Sorry, you need to enable JavaScript to visit this website.
【公式】ニキビケア化粧品のプロアクティブ+(プラス)通販・販売サイト
0120-770-660
24時間365日
ご注文受付中

Gift注文

ログイン

電話注文

ご注文は
こちら

15年連続 薬用ニキビスキンケア 国内売上No.1!

中学生にできるニキビ

誰もが悩んだことのある、思春期のニキビ。「大人になっても一生跡が残ってしまうかもしれない…」と思うと、親としても一番良い方法を試してあげたいですよね。ニキビができる原因を理解し、早期から正しい方法で対策することが肝心です。今回は、思春期のニキビについて解説しながら、正しいケアとおすすめ商品をご紹介します。

中学生にできる思春期ニキビの主な原因

ニキビケアは、ニキビができる原因を正しく理解することが重要です。思春期ニキビの原因とは何でしょうか。

ホルモンバランスの乱れ

中学生になると、「第二次性徴期」に入る子供が増えてきます。第二次性徴期は、10代に訪れる急激な成長期で、男性ならテストステロン、女性ならエストロゲンなどの成長ホルモンの分泌量が急激に増えます。大人の体を作るために必要な成長ホルモンですが、皮脂の分泌を活発にしてしまう働きも。そのため、第二次性徴期には皮脂の過剰分泌によって毛穴詰まりが発生しやすく、それがニキビの原因となってしまうのです。思春期のニキビが、おでこや鼻などのTゾーンにできやすいのはこのためです。Tゾーンは皮脂腺の多い箇所ですので、皮脂詰まりが起こりやすく、ニキビもできやすい箇所なのです。

ストレス

思春期ならではのストレスも、ニキビの原因です。中学生や高校生は勉強も忙しくなり、試験や受験などに対する不安も生まれます。また、人間関係などのストレスも抱えやすい時期です。ストレスや不安によって睡眠不足になると、それが皮脂の過剰分泌につながることがあります。

活発な運動

中学生になると、部活動や学外活動などで運動する機会が増えてきます。学校で身体を動かして汗をかいても、そのままの状態で放置してしまうことも多いでしょう。実は、これもニキビの原因です。汗とともに分泌した皮脂をしっかり拭かずそのままにしておくと、雑菌が繁殖してニキビができやすい状態になってしまうのです。

思春期ニキビを改善する方法

思春期ニキビは、その原因にあった対策が大切です。では、どのようなケアをしたらよいのでしょうか。

洗顔と保湿

思春期ニキビの最大の原因は、皮脂詰まりによる雑菌の繁殖です。そのため、何よりも肌を清潔に保つことが大切です。肌をこすらないよう、丁寧な洗顔を心がけましょう。ただし、洗いすぎは禁物です。ニキビを気にするあまり何度も洗顔して皮脂を落としすぎてしまうと、肌が乾燥してしまいます。そうすると、肌を守ろうと余計に皮脂が分泌されてしまうのです。肌の乾燥を防ぐために、こまめな保湿にも気をつけましょう。肌の潤いが失われると、角質が厚くなって、肌の柔軟性が失われます。毛穴に皮脂が貯まりやすい状態になり、よりニキビができやすい状態になってしまいます。また、汗をかいたらすぐに拭くことも大切です。汗を放置すると雑菌が繁殖しやすくなってしまいますので、運動のときはタオルを準備するようにしましょう。

生活習慣の見直し

睡眠時間が少ないと、ホルモンバランスが崩れやすくなり、それがニキビの原因になることも。あまり夜更かしをせず、質の良い睡眠を取るように心がけましょう。特に寝る前にスマートフォンやテレビゲームをする中学生は少なくありません。スマートフォンやテレビのブルーライトは、脳を覚醒させ睡眠の質を低下させると言われており、注意が必要です。成長期の健康のためにも、睡眠を取りやすい環境に整えるようにしましょう。

食事の見直し

食生活の乱れも、ニキビケアにおいて見逃せない点です。野菜が不足し、栄養バランスの偏った食事と続けると、腸内環境のバランスが崩れる恐れがあるのです。腸内環境が悪くなると、血行不良を起こしやすく、肌のターンオーバーが乱れることがあります。ターンオーバーの乱れによって、古い角質が肌に残りやすくなるため、それがニキビの発生につながったり、ニキビ跡が残りやすくなったりしまいます。特に日常生活で野菜や果物が不足しがちな方は、肉や魚、炭水化物だけでなく、野菜や果物も取り入れたバランスよい食事をとるようにしましょう。

