menu phone電話でご注文 ご注文はこちら
 
ニキビについて

ニキビについて

ニキビができるメカニズムについて

ニキビができる原因の一つは過剰な皮脂の分泌にあります。
皮脂は毛穴の内部にある皮脂腺から分泌される物質で、私達の肌の表面に薄い膜を作っています。

肌が皮脂膜に覆われることで肌から水分が蒸発することを防いでみずみずしい肌を保つ役割を持っています。例えれば天然の保湿クリームと言うこともできます。
さらに、皮脂には抗菌作用もあります。
肌の表面には吹き出物の原因となるアクネ菌をはじめ、多くの常在菌が存在しています。
これらの常在菌は皮脂をエネルギーに変えて繁殖していますが、皮脂には細菌の繁殖を防ぐ脂肪酸も含まれているため、適度な皮脂のある肌では細菌は増え過ぎもせず減り過ぎもせず、一定の割合で存在しています。

ところが、何らかの理由によって皮脂が過剰に分泌されてしまうと、皮脂が毛穴につまり、アクネ菌がそれをエネルギーとして増殖してしまいます。
これによって肌のバランスが崩れてニキビを引き起こすのです。

年代別ニキビの原因と治し方 ニキビのできる場所別の原因とケア ニキビの原因と種類別のケア 肌質別の正しいニキビケアと予防 ニキビ跡のケア方法 化粧品におけるニキビケア(予防対策)のあれこれ ニキビに良い食べ物とニキビの原因になる食事 ニキビとは Q&A

ニキビの発生段階とケアの方法

ニキビには発生の段階によっていくつかの種類に分類することができます。
それぞれの段階によって必要なケアも違ってきますので、自分が今どの段階なのかをしっかりと認識することで適切なケアをすることができます。

白ニキビ

白ニキビ

第一段階は「コメド」と呼ばれるもので、過剰に分泌された皮脂が古い角質と混ざり合ってしまうことでできる角栓が毛穴を塞いでプクッと膨れ上がる状態のことです。
次の段階が「白ニキビ」と呼ばれる状態です。コメドが毛穴を塞いで盛り上がり、その頭の部分がポツンと白くなった状態となります。
あまりに目立たないので見逃してしまいがちですが、ニキビを素早く治すためにはこの段階でのケアが必要になります。しっかりと洗顔をしたり、帰宅したらメイクをきれいに落とすなどの毛穴ケアを心がけましょう。白ニキビの状態を放置していると、毛穴の中にさらにたくさんの皮脂が詰まって毛穴を押し広げていくようになります。

黒ニキビ

黒ニキビ

空気に触れた皮脂は酸化して頭の部分が黒く変色します。これが「黒ニキビ」です。
この段階になるとかなり目立つようになるので、他人に嫌な印象を与えてしまうこともあります。

赤ニキビ

赤ニキビ

毛穴の広がりだけでなく炎症が起こってしまうと「赤ニキビ」と呼ばれる状態になります。
肌にたくさんのアクネ菌が繁殖している状態で皮膚が赤らみ、さらに悪化するとてっぺん部分に膿が出てきます。
この膿を潰してしまう人がいますが、これはおすすめしません。
潰してしまうとアクネ菌が別の部分にも広がってしまいますし、最悪の場合には跡がクレータ状に残ってしまうこともあります。

黄ニキビ

黄ニキビ

炎症がさらに進行してしまうと「黄ニキビ」と呼ばれる状態になります。
この段階までくると皮膚の表面の炎症だけでなく、皮膚の内側の真皮層と呼ばれる部分まで炎症が進み、元通りのきれいな皮膚に戻りにくくなってしまいます。
このような状態になってしまった場合は、皮膚科医にお任せしましょう。

大人にも増えているニキビとその原因

ニキビというと思春期の象徴のようなイメージがありますが、現在はニキビで悩む大人も増えてきています。
思春期のニキビと大人ニキビではその原因も発生する場所にも違いがあるので、当然ながら治し方にも違いが出てきます。

大人ニキビのできやすい場所

できる場所についてですが、思春期のニキビはおでこから鼻にかけてのいわゆるTゾーンと呼ばれる場所に多く発生するのに対して、大人ニキビは頬や顎(あご)、口の周辺など、いわゆるUゾーンと呼ばれる場所に多く発生します。
思春期のニキビの主な原因は、発生する皮脂の量に対して毛穴の数が充分でないため、毛穴が皮脂に詰まってしまって発生します。一方、大人ニキビの場合には肌の乾燥やホルモンバランスの崩れといった内的要因だけでなく、仕事でのストレス、不規則な生活や油の多い食生活、睡眠不足などの外的要因も多く絡んできます。

また女性はメイクをするので化粧が原因で発生することもあります。
大人ニキビの特徴は同じ場所に繰り返しできるという点です。
一度治ったと思っても、すぐにまた同じ場所にできてきます。ですから、改善するためには食生活や生活スタイルの改善などが必要になってきます。

背中ニキビの対策

最近増えているのが顔以外のニキビ、特に背中にできるニキビに悩む人です。
背中にできるニキビは自分で発見しにくいので重症化しやすい傾向があり、注意が必要です。背中ニキビは原因の特定が難しいということも重症化しやすい理由の一つです。もちろん、顔にできるニキビと同様にストレスや食生活による影響もありますが、その他にも原因と考えられるものがたくさんあります。

背中ニキビの原因

たとえばよくあるのが洗剤や柔軟剤の影響です。背中部分に接している洋服やベッドのシーツなどの洗濯に使われる洗剤や柔軟剤に含まれる成分が肌に合わずに炎症を引き起こしていることがあります。
また、髪の長い女性はシャンプーやトリートメントにも注意が必要です。
シャンプーやトリートメントの成分が髪の毛に残っていると、それが影響することもあります。

さらに、肩の開いた服を着ていたりすると、日焼けが原因でニキビになることもあります。
日焼けで肌が乾燥すると、水分の蒸発を防ぐために皮脂を大量に分泌するようになります。
これによって皮脂が毛穴に詰まって肌が炎症を起こしてしまうのです。なかなか背中ニキビが治らないという場合にはこういった原因も考えて対策を取ってみるとよいでしょう。

ニキビケアの基本は洗顔

進行する前のニキビであれば、基本的にはしっかりとした洗顔をするだけでも改善することが可能です。

洗顔の時に一番大切なことは、皮膚に余計な刺激を与えないということ。中にはニキビの原因となる皮脂を根こそぎ落としてしまおうと肌をゴシゴシと擦ってしまう人がいますが、これは肌を傷つけてしまうリスクがあるので逆効果です。ぬるま湯でゆっくりと優しく洗うように心がけましょう。

ご注文はこちら

Copyright © Guthy-Renker Japan Co.,Ltd. All Rights Reserved.