Sorry, you need to enable JavaScript to visit this website.

プロアクティブ【公式】ニキビケア化粧品通販サイト

0120-770-660
24時間365日
ご注文受付中

Gift注文

ログイン

電話注文

ご注文は
こちら

マスク着用時のニキビ予防|悪化する原因とスキンケアのポイント

マスク

新型コロナウィルス感染予防の一環として、今やマスクは日常に欠かせないアイテムとなりました。感染症対策だけでなく、アレルギーがある方も増えており、花粉やハウスダスト、動物などのアレルギー対策として使用している方も多いでしょう。また、ニキビや肌荒れなどの顔のコンプレックスを隠すために使う方も少なくありません。

一方で、マスク内のムレや摩擦による刺激が原因の肌トラブルに悩む人も増えており、その対処法に多くの人が関心を持っています。
感染症対策や花粉、ホコリ対策、衛生上の観点からマスクは重要な役割を果たすアイテムですが、ニキビ肌にとって「マスクが良い」とする意見と「マスクは対敵」とする意見があります。果たしてどちらが正しいのでしょうか。

ニキビとマスクの関係に対する見解

マスクの着用は果たしてニキビケアには良いものなのでしょうか。ニキビ肌に悩む方にとっては非常に気になりますよね。
「良い」とする見解と「悪い」とする見解、それぞれの理由とともに解説します。

マスク着用がニキビに良いという見解

まず、マスクの着用で気になるニキビ肌が隠れるという外見上のメリットはありますが、ケア面においても以下のような効果があるという見解です。

見解その1

1つめは、「ホコリや細菌を防いで皮膚を清潔に保ってくれる」ということです。
ニキビの原因であるアクネ菌は、皮脂やホコリなどの汚れをエサとして増殖します。そのため、皮膚にホコリや雑菌が付着するとアクネ菌の活動が活発になり、ニキビができやすい状態になります。新たなニキビの発生原因になるだけではなく、既にできているニキビを悪化させる原因にもなりかねません。 そのため、ホコリや雑菌から皮膚を守ってくれるマスクはニキビケアに有効、という考え方です。

見解その2

2つめは、「紫外線や外気などの外部刺激から皮膚を守ってくれる」という意見です。
ニキビは外からの刺激に敏感です。紫外線や冷たい風などで皮膚が刺激されると、ニキビが赤く腫れて炎症を起こしたり、悪化したりすることがあります。また、紫外線にあたると角層が厚くなる原因にもなり、毛穴が詰まりやすく、ニキビもできやすくなります。マスクは紫外線や冷たい風などの外的刺激を防止するためニキビケアには良い、というものです。

見解その3

そして3つめは、「マスクをすると保湿効果が望める」という意見です。ニキビ肌にとって乾燥は対敵です。乾燥状態が続くと、皮脂を過剰分泌するため、皮脂で毛穴が詰まりやすくなることでニキビができやすくなります。ニキビ対策には肌の水分バランスを良い状態にキープすることが欠かせませんが、外気に触れているとどうしても水分が蒸発して乾燥するため、マスクでカバーをするのが良いという見方です。マスク内は湿度の高い状態がキープされて、保湿ケアに一役買ってくれるというわけです。

マスク着用がニキビを悪化させるという見解

一方、マスクがニキビに良くないとする意見は、この保湿の部分を真っ向から否定します。
保湿どころかマスクで覆われて蒸れるので、アクネ菌が活動しやすい状況を作ってしまうというのです。
また衛生面でも、長時間使用していることで自分の息や汗、細菌などが内部で増殖し、環境が悪くなってニキビを悪化させてしまうという主張です。

では、どちらの見解が正しいのかというと、どちらの見解も間違っているわけではなく、紙一重ということが言えるでしょう。例えば「マスク内の湿度が高くなる」ことは、「保湿効果に有効」ともいえますし、「蒸れて不衛生になりやすい」ともいえます。

そこで大切なのは、「悪い」といわれる状態にならないように、マスクの選び方やつけ方に気をつけることです。
注意点やつけ方のポイントを踏まえてマスクを着用することで、ニキビをケアしつつ、感染症予防やホコリ予防、寒さ対策などにも対応することができるのです。

マスク着用でニキビが悪化する原因とは?

マスクの着用でニキビを悪化させないために、まずは何がニキビ悪化の原因になるかをきちんと知っておきましょう。

摩擦による刺激

マスク着用すると、しゃべるときなどの顔の動きでマスクと皮膚が擦れて摩擦が起こります。すると、摩擦によって多かれ少なかれマスク内の皮膚表面が刺激されてしまいます。実は、この刺激がニキビにとってはマイナス。皮膚は、刺激を受けると刺激から肌を守るために角層が厚くなります。角層が厚くなると毛穴が詰まりやすくなるため、アクネ菌が繁殖して炎症を起こし、ニキビの原因となりかねません。

