Sorry, you need to enable JavaScript to visit this website.

日本売上No1ニキビケアがさらに進化したプロアクティブ+(プラス) 通販にてお買い求めいただけます

0120-770-660
24時間365日
ご注文受付中

Gift注文

ログイン

電話注文

WEB注文

高校時代はニキビができやすい時期です。あなたは「そのうち自然に治るだろう」と放置していませんか?もしニキビ跡が残ってしまうと、顔の印象に大きく影響しますし、見た目に自信を持てなくなります。ニキビは正しい知識を持って早い段階からケアすることが大切です。この記事では、高校生の顔にできるニキビの原因とケア方法、おすすめのスキンケアアイテムについてご紹介します。

高校生にできるニキビの基礎知識

なぜ高校時代はニキビができやすくなるのでしょうか?この時期にできるニキビの特徴を知っておきましょう。

高校生に多い「思春期ニキビ」とは

高校生は、心も体も子どもから大人に変わっていく成長期、つまり「思春期」の真最中です。高校生に多いのは思春期にできやすいタイプのニキビなので、「思春期ニキビ」と呼ばれています。体の成長には一人ひとり個人差がありますが、一般的に、10代~20歳前後までは思春期ニキビができやすいと言えます。これに対して、20歳以降にできるニキビは「大人ニキビ」と呼ばれます。

思春期ニキビで注意したいのは、ニキビが炎症を起こすと治療後もニキビ跡として残ってしまい、成人後のお肌にも影響を引きずってしまうことがある点です。白ニキビならまだしも、赤ニキビや黄ニキビまで進んでしまうと影響は大きく、大人になってから「あの時もっとケアしていれば…」と後悔する人も少なくありません。数年先の肌をきれいに保つために、思春期ニキビには正しいケアが重要なのです。

思春期ニキビの原因

ホルモンバランス

思春期はホルモンバランスが乱れやすい時期です。ニキビは皮脂の過剰分泌によって毛穴が詰まり、ニキビの原因菌のアクネ菌が皮脂をエサにして増殖することで発生します。皮脂の分泌が促されるのは男性ホルモンの影響ですが、思春期は男女問わず男性ホルモンが活発に分泌されるので、これがニキビ発生のもとになっていることがあるのです。

乾燥

「ニキビ=オイリー肌」というイメージがあるかもしれません。でも乾燥が原因の場合があることを知っていますか?皮脂は肌のうるおいをキープする役割があります。しかし肌が乾燥していると、水分をこれ以上逃さないために皮脂を分泌させるのです。

ストレス

思春期は、勉強、部活、親や友達との人間関係などでストレスを抱えやすい時期です。ストレスは体調や行動にあらゆる影響を及ぼし、それがニキビにも関係してきます。ストレスの影響でホルモンバランスの乱れが大きくなったり、ストレス解消と称して甘い物やスナック菓子についつい手が伸びて栄養バランスが崩れたり、なかなか眠れなくなって眠りの質が落ちたりするのです。これらは皮脂の過剰分泌を招いたり、健康な肌を損なう原因になったりします。

ストレス

思春期ニキビができやすい場所

おでこ

おでこや髪の生え際は、皮脂の分泌が多くてニキビができやすい場所です。また、前髪が触れることで肌への刺激となったり、シャンプーや洗顔料などのすすぎ残しができたりすることでも、ニキビに悪影響を与えやすいと言えます。

Tゾーン

Tゾーンとは、眉毛・眉間の周辺と鼻の周辺を合わせたT字状のエリアです。Tゾーンは皮脂腺が多いため皮脂分泌も多くなりやすいことが特徴です。特にオイリー肌の高校生は毛穴の中に皮脂が詰まりやすいので、ニキビにつがなりやすいと言えます。

頬は、皮脂の分泌が比較的少ない場所ですが、乾燥しやすく肌のバリア機能が低下しやすいです。また、睡眠中に枕や布団と触れて摩擦が起きやすいことも肌にはダメージとなります。女性の場合は、ファンデーションなど化粧品の成分や、パフやブラシなどメイク道具に付着した雑菌が刺激になることで、頬のニキビを誘発するケースもあります。

思春期ニキビをケアする方法

では、思春期ニキビのケアとして具体的にどんなことをすればいいのでしょうか?今日からできる洗顔・保湿・睡眠の見直しポイントを紹介します。

洗顔で肌を清潔に保つ

ニキビケアに必要な洗顔回数は1日1~2回が目安です。余分な皮脂や汚れを落とし、肌を清潔に保ちます。

洗顔料は水分と空気を含ませながらしっかりと泡立てましょう。洗顔ネットを使うと簡単にコシのある泡を作ることができます。泡で洗うことで、肌への刺激を減らしましょう。顔全体を泡で優しく洗ったら、肌についた洗顔料をぬるま湯で洗い流します。髪の生え際やフェイスラインは泡が残りやすいので、きちんとすすげているか鏡でチェックしましょう。流し終わったら、タオルは優しく水分を吸い取るように顔に当ててください。ごしごし顔をこすると肌に刺激を与えてしまいます。

