Sorry, you need to enable JavaScript to visit this website.

プロアクティブ【公式】ニキビケア化粧品通販サイト

0120-770-660
24時間365日
ご注文受付中

Gift注文

ログイン

電話注文

ご注文は
こちら

思春期ニキビの予防に効果的な洗顔方法|原因に配慮した適切なケア

思春期の男女にとって、ニキビは大きな悩みの種ではないでしょうか。周囲の目が必要以上に気になり気分も落ち込みがちになりますよね。でも、なぜ思春期の頃はニキビができやすくなるのでしょう。その原因を知ることで、ニキビ対策がたてられるかもしれません。
また、思春期ニキビの予防、改善のためには正しい洗顔がとても大切になってきます。今回はニキビができる原因を探るとともに、ニキビケアの基本である洗顔方法やその他のケアの仕方をご紹介したいと思います。

思春期ニキビができる主な原因は皮脂の過剰分泌

思春期ニキビはどのようにして発生するのでしょうか。また、思春期に皮脂が過剰分泌する主な原因についてみていきます。

思春期ニキビができる仕組み

思春期ニキビができる仕組みには、アクネ菌の繁殖が関係しています。
10代の毛穴はまだ小さいので、皮脂が過剰に分泌されると毛穴詰まりを起こしやすく、その結果、ニキビの原因菌とされるアクネ菌が増殖しやすくなるのです。アクネ菌は皮脂をエネルギーとすることで、ニキビが発生します。

皮脂が過剰分泌する主な原因

思春期に皮脂が増えてしまう一番大きな原因はホルモンバランスの崩れです。
思春期の男女は大人の身体に変化していくために成長ホルモンの分泌量が急激に増えることになります。成長ホルモンが過剰な皮脂分泌を促すため、ニキビができやすくなるのです。

代表的な成長ホルモンに、男性はテストステロン、女性はエストロゲンやプロゲステロンなどがあります。こういった成長ホルモンには皮脂を過剰に分泌させる作用があり、ニキビの原因となってしまいます。生理前にニキビができやすくなるのもホルモンの乱れによるものです。それは、プロゲステロンが多く分泌され、皮脂の分泌量が増えることに起因しています。

このホルモンバランスの崩れは、ストレスによっても引き起こされます。10代は感受性豊かな世代であり、ちょっとしたことでも精神的に影響を受けやすくなります。受験や進学など、新しい環境に進んでいく中で、それに伴う環境変化は大きなストレスを引き起こし、精神や肉体に変化を与え、ホルモンのバランスを崩す結果となります。
また、10代の男女はまだ成長過程にあり、大人に比べて毛穴の数が少ないことに加え、毛穴自体の大きさも十分ではありません。そのため比較的少量の皮脂でも毛穴をふさいでしまうことになり、肌のトラブルを引き起こします。

思春期ニキビを予防し、改善に導く洗顔の仕方

ニキビを治すための基本は洗顔です。
毎日の生活の中で洗顔を心がけるだけでもニキビの予防と改善に大きな効果が期待できます。
ここで重要なことは洗顔の仕方です。毎日洗顔をしているけれどニキビができてしまったという人も多いですが、そのような人は洗顔の方法が間違っている場合がほとんどです。思春期の肌は新陳代謝がよく肌の回復力も高いので、しっかりとしたケアを行えば、改善も早くなります。健康な肌のためにも正しい洗顔を心がけましょう。

思春期ニキビを予防・改善に効果的な洗顔方法

洗顔の回数は朝、晩の1日2回を目安に行ってください。洗顔のしすぎは肌を乾燥させ、皮脂量を余計に増やすことになりますので注意が必要です。また、洗顔の際には肌に与える刺激を最小限に抑えることも重要なポイントです。強い刺激を与えると肌の状態がさらに悪化してしまいます。石鹸や洗顔料は、できるだけマイルドなタイプを選び、泡立てネットを使ってキメの細かい泡で洗顔するようにすると刺激を抑えられます。

<洗顔の手順>

1.体温より低めのぬるま湯を使用して、顔を濡らします。
熱いお湯の使用はNGです。お湯の温度が高いと肌が乾燥しやすくなり、それを補うために皮脂線が刺激を受け皮脂が過剰分泌されるおそれがあります。一方、冷たい水は皮脂を固めやすく、十分に洗い流せなくなることもあるので気を付けましょう。
2.洗顔料を十分に泡立て、泡でなでるように優しく洗ってください。
汚れを落とそうと、こするように強く洗うと肌トラブルの原因になるので注意しましょう。
3.すすぎ残しがないよう、ていねいに顔全体をすすぎます。
すすぐ際もゴシゴシこすらないようにしてください。生え際や小鼻に洗顔料のすすぎ残しがあると、毛穴をふさいでニキビができる場合があるので、気を付けてくださいね。

洗顔後のケア

洗顔後

洗顔後は清潔なタオルで顔を軽く押さえるようにして水分を拭き取り、肌への刺激を減らしましょう。水分を拭き取った後は、時間を置かずに保湿ケアをしてください。
そのときの順番は、化粧水やローション→クリームや乳液です。十分に水分をお肌に与えた後は、クリームや乳液で膜を作り、潤いを閉じ込めましょう。

