Sorry, you need to enable JavaScript to visit this website.
プロアクティブプラス【公式】ニキビケア化粧品通販サイト
0120-770-660
24時間365日
ご注文受付中

Gift注文

ログイン

電話注文

ご注文は
こちら

16年連続 薬用ニキビスキンケア 国内売上No.1!

ニキビが悪化する原因とは?適切な対処法とおすすめアイテム

洗顔後

ニキビが顔にできると、それだけで憂鬱になってしまいますよね。早く治そうとして、独自のやり方をいろいろ試している人も多いでしょう。もしかしたら良かれと思ってやっていることが、逆にニキビを悪化させる要因になっているかもしれません。そうならないためにも、正しい知識を身につけて、適切なニキビケアを行いましょう。今回は、ニキビが悪化する原因とスキンケアの方法についてご紹介します。

ニキビが悪化する原因とニキビの段階別特徴

ニキビは白ニキビ、赤ニキビ、黄ニキビと、段階を追って悪化していきます。ニキビが悪化する原因と、プロセスごとの特徴をみていきましょう。

ニキビが悪化する主な原因

初期段階のニキビができる原因

ニキビの初期段階は、ターンオーバー(肌の新陳代謝)の乱れや、皮脂が過剰に分泌されることで毛穴が詰まった状態です。皮脂や皮膚に付着した汚れをエサにしてアクネ菌が増殖し、毛穴の奥にある皮脂腺が炎症を起こします。

特に思春期は皮脂の分泌が過剰になる時期です。大人世代になると皮脂分泌量は落ち着いていく一方で、ターンオーバーの機能が低下して、角質が毛穴に詰まりやすくなります。

また、女性の場合、ホルモンバランスの変化に伴いニキビができやすいともいわれています。生理前には黄体ホルモンの影響で皮脂の分泌が増え、毛穴が詰まりやすくなるからです。女性の多くが生理周期に合わせて肌の調子がゆらぐのは、このためとされています。

ニキビが悪化する原因

摩擦や紫外線などのさまざまな刺激によって、ニキビは悪化しやすくなります。乾燥もニキビを悪化させる原因のひとつです。乾燥肌は、肌のバリア機能が低下しているため、ちょっとした刺激でもダメージを受けやすくなっています。

炎症が進んで毛穴が開くと、炎症が周囲まで広がって膿を持つようになります。炎症や化膿を繰り返して皮膚の奥に膿や血液がたまるとしこりになり、跡が残ることもあるので注意が必要です。

【段階別】ニキビの特徴

ニキビは、悪化のプロセスごとに異なる特徴を持ちます。初期症状を見逃さず、早めに対策をとり、悪化を食い止めることが改善への近道です。

初期段階

白ニキビ:毛穴の出口が閉じて皮脂が詰まった状態です。皮膚の表面から「コメド(面ぽう)」と呼ばれる皮脂の詰まりがポツッと膨らんで見えます。

黒ニキビ:白ニキビの毛穴が開き、たまった汚れや皮脂が酸化して黒く見える状態です。炎症を起こす前の状態のため、この時点で治療をすると悪化を防ぎやすいでしょう。

やや悪化した段階

赤ニキビ:白ニキビや黒ニキビが、さらに進行して赤く炎症を起こした状態です。痛みやかゆみを伴うことがあります。この時点で改善させないと、ニキビ跡が残りやすくなります。

かなり悪化した段階

黄ニキビ:赤ニキビが進行し、化膿して腫れ上がった状態です。ニキビの中心に黄色い膿を持つことから黄ニキビといわれています。

紫ニキビ:ニキビの炎症によって皮膚の深部まで傷つき、膿や血液がたまって大きな塊となり、盛り上がった状態です。ダメージが真皮層まで届いているため、ニキビが治っても赤みや茶色いシミのような色素沈着が残ったり、クレーター状になったりする可能性が高くなります。

ニキビを悪化させないために意識したいこととスキンケアの方法

毎日の何気ない生活習慣がニキビを悪化させることがあります。NG行動を避けて、ニキビ肌に適したスキンケアを行いましょう。

洗顔後

ニキビができたときに心がけること

皮膚を清潔に保つ

余分な皮脂や汚れは、毛穴を詰まらせ、ニキビができる原因になります。適度な洗顔を心がけ、皮膚をできるだけ清潔な状態に保ちましょう。日中は、余分な皮脂をティッシュなどで軽く押さえて拭き取ります。