保湿

保湿で肌を刺激から守る

洗顔後は、化粧水、乳液、クリームで肌を保湿します。「ベタついてニキビが悪化しそうだから、あれこれ重ねづけしたくない」と考えるかもしれませんが、肌のバリア機能を働かせるためには保湿が大切です。

化粧水は、ニキビへの刺激が少ないタイプを選びましょう。アルコールを配合していないアルコールフリーのタイプや、自然由来の成分を使ったタイプがおすすめです。肌につける時は、ニキビの部分にはできるだけ触れないようにして、刺激を減らしましょう。

質の良い睡眠をとる

健康な肌は質の良い睡眠で作られます。肌の生まれ変わりを促すホルモンは、眠っている間に分泌されるからです。特に眠り始めに深い睡眠をとれるかどうかが重要になります。

「深夜まで起きているのが当たり前になっている」「布団に入ったのになかなか眠れない」という人は、睡眠前にはテレビ・PC・スマートフォンの光をできるだけ見ないようにしてください。ディスプレイから出ているブルーライトにより体内時計が乱され、睡眠ホルモンと呼ばれるメラトニンの分泌が抑制されてしまうからです。

高校生のニキビケアにはプロアクティブがおすすめ

「洗顔から保湿ケアまでニキビケアに効果的なアイテムで揃えたい!」という高校生には、プロアクティブの「3ステップセット」がおすすめです。

3ステップセット

高校生におすすめのポイント

3ステップセットは、スキンケアの基本アイテムである薬用洗顔料、薬用美容液、薬用ジェル状クリームがセットになっています。ライン使いすることでニキビ肌に総合的に働きかけて、ニキビの原因となる毛穴の汚れを取り除いて、肌を清潔に保ってくれます。

「初めて使ってみたいけど、もし肌に合わなかったらどうしよう…」と心配な人には、気軽に試しやすい「30日サイズ」がおすすめです。続けて使いたくなったら、お得な「90日サイズ」もあります。

[使い方]

  • STEP1は薬用洗顔用の「スキン スムージング クレンザー」です。
    顔を水で洗ったあと、ティースプーン1杯分を顔全体に優しく広げます。すすぎ残しに気をつけながらぬるま湯で流してください。
  • STEP2は薬用美容液の「ポアターゲティング トリートメント」です。
    洗顔後または化粧水後にパール1粒大を顔に広げて、軽くハンドプレスして肌になじませます。
  • STEP3は薬用ジェル状クリームの「スキンコンディショニング セラム」です。
    薬用美容液が完全になじんだら、同じようにパール1粒大をハンドプレスでなじませます。

この3ステップを、1日2回、朝晩のスキンケアとして行います。

モイスチャーセット

過剰な皮脂が気になる人には、基本の3ステップセットに薬用化粧水の「リバイタライジングトナー」をプラスした「モイスチャーセット」がおすすめです。リバイタライジングトナーは、肌の水分や皮脂のバランスを整えて、肌を引き締めます。3ステップの洗顔後に化粧水をプラスして、ハンドプレスで肌になじませましょう。

フェイス&ボディセット

ニキビができるのは顔だけではありません。胸元、背中、腕、太ももなどのニキビ予防をしたい人には「フェイス&ボディセット」がおすすめです。基本の3ステップセットに薬用化粧水と薬用ボディソープが加わって、全身をトータルでケアできます。

薬用ボディソープの「クリアゾーン ボディウォッシュ」は、ソフトスクラブで古い角質を優しく取り除き、有効成分のサリチル酸がお肌を殺菌。アロエエキスなどの植物系保湿成分がうるおいを与えます。毎日の入浴や運動後のシャワーなどに使います。

高校生のニキビが治らない時は皮膚科医に相談しよう

赤ニキビや黄ニキビなど炎症を起こしている段階では、ニキビが熱をもち、かゆみが出たりします。あまり我慢せずに、皮膚科に相談するのも一つの方法です。

皮膚科のニキビ治療は、保険適用で塗り薬や飲み薬を処方してもらえます。また、炎症がひどい場合は自由診療のピーリングで肌環境をサポートすることもできます。

ニキビは対処法を間違うと、大人になった時まで影響を残します。肌に自信が持てないと気持ちまで暗くなってしまう人もいます。「高校時代にちゃんとニキビケアしていれば…」と後悔しないために、できることから一つずつ取り組んでみてくださいね。

あわせて読みたい

Proactiv + Movie

ニキビの真実

top