Sorry, you need to enable JavaScript to visit this website.

【公式】ニキビケア化粧品のプロアクティブ+(プラス)通販・販売サイト

0120-770-660
24時間365日
ご注文受付中

Gift注文

ログイン

電話注文

ご注文は
こちら

15年連続 薬用ニキビスキンケア 国内売上No.1!

ニキビが治らない!再発しやすいニキビの特徴と適切なケアの仕方

「ニキビが治ったと思ったのに、またできてしまった…」「どうやったらニキビを繰り返さないで済むんだろう」とお悩みの10代のあなたへ。ニキビができる仕組みや、治りにくくなってしまう肌環境とはどんなものか知っていますか?肌トラブル克服の第一歩は、ニキビに関する基本的な知識を得ることから。
この記事では再発しやすいニキビの種類と特徴、および適切なケアの仕方についてご紹介します。

再発を繰り返すニキビのメカニズム

そもそも、なぜニキビができてしまうのでしょうか?再発をストップするためにニキビのメカニズムを知っておきましょう

ニキビができる仕組み

ニキビは、過剰に分泌される皮脂、日常生活で肌に付着する汚れ、肌の生まれ変わりで剥がれ落ちなかった古い角質などが毛穴に詰まることで発生します。毛穴の出口がふさがれてしまうと、毛穴の中でアクネ菌が皮脂をエサにして増殖してニキビとなり、進行すると肌に炎症を起こします。
さらに炎症が進むと、黄色い膿を持ったニキビへと重症化していきます。

ニキビの主な種類

ニキビはできる年齢に応じて「思春期ニキビ」「大人ニキビ」と呼ばれていて、それぞれ原因が異なります。

思春期ニキビ

10代にできやすいのが思春期ニキビです。小学校高学年〜高校生頃は、心と身体が大人になる準備をする第二次性徴期を迎えた影響で、皮脂が過剰に分泌されやすくなっています。つまり10代の肌は皮脂を栄養源とするアクネ菌が繁殖しやすい状態なのです。

また、思春期ニキビができやすい背景として、間違ったスキンケアや屋外の活動で受ける紫外線などが原因で肌のバリア機能が低下することも挙げられます。特に美肌を目指すなら乾燥は禁物。うるおいを取り戻して肌環境を整える必要があります。

このような生理的原因のため、10代のうちはニキビが治らない状態が続くことがあります。しかし、第二次性徴期が終りを迎えてホルモンバランスが安定してくる20代前後になると、思春期ニキビはできにくくなります。

大人ニキビ

一方、20代や30代などに見られるのが大人ニキビです。大人ニキビは、主にホルモンバランスの乱れを原因とした皮脂の過剰分泌が原因です。
大人のホルモンバランスは生活習慣によって乱れが生じやすいと言えます。栄養バランスの偏った食生活、睡眠不足、飲酒や喫煙、ストレス、間違ったスキンケアなど、生活習慣の乱れがホルモンバランスに影響するのです。

また、年齢を重ねることで新しい肌に生まれ変わっていくターンオーバーの期間が長くなるため、本来は剥がれ落ちるはずの古い角質が毛穴にたまりがちです。これも大人二キビが発生する一因です。

ニキビが治らない肌環境の主な特徴

このように、ニキビがなかなか治らない肌環境とは「肌にアクネ菌が繁殖している」「肌のターンオーバーが乱れている」「肌が乾燥している」といった状態のことです。

治りにくいニキビの特徴とは?進行段階別・部位別に解説

ニキビと一口に言っても、進行段階や部位によって気をつけるべきポイントが違います。それぞれの特徴を見ていきましょう。

治りにくいニキビの特徴とは?

ニキビの進行段階別の特徴

白ニキビ

白ニキビは、過剰に分泌された皮脂と古い角質が混ざり合ってできる角栓が毛穴をふさぎ、肌が盛り上がった状態です。まだニキビの初期段階のため、早急に対策すれば治りやすいと言えます。

黒ニキビ

黒ニキビは、白ニキビの皮脂や古い角質が酸化したことで、黒ずんで見える状態です。ニキビはまだ炎症を起こしていないので、黒ニキビも丁寧なスキンケアを欠かさなければ比較的治りやすいです。

赤ニキビ

赤ニキビは、白ニキビや黒ニキビが悪化して、炎症を起こしている状態です。赤みを帯びて痛みやかゆみを伴うほか、ニキビが熱くなっていることもあります。炎症を起こしているニキビは、無理につぶそうとしたり何度も触ったりして刺激を与えてしまうと、ニキビ跡ができたり、クレーター状の肌になったりする可能性があります。

黄ニキビ

黄ニキビは、赤ニキビの症状がさらに悪化して黄色い膿が見えている状態です。表面だけでなく皮膚内側の炎症も進んでいます。ニキビ跡やクレーター状態につながる可能性が高いため、皮膚科医のニキビ治療を検討することをおすすめします。

