menu phone電話でご注文 ご注文はこちら
顎(あご)ニキビの原因とケア
顎(あご)ニキビの原因とケア

顎(あご)ニキビの原因とケア

繰り返しできる顎ニキビの複雑な原因

顎(あご)ニキビの複雑な原因

同じ場所に何度も繰り返しできたり、赤く腫れて痛くなったりする顎(あご)ニキビは、他の場所にできるニキビよりも治りにくく悩んでいる方も多いのではないでしょうか。

大人ニキビのなかでも、顎(あご)にできるニキビには他のニキビとは違う大きな特徴があります。それは、原因が体の中にあることが多く、外側のケアだけではほとんど効果が得られないということです。
しかも、いくつかの要因が複雑に絡み合って顎(あご)ニキビとしてあらわれることがほとんどで、簡単には原因を特定できません。そのため適切な対処ができず、何度も繰り返し再発させてしまうのです。
ここでは、顎(あご)ニキビの原因を挙げていきますので、その対策についてチェックしてください。

一番の原因はホルモンバランスの乱れ

顎(あご)ニキビにもっとも多い原因は、過剰なストレスや生活習慣の乱れによって、ホルモンバランスが崩れるということにあります。男性ホルモンには皮脂の分泌を促進させる作用があり、さらに角質細胞内にある天然保湿因子を減少させ、肌のバリア機能を低下させる作用もあるのです。

女性の体も男性ホルモンが少量分泌されていますが、普段は肌を美しく保つ女性ホルモンが優位にあるので問題ありません。ですが、ストレスが溜まったり睡眠不足が続いたりすると、ホルモンバランスが崩れて男性ホルモンが優位になってしまうのです。つまり、ストレスや不規則な生活によって顎(あご)ニキビができている人は、それらの原因を取り除く必要があります。

ストレス対策

ストレス対策には、まずその原因を取り除くか、買い物やマッサージ、友人と楽しく過ごすなどのストレス解消を行う、もしくはストレスを緩和するビタミンCを積極的に摂るなどの方法があります。ビタミンCはコラーゲンの生成や抗酸化作用もあるので、サプリメントなどで取るようにしましょう。

また、睡眠は肌のターンオーバーにも深く関わってきますので、1日の時間の使い方などを見直して十分な睡眠を取り、できる限り睡眠リズムを整えることが大切です。

現代人が陥りやすい食生活の質の低下

顎(あご)ニキビになりやすい二つ目の原因としては、食生活の乱れが挙げられます。
顎(あご)は、本来皮脂の分泌が少ない部分なのですが、毎日脂っこい食事やクリームたっぷりのお菓子などを食べていると、それだけ皮脂の分泌も増えてしまいます。糖質や食品添加物もニキビに繋がるので、甘いものが大好きな女性は要注意です。

過度なダイエットや偏食はNG

また、極端なダイエットで食べる量が少ない人や、偏食によって食物繊維やビタミン、ミネラルが足りないと、便秘や冷え性に繋がります。便秘が続くと体の中に老廃物が溜まっていき、ビタミンなどの肌を再生する栄養素も足りなくなってしまうため、体内環境の影響が現れやすい顎(あご)まわりのニキビが増えてしまうのです。

これらを改善するためには、1日3食バランスのいい食事を摂るのが理想的ですが、急に変えようと思ってもなかなかできません。そんな時は、外食ではヘルシーな和食を選び、自宅ではおかずにサラダを一つ足したり、サプリメントや健康食品を取り入れるなど工夫しましょう。

スキンケア方法の間違い

次の顎(あご)ニキビの原因は、スキンケア方法の問題です。
ベタつくことを嫌って、1日に何度も洗顔フォームや石鹸を使って顔を洗っている方も多いのではないでしょうか。
皮脂は本来肌の水分が蒸発するのを防ぐために分泌されているので、洗顔をし過ぎて皮脂が足りなくなると乾燥肌になるだけでなく、肌のバリア機能を保つためにさらに多くの皮脂を分泌しようとします。先ほども書いたように顎(あご)は元々皮脂の分泌が少ない部分です。Tゾーンなどの皮脂をしっかり落とそうとすると、顎(あご)周辺の肌の乾燥が進んでしまいます。その上、皮脂の分泌が促進されるので、毛穴が詰まって顎(あご)ニキビに繋がってしまうのです。

拭き取り洗顔

乾燥が原因でニキビができてしまう場合は、洗い過ぎが原因になっている場合があるため、洗顔ではなく、拭くだけで済ませることで、乾燥が原因のニキビを防ぐことができます。
拭き取る際はタオルでゴシゴシ拭くのではなく、コットンを使用するようにしましょう。コットンに化粧水を適量染み込ませ、優しく丁寧に拭き取るようにします。この時、自分の肌に合う拭き取り用の化粧水を使って拭き取るようにすることで、肌への負担を減らすことができます。

また、拭き取り前に蒸しタオルを乗せ、毛穴を開いておくことでさらに効果的になります。
水で濡らしたタオルをレンジで1分程(500〜600w)温め、適温に冷ました状態で顔に乗せます。血行がよくなると同時に毛穴が開き、毛穴に詰まった皮脂を拭き取りやすくしてくれます。

肌別のニキビケアの記事を見る >>

女性と男性では原因が違うことも

顎(あご)ニキビの原因は、性別によっても変わってきます。

男性の原因

男性特有のものとしては、髭剃りによる肌トラブルが多いのではないでしょうか。
髭が濃い方や伸びるのが早い方だと、青髭が嫌で深剃りしようとし、顎(あご)まわりの角質を削って肌を傷つけてしまうことがあります。肌を傷つけにくい電気シェーバーを使い、雑菌が繁殖しないように毎回しっかり洗うこと、切れ味を保つために刃は定期的に新しいものに替えること、肌のすべりをよくするシェービングジェルを使うこと、髭を剃った後はしっかり保湿するなどの対策が効果的です。

女性の原因

一方、女性は毎月生理によってホルモンバランスが変化するため、生理前に顎(あご)ニキビができやすくなります。顎(あご)ニキビは複数の原因が重なって起こることが多く、解決方法もそれぞれ違ってきますから、じっくり原因を見極めて対処しましょう。

ご注文はこちら

Copyright © Guthy-Renker Japan Co.,Ltd. All Rights Reserved.