Sorry, you need to enable JavaScript to visit this website.

日本売上No1ニキビケアがさらに進化したプロアクティブ+(プラス) 通販にてお買い求めいただけます

0120-770-660
24時間365日
ご注文受付中

Gift注文

ログイン

電話注文

WEB注文

女子中学生・女子高校生のあなたは、「最近、ニキビができやすくなった…」「ずっと繰り返すニキビをなんとかしたい!」と悩んでいませんか?ニキビ跡を残さず早く治して、すべすべの肌を取り戻したいですよね。10代の女子を悩ませる厄介な思春期ニキビ、どうすれば上手に付き合っていくことができるのでしょうか?思春期ニキビと女子の体との関係、ニキビのケアと予防に役立つ商品をご紹介します。

思春期ニキビの特徴とは?

小学校高学年・中学生・高校生の頃にできるニキビは「思春期ニキビ」と呼ばれています。まずは思春期ニキビの原因や発生する時期について知っておきましょう。

思春期ニキビの原因

思春期ニキビができる原因は、皮脂が過剰に分泌されることです。皮脂が増えると、毛穴が詰まりやすくなり、毛穴の中で皮脂をエサにしてアクネ菌が増殖してニキビを作り出します。思春期ニキビができるメカニズムは、男子も女子も同じです。

思春期ニキビの特徴は、鼻のまわりやおでこなどのTゾーンにできやすいことです。これは、男女を問わず成長期にホルモンの分泌が急激に増えることが影響しています。

男子は、男性ホルモンの分泌により皮脂量が増加して、ニキビの発生につながりやすくなっています。男性ホルモンは女子の体内にもあるため、成長期に入ると女子も男性ホルモンの分泌が活発になります。男子と同じように皮脂の分泌が促されやすくなり、ニキビの一因となるのです。

そして、女子の場合は女性ホルモンにも影響を受けることがあります。排卵後に増える女性ホルモンのプロゲステロン(黄体ホルモン)が皮脂の分泌を促すため、生理が始まる前にニキビができやすくなることがあるのです。

思春期ニキビの発生する時期とは?

憂鬱な気分になってしまう思春期ニキビ。いつまで続くのでしょうか?

成長期に伴うホルモンバランスの乱れは、個人差はありますが概ね20歳頃までに整い、思春期ニキビは徐々にできにくくなります。ニキビ跡を残さないようにすれば、20歳以降は思春期ニキビに悩まされることは少なくなっていくでしょう。

ただし、20歳以降は「大人ニキビ」ができやすくなります。Tゾーンを中心にできる思春期ニキビと違って、大人ニキビは頬や口のまわり、あごといったUゾーンや、背中などにできやすいのが特徴です。肌の乾燥、乱れた食生活、ストレスなどが原因でニキビができるようになります。

20歳以降

女子のホルモンバランスと肌の関係

女子の体はホルモンの分泌の変化によって体調に様々な変化があります。ホルモンバランスや生理周期は肌にどんな影響を与えるのでしょうか?

ホルモンバランスの肌への影響

女性の人生では、ホルモンバランスが崩れやすくなる年代が2回訪れます。一つは思春期、もう一つが更年期です。思春期の場合、女子の体に訪れる大きな変化の一つが初潮です。初潮が始まる時期は女性ホルモンの分泌が増え、ホルモンバランスが乱れやすくなります。さらに男性ホルモンの分泌が活発になると、皮脂が過剰に分泌され、テカりが生じやすくなるのです。

生理周期と肌の関係

肌に大きな影響を与える女性ホルモンは、エストロゲン(卵胞ホルモン)とプロゲステロン(黄体ホルモン)の2つです。特にエストロゲンは肌にツヤを与えてくれる働きがあり、エストロゲンが多く分泌される時期は肌の調子が良くなります。

女子の体の中では常にホルモンバランスが変わり続けているため、女子の肌は生理周期に合わせて、約1カ月間で変化します。生理周期は月経期、卵胞期、排卵期、黄体期の4つに分けられます。

まず、月経期(生理が始まる週)は、エストロゲンもプロゲステロンも分泌量が少なく、下腹部の痛みや頭痛などとともに、肌荒れも起こりやすい時期です。

次に訪れる卵胞期(排卵前の週)は、エストロゲンが活発に分泌されるようになり、肌の調子が良いと感じる時期です。ニキビができにくく、肌にツヤがでて、体調や気持ちも好調になります。

