menu phone電話でご注文 ご注文はこちら
 
ストレスでできたニキビのケアと予防

ストレスでできたニキビのケアと予防

なぜストレスでニキビができるのか?

ストレス

なぜストレスでニキビができてしまうのでしょうか。
ストレスは生活習慣病をはじめ、あらゆる病気に関係していると言われるほど、実は恐ろしいものです。血液検査などで判明するデータと違い、人のストレス量は測れないからこそ厄介です。

ストレスが溜まると、それにどうにか堪えようと抵抗力や防御作用が優勢に働いてしまい、人の体は本来持つ正常な働きができなくなります。機能が低下し、いつもとは異なる動きをしてしまうのです。そのため、ホルモンバランスが乱れたり、皮脂の分泌量をコントロールできなくなったり、ニキビができやすい状態を作り出します。

ニキビができたら自分をいたわる

ニキビはあなたの体や心が悲鳴を上げているというサインでもあるのです。
ストレス量は測ることができませんが、顔にポツンとニキビを見つけたら、ちょっと頑張りすぎているな、不安やプレッシャーを溜め込んでいるなと考えて、自分をいたわることを覚えましょう。

ストレスの解消が一番

ストレスニキビを予防するためには、不安やプレッシャーを溜め込まない心と体作りがポイントになります。

ストレスを溜め込みやすい人

何事にも一生懸命取り組んでしまう、真面目で一直線に進んでしまう、誰かに相談することができず一人で抱え込んでしまう、人に心配をかけたくないと思いやりの心が強い、何でも悲観的に考えてしまう、そんな人はストレスを溜め込みやすい体質です。

ストレスを溜めない人

逆に、多少の余裕を持って取り組める、失敗してもくよくよせず楽観的、頼るところは頼るなど役割分担ができる、人とのコミュニケーションが上手、そんな人は大変なことがあって頑張っていても比較的ストレスを溜め込みにくいのです。

性格を変えるというのは難しいことですが、なるべく悩みなどを抱え込み過ぎないようにしていきましょう。

ニキビができるほどストレスを溜め込む前に、上手に解消する手段を見出しておくことも大切です。
カラオケで思い切り歌う、スポーツをするなど心から楽しめる趣味を持つ、音楽や読書、ペットなどで癒されるなど、忙しい時間を割いても、心と体を休める時間を確保してください。
美味しい物を食べに行く、大好きなケーキを食べるなど、リフレッシュできることをするのが良いでしょう。

リズムのある生活習慣を心がけよう

ニキビを作らないためには、ストレスに強い体作りも大切です。
ストレス耐性を高めるためにも、規則正しい生活習慣と栄養バランスのいい食生活を心がけるようにしましょう。
人は朝日とともに起き、日が沈んだら休息するという生活リズムが一番良いとされています。一番はこの早寝早起きで十分な睡眠を取り、体も脳もしっかり休ませてあげて、嫌なことは寝て忘れるというのが良いわけです。

朝から晩まで働き詰め、仕事から帰った後も遅くまでゲームやネットをしている、というのはあまり良くありません。やりたいこと、やらなければならないことはたくさんあると思いますが、少しでも体と脳がホッと休まる生活リズムを確保してあげましょう。

食生活においては外食などで脂肪過多や糖質過多の偏った状態にならないよう配慮し、ビタミンやカルシウムなどのミネラルをしっかり摂るようにしてください。特にビタミンCやカルシウムは、心のイライラ防止に役立ちます。

スキンケアで気分を上げよう

ニキビケアの基本といえば、スキンケアです。
心の要因からくるニキビには、スキンケアでは対処できないと思っているのではないでしょうか。
日頃のスキンケアによる肌状態によって、精神状態がお疲れモードになった時のニキビのできやすさが違います。

ハーブなどを含んだスキンケアアイテムを使うと、心を癒しリラックス効果を得ながらニキビケアもできるので一石二鳥です。

ご注文はこちら

Copyright © Guthy-Renker Japan Co.,Ltd. All Rights Reserved.