menu phone電話でご注文 ご注文はこちら
紫ニキビの原因とケア
紫ニキビの原因とケア

紫ニキビの原因とケア

紫ニキビとは?

紫ニキビは医療用語では結節性ニキビとも呼ばれています。化膿した黄色ニキビなどと違い、痛みやかゆみはありません。ニキビに触れたときにゴリゴリとした感触を覚えるのが特徴で、デコボコして見た目が良いものではありません。盛り上がっている上、色合い的にも目立つため、女性はもちろん男性にとってもコンプレックスとなりやすい状態です。

紫ニキビの原因

炎症や化膿が繰り返すと皮膚の奥の方にまで炎症が進み、そこに膿や血液がたまった状態になります。すると、皮膚表面にしこり状の赤黒い大きな塊のようなニキビが盛り上がり紫ニキビとなります。皮膚の奥の方にある膿は通常ですと、ゆっくりと皮膚に吸収されていきますが、血の巡りが悪い場合に、膿や炎症がいつまでもそこに溜まってしまうことによって、紫ニキビとなるのです。
また紫ニキビは食生活の乱れや便秘、睡眠不足などの不規則な生活習慣や生理不順によるホルモンバランスの乱れ、ストレスや疲労など体内バランスの乱れが、新陳代謝の低下を促し、体の中の老廃物を排出しにくい環境を作ってしまうことも原因として上げられます。

紫ニキビを改善させるための日々のケア

紫ニキビを改善させるケアとは?

紫ニキビはニキビの中でも、跡(痕)に残りやすくとても深刻なニキビなので、悪化して肌に跡(痕)が残ってしまう前に体内環境を整えて皮膚が再生しやすい状態を作ることが大切です。
まず血液循環の改善と、体の中の老廃物を排出させることが紫ニキビの改善への近道となるのです。

1. 体を温める

紫ニキビの原因は血の巡りが悪いことや冷えからくるケースも多く、男性はなりにくく女性に起こりやすい特徴があります。特に冷え性の方や生理前などのホルモンバランスが不安定な時期に悪化しやすいのです。

そのため、紫ニキビのケアとしては体を温めること、冷やさないことが大切になります。かといって、サウナなど体に負担がかかることはおすすめしません。老廃物を出す効果は高いですが、紫ニキビがあるお肌には少し刺激が強すぎます。

40度程度のお風呂に20分以上ゆっくり入浴して体の芯から温めることや、半身浴がおすすめです。市販のヨモギエキスなどが配合された薬用入浴剤などをプラスして、体を芯から温め、老廃物を出してニキビの原因を取り去りましょう。

2. 便秘を解消する

腸内に長いこと便が溜まることによって、老廃物や毒素が体の中に蓄積されたままの状態が続いてしまいます。蓄積された毒素はそのまま吸収され血液などと混ざり、そのまま体を巡り、血液循環を悪くしてしまうのです。自律神経に悪影響を及ぼし、肌の再生に必要な新陳代謝を低下させてしまう原因となり、紫ニキビが治らない原因を作ってしまうのです。便秘を解消するには、普段から食物繊維や乳酸菌を多く摂取するようにしましょう。食物繊維は根菜やきのこ類、ひじきや昆布、わかめなどに多く含まれます。乳酸菌はヨーグルトなどの発酵食品に多く含まれます。また白米より、玄米の方が、ビタミンB群、鉄分、食物繊維が豊富に含まれているので便秘の解消を助けてくれます。サプリメントなどで補うことも良いですが、しっかりと食品から摂取する方がより吸収率が高いので、なるべく食事を心がけてバランスよく食べるようにしましょう。

3. 適度な運動をする

体を動かすことは、血液循環を良くし、発汗することにより老廃物を排出し新陳代謝をあげる効果があり肌の再生を助けます。忙しい毎日の中でも、階段を積極的に使用したり就寝前にストレッチをしたりすることを心がけましょう。また、ヨガなども冷え性を改善したり血の巡りを良くしたりする効果があるので、紫ニキビの改善へと繋がります。

紫ニキビを改善させるには、血の巡りを良くし、体の中の老廃物をうまく外に排出してあげることが大切です。それにより、皮膚の奥に溜まった炎症や膿も、体へと吸収しやすい環境を作れるのです。紫ニキビを治すには、まずは体内環境を改善させる日々のケアが不可欠なのです。

ご注文はこちら

Copyright (c) The Proactiv Company KK. All rights reserved.