その後、排卵期に入ると、エストロゲンの分泌はピークを過ぎて排卵が起き、プロゲステロンの分泌量が増加します。排卵後の黄体期は、プロゲステロンの影響で皮脂の分泌が活発になり、肌が脂っぽくなったりニキビができやすくなったりほてりを感じたりするでしょう。むくみ、便秘なども起こりやすい時期です。

女性ホルモンへの対処

思春期ニキビに効果的な3つのケアとおすすめの商品

Tゾーンなど目立つ場所にできる思春期ニキビは、女子なら誰でも気になりますよね。思春期ニキビに効果的な3つのケアと、おすすめ商品を紹介します。

ニキビの部分を保護する

思春期ニキビに効果的なケアの1つ目は、ニキビ部分を保護することです。あなたは顔にできたニキビが気になって、ついつい指で触ってしまうことはありませんか?また、おでこや生え際にできたニキビに常に髪の毛が触れる状態になっていませんか?

指先や髪の毛についている汚れや雑菌がニキビに入り込んだり、摩擦によって症状を悪化させてしまったりする可能性があります。思春期ニキビを早く治すためには、ニキビの部分に負担を与えないようにすることが大切です。なるべく触らないように気をつけたり、髪の毛はヘアゴムやヘアピンでまとめたりして、ニキビと接触しないようにしておきましょう。

どうしても無意識に触ってしまうのをやめられない場合は、絆創膏などで保護をする方法もあります。

適度に洗顔をする

思春期ニキビに効果的なケアの2つ目は、適度に洗顔をすることです。ニキビケアでは余分な皮脂を肌に残さないことが大切ですが、1日に何度も洗顔をしてしまうと肌に大きな負担がかかってしまいます。特に赤ニキビや黄ニキビなど炎症を起こしているときは要注意です。

顔を洗うのは、朝晩、1日2回までにとどめるようにしましょう

十分に保湿する

思春期ニキビに効果的なケアの3つ目は、十分に保湿することです。肌の表面にある角質層は、うるおいをキープすることで外部刺激や乾燥から肌を守っています。これを肌のバリア機能といいます。

十分な保湿をしておくと肌のバリア機能がきちんと発揮されます。そして肌のターンオーバー(生まれ変わりのサイクル)をケアすることで、肌を健康な状態に保つことができます。洗顔後は、美容液やクリームなどで丁寧に保湿することを心がけましょう。

思春期ニキビのケアにはプロアクティブの商品がおすすめ

プロアクティブの「3ステップセット」は、薬用洗顔料、薬用美容液、薬用ジェル状クリームをライン使いできる、ニキビケアをしたい人にぴったりな3点セットです。

薬用洗顔料はアクネ菌を抑制する有効成分サリチル酸を配合し、毛穴の奥まで行き渡らせます。肌にかける負担を軽減したソフトスクラブで、余分な皮脂や古い角質を優しく落とします。

薬用美容液と薬用ジェル状クリームは、有効成分が角質層のすみずみまで行き渡り、キメを整え、ハリのある肌へ導きます。薬用美容液には、独自の技術スマートターゲット™ テクノロジーを採用。有効成分を角質層の奥まで届けて、健康的に輝く肌へと導きます。保湿アイテムには、植物エキスなど天然由来の保湿成分を配合。肌にうるおいを与えます。

薬用洗顔料は、顔全体をマッサージするように優しく塗りひろげて、ぬるま湯で十分なすすぎを行います。洗顔後は薬用美容液をハンドプレスで顔全体に優しくなじませ、浸透したら薬用ジェル状クリームをまた同じ要領でなじませます。この3ステップのケアを、朝晩2回行います。

思春期ニキビのケアで忘れがちなポイント

思春期ニキビをケアする方法は、洗顔や保湿だけではありません。中学生・高校生の生活で見落とされがちなポイントを、あなたもチェックしてみましょう。

紫外線対策を忘れずに

「夏じゃないから」「日差しがそんなに強くないから」と日焼け対策をサボっていませんか?紫外線が特に強くなるのは春から夏にかけてですが、その他の季節も休まず地上に降り注いでいます。紫外線は肌の乾燥の原因の一因にもなりますから、1年中日焼け止めを使うなどして油断せずに過ごすことが大切です。

枕カバーやタオルは清潔に

人は睡眠中に何度も寝返りをうちます。つまり、寝ている間に顔のあらゆる部分に枕カバーが触れているということ。あなたの枕カバーは毎日清潔に保たれていますか?また、洗顔後や部活の後などに使うタオルもきれいな状態になっているでしょうか?枕カバーやタオルは面倒くさがらずにこまめに交換して、肌に負担をかけないように心がけましょう。

あわせて読みたい

Proactiv + Movie

ニキビの真実

top