毛穴を塞がないようにする

ニキビを隠そうとして、ベースメイクを厚塗りするのは禁物です。摩擦による刺激や、毛穴が塞がれることで、ニキビが悪化してしまうことがあります。ファンデーションは落としやすいタイプを選び、何度も重ね塗りをせず、ナチュラルメイクを心がけましょう。

ニキビを刺激しないようにする

ニキビができたときは、気になるからといって、手で触ったりつぶしたりするのはNGです。肌にダメージを与えてしまうので、極力触らないようにしてください。マスクやマフラーなど、肌への摩擦の原因になるものは着用を避けましょう。

生活習慣を改善する

不規則な生活や偏った食生活は、ニキビに悪影響を及ぼします。夜更かしを避けて早寝早起きを習慣化し、良質な睡眠を確保しましょう。また、毎日の食事はニキビ改善の重要な要素です。いろいろな食べ物をバランスよく食べて、美肌づくりに欠かせないたんぱく質やビタミン、ミネラルなどをしっかり補うよう意識してください。ストレスもニキビの原因になるので、自分なりのストレス発散法を見つけておくといいでしょう。

ニキビ肌に適したスキンケアの手順

ニキビ肌のスキンケアは、今あるニキビの悪化を防ぐとともに、新しいニキビができにくい肌に整えることが大切です。ノンコメドジェニックテスト済のニキビ専用商品を使うことをおすすめします。ノンコメドジェニックテストとは、ニキビの初期段階であるコメドが生じにくい処方がされているかどうかを判定する試験のことです。

ニキビができたときは、殺菌・消炎作用の高い有効成分サリチル酸が配合されているものや、古い角質を除去し、毛穴詰まりを防ぐフルーツ酸が配合されているものなど、ニキビへの有効成分が入った商品を選ぶといいでしょう。化粧品に含まれる油分がニキビを悪化させる場合もあるので、オイルフリーで刺激の少ないタイプがおすすめです。

洗顔

朝晩の2回、清潔な手で行います。クレンジングでメイクを落とした後に、洗顔料をよく泡立て、包み込むように丁寧に洗いましょう。1分ほどを目安に洗い終わったら、ぬるま湯でやさしくすすぎ、清潔なタオルで軽く押さえます。

保湿

洗顔後の肌に、浸透力のある化粧品を適量使用します。まずは、化粧水・ローションでたっぷり水分を補い、それから乳液やジェル、クリームを使って保湿成分を閉じ込めましょう。肌に負荷を与えないように、やさしくなじませるのがポイントです。

ニキビの悪化予防にはプロアクティブのスマートセット

ニキビ肌でお悩みの方におすすめなのが、プロアクティブのスマートセットです。洗顔料・美容液・保湿クリームのシンプルな3つのケアで、ニキビの悪化を防ぎます。

薬用洗顔料:スキン スムージング クレンザー

肌にやさしいソフトスクラブが、余分な皮脂や汚れをすっきりオフします。殺菌・消炎作用の高い有効成分サリチル酸配合で、ニキビができにくい健やかな肌へと導きます。アレルギーテスト済。

薬用美容液:ポアターゲティング トリートメント

毛穴をひきしめ、なめらかで透明感のある肌を育む薬用美容液です。有効成分を毛穴の奥まで届ける、スマートターゲット™テクノロジーを採用。植物由来の保湿成分配合で、うるおいのある肌に整えます。ニキビ肌・敏感肌をはじめ、すべての肌タイプに適しています。

薬用ジェル状クリーム:スキンコンディショニング セラム

肌荒れやニキビを予防する、保湿効果の高いジェルタイプのクリーム。消炎作用が期待できる有効成分グリチルリチン酸ジカリウム配合で、ニキビを防ぎ、肌の内側からふっくらと押し上げるようなハリ感をもたらします。センシティブなニキビ肌に配慮したオイルフリー処方。

正しいケアでニキビの悪化を防ごう

ニキビを悪化させると、炎症がひどくなり、跡が残ることがあります。ニキビを予防し、悪化させないためには、毎日の生活習慣を見直し、ニキビ肌に適したスキンケアを行うことが大切です。なるべく肌に負担をかけないシンプルなケアで、肌本来の力を取り戻しましょう。

あわせて読みたい

Proactiv + Movie

ニキビの真実

top