります。ソフトスクラブ入りで、古い角質や毛穴の汚れをやさしく落とします。天然由来の保湿成分が配合されているため、すっきり感がありながら、肌のうるおいを保ちます。

プロアクティブ+スマートセットの使い方

洗顔料の「スキン スムージング クレンザー」、薬用美容液「ポアターゲティング トリートメント」、薬用ジェル状クリーム「スキンコンディショニング セラム」がセットになったアイテムです。「洗顔料」「美容液」「保湿クリーム」の3ステップで、ニキビ肌をシンプルにケアできます。

STEP1:スキン スムージング クレンザー

1日2回、朝と夜の洗顔に使用します。

*使い方の手順

顔全体をぬるま湯で予洗いしたら、手の手のひらに適量の洗顔料を取り、目の周りや唇は避けて、やさしくマッサージするように洗います。Tゾーンや小鼻の周りなど皮脂の多い部分は、念入りに洗うのがポイントです。すすぎは洗顔料が残らないように、ぬるま湯で十分に洗い流しましょう。

STEP2:ポアターゲティング トリートメント

独自開発技術により、有効成分を毛穴の奥まで届ける美容液です。1日2回、朝晩の洗顔後に使用します。

*使い方の手順

「スキン スムージング クレンザー」で洗顔した後、大きめのパール粒の量を手に取り、顔全体に薄く伸ばしたら、ハンドプレスをしてなじませます。

STEP3:スキンコンディショニング セラム

肌のコンディションを整え、ニキビを予防する薬用ジェル状クリームです。1日2回、朝晩の洗顔後、スキンケアの仕上げに使用します。

*使い方の手順

パール粒大を手に取り「ポアターゲティング トリートメント」に重ねて、顔全体に薄く伸ばします。最後に、おでこ、頬、あご、フェイスラインと、パーツごとにハンドプレスをして肌になじませましょう。

朝・夜の洗顔で美肌を目指そう

洗顔は1日2回が基本です。洗わなさすぎも良くありませんが、むやみに洗顔回数を増やすのも問題です。肌に負担をかけ、ニキビや乾燥によるシワ、肌荒れなどを招きます。ニキビ肌に適した洗顔料を使って、正しい洗顔を行いましょう。

洗顔が終わったら、乾燥した肌をしっかり保湿することが重要です。今回ご紹介した「プロアクティブ+スマートセット」なら、ニキビ肌に特化したスキンケアが叶います。シンプルなお手入れで輝く美肌を目指しましょう。

【参考】https://proactiv.jp/products

あわせて読みたい

Proactiv + Movie

ニキビの真実

top