脂っぽくなるからといって油分を足さないと、かえってお肌が乾燥し皮脂の過剰分泌を促すことになるので注意してくださいね。適度な皮脂はお肌を守ってくれるのです。

化粧水を選ぶ際には、アルコール成分が含まれたものは刺激が強く肌の乾燥にもつながることがあるので、避けたほうがよいでしょう。温泉でお馴染みのイオウは、アクネ菌の繁殖を抑える作用、抗炎症作用、殺菌作用などがあります。イオウを含む化粧品としては化粧水に含まれることが多いようで、皮脂が過剰分泌されることが原因の思春期ニキビにとって、イオウは効果が期待される成分です。

スキンケアを始める前には必ず手を洗い、常に清潔な手、指でお手入することを心がけましょう。雑菌が付いている手でスキンケアをすることはNGです。

思春期ニキビのケアに効果的な洗顔料の選び方とおすすめ商品

思春期のニキビケアに適した洗顔料を選び、アクネ菌の繁殖を防ぎましょう。ニキビ対策にはプロアクティブのアイテムがおすすめです。

思春期ニキビのケアに適した洗顔料の選び方

洗顔料の種類には、石鹸タイプや洗顔フォームなどがあります。思春期ニキビの原因に対応している洗顔料を選ぶのがよいでしょう。ニキビ予防の有効成分が配合されている洗顔料は、思春期に増殖しやすいアクネ菌にアプローチしニキビ予防が期待できます。洗浄力が強い洗顔料は必要以上に潤いを奪い、肌を乾燥させて過剰な皮脂を分泌させることになるので、避けるようにしてください。肌に刺激が少ない無添加の石鹸はおすすめです。

思春期ニキビの予防・改善のために意識したい生活習慣

ニキビを予防するためには、生活習慣を見直す必要があります。日々バランスの良い食生活を意識し、十分な睡眠を取ることが、健康的で美しい肌を手に入れるにはとても大事なことなのです。

栄養バランスの良い食事

食事に関しては脂質の多い食品の制限とビタミンの摂取が大切です。脂質を多く含んだ食事は血中の脂を増やし、皮脂の量を増やします。脂質の多いファストフードや揚げ物などの食べ過ぎには注意するようにしましょう。

逆に積極的に摂取したいのがビタミン類です。
特にビタミンA・Cを含んだ食品は健康な肌のためには欠かすことのできないものです。ビタミンAを豊富に含む食品にはほうれん草や人参、鶏レバーなどがあります。ビタミンAには皮膚のターンオーバーを促す作用があるので、皮脂を多く含んだ古い肌細胞が剥がれ落ちやすくなります。

ビタミンCを豊富に含む食品には緑黄色野菜や果物などがあります。ビタミンCには皮脂の分泌を抑制する作用がある以外にも、肌細胞の老化を引き起こす活性酸素の働きを抑えたり、メラニン色素の合成を抑えたりすることでの美白効果も期待できます。
これらのビタミンを食事のみで摂取することが難しい場合にはサプリメントを活用するのもよいでしょう。

症状が悪化したらまずはニキビ用のお薬
思春期は肌の回復力が高いですし、成長ホルモンの分泌が減ってくれば皮脂の分泌量も自然に減ってきてニキビも治ってくるのですが、中にはニキビが重症化してしまう人も見られます。そのようなときには早めにニキビ用のお薬を活用しましょう。

十分な睡眠

毎日、十分な睡眠を取ることが思春期ニキビの予防・改善につながります。なぜなら、睡眠中に、肌の新陳代謝を促す成長ホルモンが分泌されるからです。睡眠不足になると、免疫力が低下して、肌のバリア機能も落ちてアクネ菌の影響を受けやすくなります。また、ホルモンバランスも乱れることになり、結果的に皮脂の過剰泌を促すことになるのです。

しかし、十分な睡眠時間が確保できたとしても、睡眠の質が悪ければ、ニキビの予防・改善につながらないかもしれません。つまり、睡眠の質を向上させることが重要になってくるのです。

成長ホルモンは入眠3時間以内に多く分泌されるといわれています。睡眠の質が高ければ、肌のターンオーバーを促す成長ホルモンの分泌量が多くなるのです。そのためには、入眠直前に身体を休めて十分にリラックスする環境作りをすることが大切になってきます。睡眠のリズムを整えて、良質な睡眠が得られるようにしましょう。

では、リラックスする環境作りのために気を付けるべきこととは何でしょうか?
食事は就寝3時間前までとし、入眠前後に余分なエネルギーを消化させないようにしてください。入眠前には明るい照明を避けるようにしましょう。また、就寝前のスマートフォンやパソコンの使用は脳を刺激し入眠を妨げるため、控えてください。

思春期ニキビを予防するには、正しいスキンケアと生活習慣

正しいスキンケアでニキビのない素肌へ

思春期ニキビの予防に大事なのは、過剰な皮脂分泌を起こさないようにすること、そして肌を清潔に保つことです。そのためには、肌に刺激の少ない化粧品を使用して、正しいスキンケアが大切になってきます。また、食事や睡眠などの生活習慣を見直し、皮脂が過剰分泌される要因をできるだけ減らせるようにしてください。適度な皮脂バランスを保てるようになれば、思春期ニキビの予防につながっていくことでしょう。できることから、始めてみてくださいね。

あわせて読みたい

Proactiv + Movie

ニキビの真実

top