menu phone電話でご注文 ご注文はこちら
髪の生え際や頭皮ニキビの原因とケア
髪の生え際や頭皮ニキビの原因とケア

髪の生え際や頭皮ニキビの原因とケア

過剰な皮脂が原因

髪の生え際ニキビの原因は?

ニキビの好発部位と呼ばれる場所はいくつかありますが、頭皮や生え際にできる頭ニキビもその1つです。
頭皮にできるニキビは髪の毛に隠れているため気づきにくいですが、実は多くの方にできてしまう場所です。頭部や生え際にできるニキビの原因についてですが、他の部位のニキビと同様に過剰な皮脂が一番です。ホルモンバランスの崩れなどから過剰に分泌された皮脂が毛穴の中に溜まり、そこに汗や汚れが混ざって細菌が繁殖することで湿疹や炎症を引き起こしてニキビができます。

もともと頭部は皮脂の分泌が盛んな部位であることに加え、髪の毛が密集している場所ということで汗をかきやすかったり、通気性がよくなかったりして雑菌が繁殖しやすい場所でもあるのでアクネ菌が増えやすい性質があります。
このような理由から頭ニキビができやすいのです。

まちがった洗髪法が原因

シャンプーの方法が正しくないために頭にニキビができてしまっている人も多く見られます。
頭皮はデリケートなので刺激に弱く、肌が荒れやすい性質があります。髪の毛に覆われているのでついつい雑に扱ってしまいがちですが、その刺激が頭ニキビの原因となっているのです。

シャンプーについて

たとえば髪の毛を洗うときにはシャンプーを使いますが、シャンプーの中には石油系の合成界面活性剤を使ったものが見られます。合成界面活性剤は洗浄力が強く製造コストが安いため、市販のシャンプーではほとんどの商品に配合されています。しかし、合成界面活性剤は洗浄力が強すぎるため頭皮にとっては負担が大きく、炎症を起こしてしまうことがあります。
また、強い洗浄力が故に必要な皮脂まで洗い流してしまうため、頭皮の乾燥を引き起こしてニキビができてしまうこともあります。

シャンプーやリンス、トリートメントを使用した後のすすぎが不十分なこともニキビの原因となります。シャンプーなどの成分が残っているとそれ自体が毛穴に詰まってしまってアクネ菌の繁殖を促すことにつながります。成分が残らないようにしっかりとすすぎを行うようにしましょう。

シャンプー後のケア

シャンプー後のブラッシングやドライヤーによる乾燥も頭ニキビの原因となることがあります。
髪の毛を早く乾かそうとドライヤーの熱を長時間にわたって当てていると頭皮が乾燥して傷んでしまいますし、過度なブラッシングによって皮膚が傷ついてしまいニキビの原因となることがあります。

生活習慣などが原因

頭皮にできるニキビは何気ない生活習慣が原因となっていることもあります。

帽子

たとえば普段から帽子を習慣的にかぶっている人がいますが、通気性の悪い帽子をかぶることで汗をかきやすくなります。しかも、その汗が乾燥せずにいつも蒸れている状態となってしまうので、皮膚が荒れてしまう原因になるのです。

寝具

寝具、特に枕カバーをあまり洗濯しないという人がいますが、これもニキビの原因となります。
人は寝ている間に想像以上に汗をかいています。枕カバーに吸収された汗の部分に雑菌が繁殖し、それが頭皮に付着することによってニキビの原因となることがあります。

頭皮にニキビができてしまった時の対処法

頭にニキビができてしまった場合には過剰な皮脂を取り除くことが重要なポイントになります。

湯シャンに挑戦する

正しい洗髪を心がけて、皮脂の量をコントロールしましょう。
シャンプーについてでも触れましたが、市販のシャンプーの多くは界面活性剤が配合されているため、刺激が強すぎることがあります。できれば洗い上がりの優しいアミノ酸系のシャンプーを使うと良いでしょう。

あえてシャンプーを使わずに「湯シャン」だけでも十分な効果が期待できます。「湯シャン」とは、シャンプーやトリートメントなどを使用せず、水またはぬるいお湯のみで髪や皮脂汚れを落とす洗い方です。

食生活の改善

皮脂の分泌量は食生活の乱れが原因となる場合が多いので、肉食の多い人は野菜を積極的に摂ることを心がけるようにすると皮脂を抑えることができます。

ホルモンバランスを整える

過度のストレスはホルモンのバランスを崩す原因となるので、適度な運動を生活の中に取り入れるなどしてホルモンのバランスを整えることも大切です。女性の場合には生理や妊娠の影響でホルモンバランスが崩れることがあります。この場合は、体内で女性ホルモンと同じような働きをするイソフラボンを摂取することで症状が緩和できることがあります。イソフラボンが豊富に含まれる豆腐や納豆、豆乳といった大豆製品を積極的に摂取することを心がけましょう。皮脂の抑制以外では頭皮への刺激を最小限に抑えることも大切です。

また、パーマやカラーリングは頭皮へのダメージが非常に大きいので、ニキビが改善するまでは避けるようにすると良いでしょう。またブラッシングの際に使用するブラシを柔らかい素材のものに変えたり、ドライヤーの使用時間を最小限にするのも良いでしょう。

ご注文はこちら

Copyright © Guthy-Renker Japan Co.,Ltd. All Rights Reserved.