menu phone電話でご注文 ご注文はこちら
ニキビの原因と種類別のケア
ニキビの原因と種類別のケア

ニキビの原因と種類別のケア

ニキビには、白ニキビ、黒ニキビ、丘疹、膿疱(黄色ニキビ)などの状態があります。肌をきれいにしたいだけなのに、なんで?と思いますよね。でも、ニキビを予防するもっともいい方法は、正しい知識を得ることなのです。

白ニキビの原因とケア

ニキビの初期段階と言われる白ニキビ。進行する前にホームケアで治してしまいましょう。

黒ニキビの原因とケア

古い角質が酸化して黒く変色したものが黒ニキビ。比較的初期段階の黒ニキビはホームケアでの対策も可能です。

赤ニキビの原因とケア

赤ニキビの大きな原因は皮脂の過剰分泌だと言われています。過度な刺激はNGなので、正しいケア方法を確認しましょう。

黄ニキビの原因とケア

黄色ニキビはニキビが悪化して化膿し黄色い膿が出た状態。黄ニキビの自己流ケアは危険なので、正しいケア方法を行いましょう。

紫ニキビの原因とケア

紫ニキビはニキビの中でも、跡になりやすい深刻なニキビ。体の中の老廃物を排出させることが紫ニキビの改善への近道です。

白ニキビとは?

白ニキビ

ドラマや映画ではニキビがある人はいませんが、それは夢の世界だから。ニキビは、誰にでもできます。そして白ニキビは、最も起こりやすいタイプのニキビです。これは、肌の自然な働きの一部でもあるのですが、できればパスしたい…ですよね。白ニキビが何かを理解しておくことは、ニキビ退治の早道にもなります。

医療機関では、白ニキビは“閉じたニキビ”といわれています。肌に白く小さい吹き出物のように現れるのが典型例。

黒ニキビとは?

黒ニキビ

想像してみてください。もし、周りにいる友達のお肌がキレイなのに、あなたのTゾーンが黒ニキビだらけだったら…?「なんで、自分だけ?」と思っちゃいますよね。ニキビはみんなにできるもの。黒ニキビを好きになって、といっている訳じゃありません。それがなぜできるのか?を理解することは、ニキビ退治の第一歩なのです。

黒ニキビとは、何なのでしょう?

黒ニキビは、毛穴が詰まって皮脂がたまり、それが肌表面に押し出された時にできます。専門的には“開いたニキビ”とよばれ、お肌が余分な皮脂を出し過ぎた時に発生するのが典型例。皮脂が外気に触れると黒く変色するので、黒ニキビというわけです。場合によって、黄色く変色することもあります。もともとは皮脂なので、人が思うほど汚いものではないんですね。

とくに、思春期を真っ最中か、過ぎた頃なら、黒ニキビが多くできているはず。というのも、体は思春期になると、大量のホルモンを分泌しているからです。そして、生み出されたホルモンが皮脂腺を刺激すると、余分な皮脂まで出てしまう。これは体にとって自然なことではあるものの、黒ニキビができるのはやっぱり、困っちゃいます。

黒ニキビができる理由は他にもあります。肌が清潔でなかったら、死んだ肌細胞が毛穴の中にたまり、毛穴を詰まらせてしまいます。油分の多い化粧品やクリームが、黒ニキビの原因になることも。外的環境や湿気、職場環境なども、黒ニキビを発生させることがあるので、注意が必要です。

もう1つ、覚えておいてほしいことがあります。「ゴシゴシ洗っているのに、なんで黒ニキビができるんだろう?」と思ったことはないでしょうか? 皮脂腺は、適度に皮脂を分泌しているのが自然な状態。過度のスクラブ洗顔などで刺激を与えすぎると、お肌は取られすぎた皮脂を埋め合わせようとしてさらに皮脂を分泌し、黒ニキビができてしまうのです。だから洗顔の時はこすらず、優しく洗うように心がけてくださいね。

丘疹(きゅうしん)とは?

丘疹とは三角錐のように盛り上がった、小さなピンク色のニキビのこと。炎症になってしった白ニキビの特別な名前です。他のニキビと違って、触っても柔らかいのが特徴です。丘疹は膿んでいないので、破裂させたりつついたりせず、自然に治るのを待ちましょう。無理にかき出そうとすると、重度の炎症を起こしたり、一生の傷となってしまうこともあります。

しょうりゅうとほうのう

しょうりゅうとよばれるニキビは肌の広い範囲に現れ、とても痛いのが特徴です。これは、白ニキビや黒ニキビの中身が、周辺の組織にまで広がることで発生します。体の免疫システムは、膿をつくることで対応するのですが、皮膚の奥深くに膿がたまると、重度の炎症を起こして、肌に大きなダメージを与えます。

他のニキビと違って、しょうりゅうが治るまでには数週間〜数ヵ月もかかります。これはしょうりゅうの中身が固まって、さらに重症のほうのうにまで至ってしまうため。しょうりゅうが必ずほうのうになるわけではないですが、重度のニキビであることは確かです。治療しないまま放っておくと、傷として残ることが多いので、皮膚科医の受診をお奨めします。

膿疱(のうほう)(黄色ニキビ)とは?

膿疱(のうほう)

しょうりゅうのように小さく、丸い病斑です。赤い部分の中に、黄色か白い膿がみえる状態。炎症を起こしているものの、膿疱は痛みがなく、バクテリアもあまり多くは含んでいません。血液中の遊離脂肪酸による刺激によると考えられますが、他の原因という説もあります。

仮に膿疱が飛び出しそうでも、絶対に押し出したり、つぶしたりしないでください。一生消えない傷になってしまいます。「これは膿疱かな?」という症状がみられたら、皮膚科医にお任せしましょう。

背中ニキビとは?

英語で「Back Acne」とよばれる背中ニキビは思春期の間にでき始めることが多く、20代前半まで大きくなったり、治ってもまたすぐできたり。とくに、若い時期にできやすい傾向があります。

背中ニキビはどうしたらいいのか?というと…。背中は面積が広く、そのぶん、皮脂の分泌も多い場所です。古くなった角質が毛穴に詰まると、皮脂がたまって炎症を起こし、背中ニキビになります。

汗をかいたり、スポーツなどで体が熱くなったり、洋服などでこすれたりしても、背中ニキビの引き金になります。熱を発散しにくいウェアで運動したり、タイトな洋服を着ていたり、リュックを背負うことが多い人は、背中ニキビができやすいでしょう。

背中ニキビは頑固で、そのまま放っておくと、人によってはほうのうに至ることもあるので、注意が必要です。ニキビケアのプロアクティブでは、薬用ボディソープ「クリアゾーン ボディウォッシュ」があるので、背中ニキビが気になる方はぜひ使ってみてください。

集蔟性ざ瘡とは?

聞き慣れない用語ですが、背中、お尻、胸、肩、上腕、太もも、そして顔にまでできることがある深刻なニキビです。この集蔟性ざ瘡は、膿の固まりである膿瘍(のうよう)と傷があるのが特徴。医学的にいうと、本質的にはしょうりゅうと膿瘍であるけれども、バクテリアの影響もあると考えられる症状です。すでにあったニキビが悪化した時や、肌の下に眠っていやニキビが突然出てきて集蔟性ざ瘡になっていくこともよくあります。

集蔟性ざ瘡は、女性よりも若い男性に影響を及ぼします。

医学的にも非常に重篤な症状なので、一刻も早く皮膚科医を訪ねてください。

ご注文はこちら

Copyright © Guthy-Renker Japan Co.,Ltd. All Rights Reserved.