Sorry, you need to enable JavaScript to visit this website.

日本売上No1ニキビケアがさらに進化したプロアクティブ+(プラス) 通販にてお買い求めいただけます

0120-770-660
24時間365日
ご注文受付中

Gift注文

ログイン

電話注文

WEB注文

おしゃれやもてるためには、ニキビのないつるつる肌は大切な要素です。でも、肌がベタつきがちで、どうしてもニキビができやすいのが思春期の男子。ニキビに気づいたら、ニキビ跡が残るほど悪化する前に、面倒臭がらずに早めに対処しましょう。ニキビケアとは具体的にどんなことをすればいいのでしょうか?この記事では思春期の男子にできやすいニキビの特徴と原因、スキンケアの方法についてご紹介します。

男子にできやすいニキビの種類と特徴

まずは10代男子にできやすいニキビの基礎知識です。ケアを始める前に、どんな原因や特徴があるのかを頭に入れておきましょう。

思春期のニキビ

ニキビはできる年代によって原因や特徴が異なることを知っていますか?10代から20歳前後のいわゆる思春期にできるニキビは、「思春期ニキビ」と呼ばれることがあります。思春期にできるニキビは、皮脂の過剰分泌などが原因でできることが多いと言われています。皮脂の分泌が多いおでこや鼻は、特にニキビができやすいエリアです。

大人特有のニキビ

一方、ニキビは大人になってもできることがあります。思春期のニキビに対して「大人ニキビ」と呼ばれるもので、20代前半以降にできるニキビがこのように呼ばれます。大人ニキビは、肌の乾燥、生活習慣の乱れ、ストレスなどが原因となる場合が多いと考えられています。ニキビができやすい場所も思春期とは異なり、あごやフェイスラインが中心です。

男子にニキビができやすい理由

思春期のニキビのできやすさには実は男女差があり、一般的に男子のほうができやすいと言えます。それには次のような理由があります。

男性ホルモンの影響

ホルモンにはいろいろな種類があり、様々な体の機能をコントロールしています。中でも皮脂分泌に大きく関わっているのが男性ホルモンで、男性ホルモンの分泌量が増えると皮脂分泌も活発になります。ニキビは過剰な皮脂が毛穴に詰まり、ニキビの原因菌を増殖させて炎症を起こすことで発生します。つまり、皮脂分泌が活発な人はニキビになりやすいのです。

男性ホルモンは、男女どちらの体中にも存在します。しかし、男子は女子よりも男性ホルモンの影響を受けやすいため、女子よりも皮脂の分泌が過剰になりやすいと言えます。しかも大人の体へと大きな変化をとげる思春期はホルモンバランスの変化も大きく、男性ホルモンが活発に働いてニキビ発生に影響を与えています。

ひげ剃りによる肌への刺激

思春期を迎えた男子の代表的な体の変化の一つは髭が生えることです。身だしなみを整えるために、ひげ剃りを始める男子もいます。このひげ剃り時の肌への刺激がニキビを誘発する可能性もあります。

ひげ剃りに慣れていないと、シェービングクリームを使わなかったり、カミソリの当て方を間違ったりして、カミソリ負けして肌に見えない傷をたくさん残してしまうことがあります。そこから毛穴の中に雑菌が入ってしまうと、ニキビにつながっていくかもしれません。また、ひげ剃り後にアフターシェービングローションなどで保湿をしないと、肌が乾燥してしまいニキビができやすくなります。

髭剃り

紫外線によるダメージ

「紫外線対策は女子がやること」「男子が日焼け止めなんて恥ずかしい」と思っていませんか?ニキビの発生には紫外線も影響しています。特に肌が露出している顔は、紫外線対策を何もしていない無防備な状態でいるとダメージを受けやすい部位です。顔の中でも、おでこ、鼻、頬など、でっぱっていたり面積が広かったりするパーツは紫外線を浴びやすいです。紫外線は乾燥の原因になり、乾燥した肌は皮脂の過剰な分泌を招いてニキビにつながる可能性があります。

女子の間では今や当たり前になっている紫外線対策ですが、男子は「皮がむけなければ大丈夫だろう」「肌が焼けたほうがかっこいい」と思う人もいて、女子よりも無防備な状態で過ごしているのが一般的です。しかし、ニキビを早く治したい人やこれ以上増やしたくない人は、日焼け止め、帽子、サングラスなどを使うようにしましょう。日焼け止めは汗をかいたり顔をタオルでふいたりすると落ちるので、塗り直しも大切です。

