menu phone電話でご注文 ご注文はこちら
胸ニキビの原因とケア
胸ニキビの原因とケア

胸ニキビの原因とケア

胸

実は胸にできるニキビは、背中のニキビに次いでお悩みの多い体のニキビ。
胸元は汗をかきやすく、皮脂分泌も多いことからニキビができやすい場所なのです。夏などは特に服の内側が蒸れて困っている人も多いのではないでしょうか?

もし本来ニキビのできやすい10代の頃にはニキビがなかったのに、大人になってからニキビができやすくなったということであれば、皮脂分泌以外の原因が考えられます。
その原因として考えられるのは、ストレスや生活習慣の乱れによりホルモンバランスが崩れてしまう内的要因や、シャンプーや化粧品、服の繊維などによる外的要因が挙げられます。それらの要因によって肌の角質層がダメージを受けると、肌は自分自身を守ろうと厚くなろうとします。すると毛穴が塞がれて皮脂がつまり、炎症を起こしてしまうのです。
ここで、胸のニキビにつながる要因を具体的に挙げていきます。

胸ニキビにつながる要因

(1)ストレスや生活習慣の乱れ

社会人になってからストレスが増えたり、睡眠時間や食事の内容なども乱れがちになっていたりしませんか?私たちの体は取り入れたものからできています。栄養バランスが崩れるとやはりニキビはできやすくなります。また、睡眠不足も肌の大敵。睡眠中には本来肌のターンオーバーを促す成長ホルモンが分泌されるので、睡眠時間が少なくなることで、ターンオーバーに支障をきたします。

(2)下着や洋服の繊維

女性であれば特に大人になって、洋服や下着のお洒落にこだわるようになってからニキビがという方もいたりするのではないでしょうか?女性が身に着けるレースやプリントの洋服や下着は、高級品でない限りはレース部分だけでなく本体にも化学繊維が使われています。化学繊維は通気性が悪く、汗なども吸着してくれません。そのため、皮膚の汚れがとどまりやすく、皮膚への刺激も大きくなってしまうのです。

(3)ケア用品

シャンプーやトリートメント、ボディーソープはどうでしょうか。香りにひかれて、洗浄成分が今一つだったり、逆に強すぎたり、シリコンが多用されていたりするものをつかってはいませんか?肌に合わないものを使用していると、肌が傷んで角質層が厚くなり、やはり胸ニキビの原因となります。
また、髪の毛が長い人は注意したいのが、髪が胸に触れること。シャンプーやトリートメントはちゃんとすすいでいても、アウトバストリートメントやスタイリング剤が付いた髪の毛が胸に触れ、髪の毛の刺激や余分な成分が付着することで、ニキビの原因になることもあります。胸元の空いた洋服を着るときは、髪をアップにするなど対策をしてみてはいかがでしょうか。

胸ニキビの対処法・予防法

基本的な対処法は顔ニキビと一緒。適切なケアと、場合によってはターンオーバーを促すピーリング、そして、保湿です。シャワーの時には洗った石鹸だけでなくシャンプーやトリートメントを流すときにも付着しやすい部分。洗い残しがないようしっかりと流すだけでもニキビの症状が軽減することがあります。

(1)洗い方に気をつける

シャワー

毛穴に汚れが詰まってしまっている状態といっても洗い過ぎは厳禁。ニキビができている箇所は炎症をおこしているのですから、こするような刺激はマイナス。かえって角質層を厚くさせてしまいますよ。消炎作用と清浄作用のある洗浄料で優しく洗いあげることがポイント。また、洗う際には髪のケアを最初に行い、体は最後に洗うことで、シャンプーなどのすすぎ残しが肌に付着することを防ぐことができます。できればニキビのできている場所は最後に洗いたいものです。

(2)肌に触れるものに気をつかう

洋服選び

胸は下着や洋服がつねに擦れる部分です。肌に触れる部分は綿やシルクなどの天然素材もしくは化学繊維であっても、吸湿性や通気性、保湿性に優れた繊維をお勧めします。

また、素材や清潔にこだわった洋服や下着を身に着けているのに胸ニキビに悩まされている人は、洋服の洗剤の成分が合わないのかもしれません。使いすぎを控えたり、こちらも天然の清浄成分のものに変更してみるのも良いでしょう。

(3)食事やストレス対策

ストレス

肌荒れの原因は食生活の乱れも大きな要因の一つ。野菜や魚、豆類をしっかりととって、バランスのとれた食生活を心がけて下さい。また、毛穴の活性酸素を抑え、皮脂の分泌と酸化を抑えるとビタミンCをはじめとしたビタミン類は欠かさず取りたいものです。

ストレスをなるべく解消できるような方法を見つけることも心がけたいもの。意識していなくても体や心はストレスを感じています。ぬるめのお湯にゆっくりとつかるのも、毛穴の汚れも落とせ、体もリラックスできるのでおすすめです。

胸ニキビに似たマラセチア毛包炎

胸にできるできものとして、見た目がニキビに似た「マラセチア毛包炎」という症状があります。通常、ニキビの原因となる菌はアクネ菌ですが、マラセチア毛包炎の原因菌はマラセチア菌とされています。マラセチア菌は湿気と皮脂を好み、汗を多くかいたときなどに繁殖しやすくなるので、胸ニキビの発生要因と似たところもあるのが特徴です。

マラセチア毛包炎の場合はニキビと違い、皮膚科の専用の治療薬を使うのが改善の近道です。胸に細かいブツブツができて、なかなか治らない場合はマラセチア毛包炎の疑いがあるので、皮膚科で診療することをおすすめします。

ご注文はこちら

Copyright (c) The Proactiv Company KK. All rights reserved.