再発しやすい場所は?ニキビの部位別特徴

頬は、顔の中でも面積が広くて、外的刺激を受けやすい部位です。紫外線、間違ったスキンケア、頬づえ、ニキビに直接触れるといったことが外部刺激となります。特にスキンケアでは、余分な皮脂や雑菌を徹底的に取り除こうとして、洗顔やクレンジングでゴシゴシと摩擦してしまうと、かえって悪影響です。

顎は、ホルモンバランスの乱れによる影響を受けやすい部位です。また、洗顔料や頭髪から流れてきたシャンプーなどの流し残しができやすく、成分が肌の刺激になって肌トラブルの原因になることもあります。

おでこ、眉間

おでこや眉間は皮脂腺が多く、皮脂分泌量が多い部位です。そして前髪が当たりやすい部位でもあります。前髪をおろしていると、常に刺激がある状態で、汗をかくと蒸気がこもって蒸れやすいです。

鼻も皮脂腺が多く、皮脂分泌量が多い部位です。特に小鼻の脇は、洗顔料や頭髪から流れてきたシャンプーの泡のすすぎ残しがたまりやすいです。また、顔の中でも鼻先は高く、紫外線によるダメージを受けやすい部位でもあります。

背中、首

背中や首は、手が届きにくく、状態を自分で見て確認することも難しい部位なので、隅々までケアするのが難しいです。気が付いたときにはニキビが進行してしまっていることがあります。

胸も皮脂腺が多く、皮脂分泌量が多い部位です。汗をかいてもすぐに拭えなかったり、入浴中にシャンプーやリンスが流れてきたりすることも、肌への刺激となって胸ニキビにつながります。

ニキビが治らないときの適切なセルフケア

では、セルフケアでニキビの再発をストップさせたいときは、毎日の生活でどんなことに気をつければいいのでしょうか?

適切なスキンケア

まずは毎日のスキンケア方法が適切かどうか、改めてチェックしましょう。
汗や皮脂、汚れなどに気をつけて肌を清潔に保ち、洗顔後は化粧水やクリームで十分な保湿を欠かさないことが大切です。ニキビケアに特化したスキンケア用品などをニキビの初期段階から使用するのがおすすめです。
ニキビに炎症が生じている場合は、市販薬を使ってみたり、皮膚科を受診したりすることも効果的です。

栄養バランスの取れた食生活

食生活の乱れは、ホルモンバランスにも影響し、ニキビ発生につながることがあります。脂っこいファストフードや甘い物などにすぐ手が伸びて、間食でおなかいっぱいになったから食事はパス…なんて食生活はNGです。
「ニキビを治すならこれ!」という食べ物はありませんが、主食、主菜、副菜を揃えて栄養バランスの取れた食事になるように心がけてください。毎日三食きちんと食べて健康な身体を作ることが、美肌への近道にもなります。

質のよい睡眠

睡眠不足はホルモンバランスを乱し、肌荒れのもとになります。なかなか寝付けない、熟睡できないと感じている人は、睡眠の質が肌に影響しているのかも。就寝前の習慣を見直してみましょう。

就寝前には、カフェインを多く含む飲み物は飲まないようにします。カフェインはコーヒーだけでなく紅茶やエナジードリンクにも含まれていて、覚醒作用で眠りを妨げることがあります。カフェインの影響を受けやすい人は夕方から控えるのがおすすめです。
また、スマートフォンやパソコンが発するブルーライトの影響で体内時計が乱れて眠れなくなることもあるので、深夜までSNSやゲームに熱中しないように気をつけましょう。

ストレス解消

美容のカギとなるホルモンバランスは、ストレスがたまることでも乱れがちになります。あなたにとってのストレス解消法は何ですか?適度な運動をする、趣味に没頭する、何もせずに一人でリラックスするなど、ストレスを解消する方法は一人ひとり違います。自分に合った方法を探してみましょう。

ストレス解消

日常生活に運動を取り入れよう

日常生活に軽い運動を意識的に取り入れると、新陳代謝アップ、ストレス解消、便秘や冷えの解消など、さまざまなことが同時に叶います。続けることで身も心も軽くなって、ニキビケアにもプラスに働くでしょう。
ウォーキング、ランニング、スイミングなどの有酸素運動を、あまり負荷をかけすぎず苦しさを感じない程度で行ってみてください。

これまで運動の習慣がなかった人は、最初から長時間の運動に挑戦しようとせず、毎日続けることを目標にしてください。1日あたり20〜30分など短時間からトライしてみましょう。
また、歩幅を大きくする、腕を振ってテンポよく歩くなど、いつもの行動も意識を変えるだけでエクササイズになります。習慣の積み重ねで運動に親しんでいきましょう。

あわせて読みたい

Proactiv + Movie

ニキビの真実

top