男子ニキビをケアするスキンケアの方法

では、思春期の男子はどんなニキビケアをすればいいのでしょうか?スキンケアの3つのポイントとおすすめアイテムを紹介します。

男子でも使えるニキビケア商品を選ぶ

一つ目は、男子の肌の特徴に合ったニキビケア商品を選ぶことです。ドラッグストアにはたくさんのスキンケアアイテムがありますが、大半は女性の使用を想定して作られています。しかし、一般的に男子は女子よりも皮脂の分泌量が多いので、女性向けのスキンケア商品を試してみても効果が実感しづらいかもしれません。

思春期の男子がニキビ対策をするなら、スキンケア商品は男女兼用または男性向けで、ニキビケアに特化したものを選びましょう。中でもおすすめは、使い続けることでニキビができにくい肌へ導くプロアクティブのニキビケアラインナップです。

初めて使う人は「3ステップセット」を試してみるといいでしょう。これは薬用洗顔料、薬用美容液、薬用ジェル状クリームと、ニキビケアに必要な基本のステップがすべて揃っている便利なセットです。ライン使いすることで一貫性のあるケアが可能になります。また、乾燥肌、オイリー肌、混合肌などすべての肌タイプの人に適しているので、男女問わず使えることもメリットです。

毎日の洗顔で皮脂汚れを落とす

二つ目は、肌に不要な皮脂汚れを落とす洗顔方法です。思春期の男子は皮脂の分泌が多くなるため、肌を清潔に保つことが大切です。

肌のべとつきが気になる人の中には、1日に何回も洗顔している人もいます。しかし、洗いすぎは本来必要な皮脂を奪ってしまい乾燥の原因になるのでよくありません。洗顔の回数は1日に1~2回にしましょう。ただし、部活やスポーツなどで汗をかいた後はなるべく洗顔をして、汗や皮脂を肌の上に残さないようにしてください。

水洗いをした後、次は、洗顔料はしっかり泡立てましょう。泡で洗うことを心がけると、肌になるべく負担をかけずに優しく洗うことができます。皮脂を落とそうと思って肌をゴシゴシこするのは逆効果です。泡立てるのが苦手な人は洗顔ネットを使うのがおすすめです。タオルで水分を拭き取るときも、強くこすらずに、タオルで水分を吸い取るようなつもりで行ってください。

男性の洗顔

洗顔後は保湿する

三つ目は、洗顔後の保湿です。肌にはバリア機能があって、これが正常に働いていると外部からの刺激や乾燥に強くなります。バリア機能を正常にするためには、スキンケアの仕上げとして保湿がかかせません。

保湿アイテムのうち、化粧水には様々な種類がありますが、おすすめはニキビケアに特化した化粧水です。ニキビや肌荒れの予防に役立つ有効成分のグリチルリチン酸ジカリウムや、肌環境を整えるグリコール酸などを含む化粧水を選んでみてください。乾燥が気になる人ならセラミド入り化粧水もおすすめです。

男子ニキビをケアするスキンケアの方法

ニキビケアは早めに取り掛かるに越したことはありません。なぜなら、早い段階でケアしておけばニキビ跡が残りにくいからです。ニキビが進行して炎症を起こし、赤ニキビや黄ニキビになると、ニキビ自体は治っても赤みが残ったりクレーター状に凸凹が残ったりする可能性が高くなります。早く治そうとしてニキビを潰してしまうのは逆効果です。余計にニキビ跡が残りやすくなってしまします。

ニキビ跡のある肌は、見る人によっては清潔感に欠けると思われるかもしれません。数年後に大人になったときにきれいな肌でいたいなら、思春期のニキビに正しいケアをしておくことが大切なのです。

また、洗顔や保湿といった毎日のスキンケアの見直しも大切ですが、セルフケアで変化を実感できなければ皮膚科医に相談しましょう。軽度〜中等度のニキビなら、飲み薬や塗り薬の治療を保険適用で受けることができます。かゆみがあったり膿がたまっていたりする場合や、すでにニキビ跡ができてしまった場合も、肌環境を整えるピーリングやニキビ跡を目立たなくするレーザー治療といった自由診療も行われています。

もちろん皮膚科にかかる場合も正しいセルフケアは必須です。思春期の男子のニキビについて正しく知って、毎日コツコツとケアしてください。

あわせて読みたい

Proactiv + Movie

ニキビの真実

top