menu phone電話でご注文 ご注文はこちら
 
夏にできるニキビの原因と対策

夏にできるニキビの原因と対策

夏にできるニキビの原因と対策

高温多湿な日本の夏は、ニキビができやすい季節とも言われています。太陽がギラギラと照りつける夏場は、紫外線が強く日焼けもこわいですね。この「紫外線」は、日焼けやシミ、シワなどの原因になるだけでなく、ニキビにも悪影響を及ぼします。さらに、紫外線により「ニキビ跡」も悪化しやすいので気をつけましょう。

ニキビの大敵。夏の紫外線量は冬の5倍!

紫外線の中で肌に影響を与えるのは、主に「UVA波」と「UVB波」です。夏のUVA波は冬のおよそ2.5倍、UVB波はなんと5倍近くもあります。紫外線量は時間や天候、場所によって変動しますが、晴れた日の10時から14時が最も紫外線量が多い時間帯と言われており、特に高所(山など)や海などの水面も紫外線が強いので気を付けたいですね。UVA波、UVB波の肌への影響は以下のようなものがあります。

■UVA波の特徴
真皮まで深く到達してしまうため、肌にジワジワと影響して老化を早めてしまいます。シワやたるみなどを引き起こし、肌の乾燥の原因になります。

■UVB波の特徴
日焼けやシミの原因になります。肌へすぐ影響を及ぼし、シミやそばかす、くすみなどの色素沈着の元となります。

紫外線とニキビの関係

紫外線の影響によりニキビが悪化したり、ニキビ跡になってしまうことは十分にあります。紫外線によるニキビへの影響は以下の通り。

肌の乾燥からニキビに

紫外線を浴びることで、肌のバリア機能が低下し肌は乾燥気味に。肌の乾燥は肌をゴワゴワと厚くし、毛穴が詰まりやすくなってしまいます。これによりニキビができるだけでなく、ニキビが治りにくい肌になる危険もあります。

ニキビ跡の原因に

ニキビが治った時に、肌に赤みや茶色のくすみのような色素沈着が残ることがあります。これを「ニキビ跡」と呼びます。ひどくなると凹凸のあるクレーターになってしまうこともあるので怖いですね。

紫外線の中でシミやそばかすの原因になるのがUVB波です。UVB波は、色素沈着の残るニキビ跡をつくり、シミをつくってしまうことがあります。ニキビ跡のある場所は非常にデリケート。紫外線を浴びると、紫外線の刺激から肌を守るためメラニンをつくってしまい、それがのちにシミとなって肌に残ってしまうのです。

クレーターの原因に

凹凸のあるニキビ跡(クレーター)は真皮層までダメージが進んだニキビ跡のこと。ふつうのケアでは治すのが難しいです。紫外線に含まれるUVA波は真皮層まで到達しやすく、肌の深いところまでダメージを与えてしまいます。炎症がひどかったニキビはクレーターになりやすいので、ニキビが治ったあともケアが必要です。クレーターを防ぐには、ニキビを悪化させないことだけでなく、紫外線対策を行う必要があります。

UVケアをしっかりと

紫外線はニキビだけでなく、ニキビ跡にも悪いので、しっかりと紫外線対策をすることが大切です。

日焼け止めで紫外線から肌をガード

日焼け止めには、「SPF」と「PA」の数値が書かれていますね。SPFは色素沈着タイプのニキビ跡、PAは乾燥ニキビやクレーターを防ぐ効果が期待できます。

SPFとPAは数値が高い方が紫外線をカットする効果が高まりますが、数値が高いほど肌に負担をかけてしまうとも言われています。ニキビやニキビ跡がある場合、肌はとてもデリケートになっているので、できるだけ肌に負担のかからないやさしい日焼け止めを選ぶようにしましょう。

おすすめは、「紫外線散乱剤」が使用されている日焼け止めです。比較的肌にやさしく、長時間紫外線をブロックしてくれます。ただ、白浮きしやすい傾向があるので、見た目や使用感がイマイチなことも。

紫外線散乱剤のほかに、「紫外線吸収材」というものがあります。白浮きがなく、塗り心地がなめらかなものが多いのが特徴です。ただ、紫外線吸収材は紫外線を浴びると肌の上で変質するため、こまめに塗り直す必要があるだけでなく、肌に負担をかけやすいのがデメリット。ニキビがある場合は、できれば肌にやさしい紫外線散乱剤を選ぶと良いでしょう。

また、日傘や帽子を日焼け止めと兼用するといいですね。室内にいる時も、UVA波はガラスを通過してしまうので、軽めの日焼け止めをつける習慣をつけましょう。

他にもある!夏にニキビができる原因

皮脂や汗で雑菌が繁殖

夏は皮脂量が増えやすい季節です。皮脂量が増えれば毛穴も詰まりやすくなるのでニキビができる一因に。また、汗を大量にかきやすいため、皮脂と汗で肌はギトギトになりやすいですが、その状態を放っておくと雑菌が繁殖してしまいます。雑菌による刺激で、ニキビができやすくなるだけでなく、アクネ菌も繁殖しやすくなるので夏は肌を清潔に保つようにしましょう。

エアコンで肌が乾燥

夏は高温多湿ですが、室内はエアコンで快適な温度で保たれています。しかしこのエアコンが曲者。意外ですが、夏場の室内はとても乾燥しやすいのです。外は暑いからと室内にずっといると、エアコンのせいで乾燥ニキビの原因になってしまいます。

夏のニキビ対策

紫外線にさらされ、室内では肌の乾燥のダメージを受けやすい夏。汗や皮脂が過剰に出たり乾燥したりを繰り返すことで、角質が剥がれやすくなっています。 必要以上に角質が剥がれてしまうことで、まだ完成されていない肌がむき出しになり、肌のヒリヒリや痒み、乾燥を招き、よりニキビができやすい状態となるのです。

これを防ぐには、保湿をしっかり行うことが大切です。特に夜のケアは重要で、多忙になると夜に体を洗わず、朝起きてからシャワーを浴びてスキンケアをするという方もいらっしゃいますが、肌が汚れた状態のまま一晩過ごすと肌のダメージがより蓄積されるばかりか、肌のターンオーバーを滞らせることになります。

昼間に受けたさまざまな刺激から肌を回復させるためにも、夜に保湿ケアを徹底するのがより効果的です。

ご注文はこちら

Copyright © Guthy-Renker Japan Co.,Ltd. All Rights Reserved.