menu phone電話でご注文 ご注文はこちら
おしりニキビの原因とケア
おしりニキビの原因とケア

おしりニキビの原因とケア

おしりニキビができやすい人

ニキビができやすいおしりとは?

おしりにニキビなんてできるの!?と驚かれる方もいるかもしれませんが、おしりニキビで悩んでいる人は意外に多いのです。

思春期の時期に顔や背中にニキビができている場合は、おしりにもニキビができてしまうケースが少なくありません。また、おしりが蒸れやすいパンツスタイルで生活する男性にも多く見られるニキビです。女性も体型補正のためにガードルなど、きつめの下着を身につける方はおしりニキビになりやすい傾向にあるようです。

1日中座りっぱなしの受験生やオフィスワーカーなども、おしりが蒸れて血行が悪くなり、ニキビができやすくなることもあるので注意しなければなりません。

清潔が一番、シャワーやお風呂できれいに

おしりニキビを防ぐには、やはり清潔にすることが一番です。
汗をかいて新陳代謝を促すことは、ニキビ予防には大切なことです。汗をかくことは良いのですが、問題なのは汗をかいたままにしておくことや、十分に洗わず皮脂汚れを残したままにしておくことなのです。
シャワーやお風呂で汗を洗い流すとともに、ボディソープや石鹸を使って優しく丁寧に汚れを洗い流してください。

ニキビが気になるからと洗浄成分が強い洗浄剤を使うのは、あまりおすすめできません。逆にお肌に刺激を与えてニキビを悪化させたり、お肌の乾燥を招いてしまったりして脂をよりいっそう出してしまうリスクがあるからです。

すでにニキビができてしまっていても予防の場合でも、ニキビ用の薬用ソープなどを使って手で優しくこすり、洗い残しがないようシャワーでしっかりと流しましょう。石鹸カスが毛穴に残ることも、ニキビの原因となるからです。
衛生状態を保つため、最後の仕上げはシャワーが良いのですが、湯船にもつかるようにしてください。湯船につかって温まることで血流が促され、アクネ菌のエサとなる老廃物を押し出す効果が期待できます。

清潔が一番、下着の素材にも気をつけましょう

おしりニキビで気をつけたいのが下着とボトムスです。
ピッタリした通気性の悪いものを身につけると、おしりが蒸れてアクネ菌が働きやすくなってしまいます。
特に肌が弱い方や敏感肌の方は、木綿などの天然素材の下着が良いかもしれません。女性の場合、締め付けの大きいガードルや補正下着をつけることがあるかもしれませんが、長期的な使用は避けた方が良いでしょう。
また、寝ている間にはコップ1杯分以上の汗をかいていますので、下着にも皮脂がつき蒸れてしまっています。特に汗をかいたな、と感じた朝はシャワーを浴び、下着を替えることをおすすめします。

部活動やスポーツをされている方も、できれば運動後には下着を替える習慣をつけ、替えの下着を持っていきましょう。

血行促進のため適度に運動やマッサージを

ずっと座りっぱなしや立ちっぱなしで仕事をしている方や、机に向かって勉強を頑張る学生さん、冷え症で血液の巡りが悪い方などは、おしりがうっ血して血の巡りが悪くなり、ニキビができやすく、治りにくくなります。

血液は老廃物を排出したり、新鮮な栄養素を細胞の隅々に送り込んだりして新しい細胞を再生する働きがあります。この流れが滞ると皮膚の新陳代謝も滞り、ニキビ跡(痕)が残ってしまったり、色素沈着が残ってしまったりする恐れがあります。

座っている時間が長いと、気をつけていてもおしりのニキビは潰れてしまい、跡(痕)が残りやすいリスクをはらんでいます。それを避けるためにも、座りっぱなしにならないよう適度に運動する、軽くおしりのまわりをマッサージする、お風呂に入って温まり血行促進をはかるなど対応を行いましょう。

ご注文はこちら

Copyright (c) The Proactiv Company KK. All rights reserved.