マスク内の蒸れ

マスクを長時間着用すると、マスク内部が蒸れやすくなります。これは、自分の息や汗でなどでマスク内の湿度が高くなるためです。適度に温かく湿度の高い状態は、ニキビの原因となるアクネ菌にとって非常に活動しやすい環境です。そのため、マスク内の蒸れはニキビが悪化する原因になるのです。

ニキビを悪化させないマスクのつけ方

では、ニキビを悪化させないためにはどのような点に気をつけてマスクを着用したらよいのでしょうか?マスクの選び方やつけ方のポイントについてご紹介します。

マスクの付け方

サイズ

1つめのポイントは、適切なサイズ選びです。自分の顔に合ったサイズのマスクを使うとともに、締めつけ過ぎないタイプを選びましょう。ただし、あまりゆとりがあり過ぎると細菌やウィルスを防げず、対策の効果が低下しますので、注意が必要です。
さらに蒸れや不衛生な状態を防ぐためには、ずっとつけっぱなしにせず一日に何度か交換することが望ましいといえます。最低でも一日2回、できれば3回ほど清潔なマスクに交換するようにしましょう。

素材

2つめのポイントは、マスクの素材です。今ではさまざまな素材のマスクが販売されています。中でも主流は綿と不織布ですが、ニキビケアには綿素材が良いとする意見と不織布製が良いという意見の二通りがあります。
綿素材マスクのメリットは肌触りが良く肌にやさしいという点ですが、厚手で蒸れやすいという一面もあります。 一方、不織布製マスクは綿に比べて通気性はあるものの、独特の肌触りでずっとつけていると毛羽立ってくる感触が苦手、など刺激を気にする方も少なくありません。
ニキビができやすい方はお肌が過敏になっている場合も多いので、より肌にやさしく、自分に合った素材を選ぶべきです。不織布を使うとお肌に違和感があったり、かゆみを感じたりする場合は綿、そして綿では蒸れやすさを感じる場合は不織布を利用しましょう。
最近では、夏用の通気性の良い素材や冷感接触素材のマスクなども多く見かけます。
自分のお肌のコンディションと気候に合わせて、自分が一番快適と思うものを使い分けるようにするとよいでしょう。

マスク着用時にニキビを予防するポイント

マスクによってニキビを悪化させないためには、着用時の衛生状態やスキンケアにも配慮することが大切です。

マスクはこまめに交換する

使い捨てマスクは一日使用したら捨てるのが基本ですが、たくさん汗をかいたときや「マスクが湿っている」「嫌なニオイがする」と感じたときは、その都度交換するようにしましょう。
十分な枚数のマスクを確保できないときは、マスクの下にガーゼを入れてそのガーゼをこまめに交換するという方法もあります。
気になったら速やかに交換するのが、マスク内を清潔に保つポイントです。

丁寧にスキンケアを行う

マスク選びに加えて、お肌のコンディションにも気配りが必要です。汗をかいたらすぐに拭き取るなど清潔な状態を保つのはもちろん、以下のような保湿や洗顔など日頃のスキンケアにも気をつけましょう。

保湿ケアで適度な水分量をキープ

マスク内は湿度が高くても、マスクを外すと肌が乾燥しやすくなります。マスクを常用するときは、乾燥対策として十分な保湿ケアを行いましょう。前述したように、お肌が乾燥すると、肌本来のバリア機能が低下して摩擦などの外部刺激の影響を受けやすくなります。刺激によってすぐ肌に赤みが出るような敏感肌の方は、特に念入りな保湿ケアが必要です。

こまめな洗顔でお肌を清潔に

マスク内は、汗や皮脂が付着して雑菌が繁殖しやすい状態です。なるべくこまめに洗顔をして、皮膚を清潔な状態にするように心がけましょう。できれば一日2回の洗顔が理想です。
その際は、肌にやさしい洗浄成分を配合したものや、ニキビケアをする薬用化粧品を使うことをおすすめします。

マスク内は、汗や皮脂が付着して雑菌が繁殖しやすい状態です。なるべくこまめに洗顔をして、皮膚を清潔な状態にするように心がけましょう。できれば一日2回の洗顔が理想です。
その際は、肌にやさしい洗浄成分を配合したものや、ニキビケアをする薬用化粧品を使うことをおすすめします。

洗顔後の化粧水は、衛生面から、手で直接つけずに清潔なコットンにたっぷり染み込ませて、こすらずにゆっくりおさえるようにつけてくださいね。

ニキビ予防にはマスクを外したあとのケアも大切

マスクでニキビを悪化させないためのポイントをご紹介しましたが、マスクをしていないときのお肌のケアにも気を配るようにしましょう。
新型コロナウィルスの影響で、朝自宅を出て学校や会社から帰宅するまでずっとマスクをしているという方も少なくありません。マスクの着用時間が長くなるので、自宅に帰ったらマスクを外してお肌を解放し、やさしくケアをしてあげましょう。ポイントは清潔さと保湿です。お肌をすこやかな状態に保つことが、マスク着用時のニキビ悪化のリスクを減らすことにもつながります。

あわせて読みたい

Proactiv + Movie

ニキビの真実

top