塗り薬の使用

ニキビは皮膚科でも治療することができます。ニキビの炎症が生じたときは、早めに薬で治療すると悪化を防ぐことができます。放置してしまうと、ひどいときは痛みを感じたり、大人になってもニキビ跡が残ってしまう可能性があるので注意。子どもの肌は大人に比べて回復力も高いので、早期に正しいケアをすれば、重症化を防ぐ可能性が高まります。

思春期ニキビのケアで注意すること

思春期ニキビのケア

ニキビを気にして、さまざまな方法を試している方も多いでしょう。しかし、ケアをしすぎるとかえってそれが刺激になってしまうことも。ニキビケアでは、次のことに注意してください。

洗顔をしすぎない

余分な皮脂を落とし、顔を清潔に保つことは確かに重要です。しかし、皮脂の分泌を気にして1日に何度も洗顔したり、ごしごし洗いしてしまうのは逆効果です。皮脂を落としすぎると、肌が乾燥してしまい、余計に皮脂が分泌されてしまいます。洗顔は、朝晩1回ずつ、1日2回までにとどめましょう。また、肌に刺激を与えるのも悪影響です。肌への負担が少ないマイルドな洗顔料を選び、よく泡立てて洗顔しましょう。

ニキビをつぶさない

ニキビができると、ついつい気になって指で触ったり、つぶしてしまう…という人も少なくありません。ニキビを触ったり、つぶしてしまうと、炎症が悪化する可能性があります。小さいニキビならつぶしても大丈夫、ということはありません。ニキビは指で触らないように気をつけましょう。

髪がニキビにかからないようにする

ニキビを気にして、顔回りの髪を伸ばして隠そうとしている方はいないでしょうか。実は、ニキビに髪が触れるのはあまり良くありません。髪の毛に付着した雑菌がニキビにうつると、ニキビの悪化につながることがあるため、顔回りに髪がかからないように気をつけてください。

プロアクティブの商品は中学生にもおすすめ

思春期の乱れがちな敏感肌には、負担の少ないニキビケアが必要です。そこで、中学生の思春期ニキビにおすすめなのが、プロアクティブのニキビケアセットです。

スマートセット

ニキビケアに必要な「薬用洗顔料」「美容液」「クリーム」の3点セットになっています。サリチル酸などの殺菌作用のある成分が含まれており、皮脂詰まりによるニキビ肌をケアします。植物エキスなどの保湿成分が豊富に配合されているので、お肌の水分バランスを整えます。1日2回、朝晩のスキンケアでお使いください。

  • 【使い方】
  • ①洗顔料を適量肌に伸ばし、マッサージするように優しく洗い、ぬるま湯ですすぎます。
  • ②美容液を適量手に取り、こすらないようにハンドプレスします。
  • ③美容液が肌になじんだら、ジェル状クリームを同じように優しく肌にのばしてハンドプレスします。

モイスチャーセット

基本のスマートセットに加えて、薬用化粧水をプラスした4点セットで、ニキビを予防と保湿力を兼ね備えています。

  • 【使い方】
  • ①洗顔料を適量肌に伸ばし、マッサージするように優しく洗い、ぬるま湯ですすぎます。
  • ②薬用化粧水を手に取り、軽くふき取るような気持ちで肌になじませます。
  • ③美容液、ジェル状クリームの順で肌になじませます。

フェイス&ボディセット

スマートセットに加え、薬用化粧水と薬用ボディソープをプラスしたセットです。顔だけでなく、背中や胸元のニキビが気になっている方には、こちらがおすすめです。すっきりと洗い上げたら、薬用化粧水でしっかりと潤しましょう。顔とボディを同時にケアできるお得なセットになっています。

  • 【使い方】
  • ボディソープは、濡れたタオルやスポンジに適量とり、軽く泡立てからボディをやさしく洗ってください。洗い終わったら十分にすすぐようにしてください。

プロアクティブの商品ラインナップはこちら >

ニキビケアは早期の正しい対策がポイント

思春期ニキビのケア

「思春期のニキビは誰でもできるものだから仕方ない…」と諦めている方もいるかもしれません。しかし、ニキビは早期に正しいケアをすることで悪化を防止できる可能性があります。間違ったケアを繰り返してしまうと、かえって肌の状態を悪化させてしまうことも。将来ニキビ跡を残さず、美肌を保つためにも、早い段階で対策をとることが肝心です。皮膚科で治療をするか、信頼できるニキビケア商品を使ってケアするようにしてください。

あわせて読みたい

Proactiv + Movie

ニキビの真実

top