menu phone電話でご注文 ご注文はこちら
腕ニキビの原因とケア
腕ニキビの原因とケア

腕ニキビの原因とケア

腕のニキビの原因は?

腕のニキビの原因は?

腕にニキビができることをご存知ですか。
ニキビができるのは顔というイメージが強いですが、背中や胸、腕などの場所にできることも少なくありません。腕ニキビは衣服で隠すことができてしまうので、人知れず悩んでいる方が多いニキビでもあります。中には顔にはできないのに、腕だけにポツポツとできるという方もいます。

腕のニキビはなぜできるのでしょうか。
顔のニキビは、肌が脂っぽく皮脂汚れが詰まってできるケースが多いのですが、腕の場合はお肌の乾燥や蒸れ、紫外線やストレスなどが原因となることが多くなります。

なぜ腕にニキビができるの?

乾燥

肌の乾燥が良くないのは、顔のニキビと同じです。肌が乾燥すると、代謝機能やバリア機能が低下して皮脂汚れの排出が滞り、アクネ菌が繁殖しやすくなります。お肌は本来適度な潤いを保つことで、新陳代謝を行い、肌を外気や紫外線、菌などから守る役割を果たしています。乾燥により潤いがなくなると正常な働きができなくなってしまうのです。

ターンオーバーが阻害されて古い角質が残り、汚れが溜まってくるとアクネ菌がそれをエサに喜んで活動を始めてしまいます。

蒸れ

腕は普段衣服に覆われているので、蒸れやすい部分です。
特に汗っかきの方や暑がりの方は気をつけなければなりません。夏場はもちろん、冬場でも知らず知らずの間に汗をかき、それが適切にケアされないと汗が毛穴に詰まったり、雑菌を繁殖させてしまったりすることがあります。

紫外線

蒸れないようにノースリーブで過ごせば良いと言うわけではありません。紫外線はお肌の大敵で、肌の乾燥を招いたり、肌のバリア機能を低下させたり、ニキビができやすい環境にしてしまいます。

ストレス

そして、ストレスにも気をつけましょう。
免疫力が低下すると腕に帯状疱疹が出る方がいますが、腕は意外にデリケートでストレスによる免疫力低下の影響が出やすく、ホルモンバランスが乱れた結果がニキビとしてあらわれる場所でもあります。

洗い過ぎずに優しく

腕ニキビの改善や予防に大切なのは、やはり清潔にすることです。
1日中、衣服に覆われているのできれいに見えていても、汗や皮脂汚れでべったりしています。1日何度も洗う必要はありませんが、1日1回はお風呂やシャワーで清潔にしましょう。と言っても、ゴシゴシ洗いは禁物です。

腕を触ってみると、他の部位に比べてもとても柔らかく意外にデリケートな場所なのが分かるでしょう。デリケート肌用のボディソープや薬用ソープを、泡立てネットを使ってモコモコに泡立て、泡で包み込むように洗ってください。肌に負担をかけることなく、泡が毛穴の奥まで吸着して汚れを落としてくれます。

また、洗った後はシャワーでしっかり洗い流すことも重要です。洗浄成分が残っていると、それが毛穴に詰まってしまい、アクネ菌のエサとなってしまいます。

保湿もしっかり

お風呂から上がったら、腕にもボディーローションや薬用クリームをつけてしっかり保湿してあげましょう。
乾燥を感じやすい顔や足は保湿するのに、腕は放っておいてしまう方が少なくありません。実は、このケア不足がニキビの原因になっているかもしれないのです。乾燥が気にならなくても、顔や足と同じようにケアしてあげましょう。顔も腕も全ての肌は1枚でつながっています。

下着や衣服、紫外線にも気をつけて

腕は夏場以外、常に下着や衣服に覆われています。そのため、下着を常に清潔に保つことはもちろん、蒸れを防ぐ通気性の良い素材の着用をおすすめします。

半袖や長袖の下着など腕に触れるものについては、お風呂上りに新しいものに着替えるだけでなく、朝起きたときにも交換するとなお良いでしょう。寝ている間でもたっぷりと汗をかいていますので、清潔に保つための工夫が必要だからです。

衣服素材

ブラウスやTシャツなどの衣服に関しても、通気性が良く、アレルギーなどが起きにくい天然素材のものを選ぶと良いでしょう。オーガニックコットンなど、化学繊維以外のものがおすすめです。

紫外線対策

春から夏にかけては紫外線対策も大切になります。肌を露出せず、なるべく長袖を着るなどして、直接紫外線を浴びることを避けましょう。

半袖やノースリーブを着るときや海やプールで水着を着るときは、日焼け止めを塗るようにしましょう。その際も、成分が強い日焼け止めはニキビを招いてしまったり悪化させてしまったりするため、ベビー用の日焼け止めなど肌に優しいアイテムをおすすめします。

ご注文はこちら

Copyright (c) The Proactiv Company KK. All rights reserved.