Sorry, you need to enable JavaScript to visit this website.
プロアクティブ【公式】ニキビケア化粧品通販サイト
0120-770-660
24時間365日
ご注文受付中

Gift注文

ログイン

電話注文

ご注文は
こちら

15年連続 薬用ニキビスキンケア 国内売上No.1!

私たちの健康や美容と密接に関係している「ホルモンバランス」について知っていますか?
実は10代を悩ませるニキビにも大きく関係しています。つまりニキビ肌をなんとかしたい人は、ホルモンバランスを整える生活を心がければ、健康的な美肌を取り戻しやすくなるということ。
この記事ではホルモンバランスとニキビの関係や、ホルモンバランスを整える生活習慣、ニキビ肌におすすめのスキンケアアイテムについて紹介します。

ホルモンバランスとニキビの関係

まず、ホルモンバランスがニキビや肌の調子にどのような影響を与えているのかを知っておきましょう。

ニキビができる主な原因

ニキビの主な原因は、皮脂が過剰に分泌されてしまうことです。ニキビのない毛穴は、皮脂腺から適量の皮脂が分泌され、毛穴の出口からスムーズに外に排出されています。しかし皮脂が多すぎて毛穴の出口を塞いでしまうと、毛穴の中でアクネ菌が皮脂をエサに繁殖してニキビができます。
最初は白っぽい色で盛り上がった状態の白ニキビですが、毛穴が開いて皮脂が空気に触れて酸化すると黒ニキビになります。さらにニキビが炎症を起こすと、かゆみや熱を帯びた赤ニキビ、膿がたまった黄ニキビへと進行します。ニキビは悪化するほど治りにくくなり、ニキビ跡も残りやすくなります。

では、なぜ皮脂が多くなりすぎてしまうのでしょうか?過剰な皮脂分泌に影響している主な原因は、ホルモンバランスの乱れと言われています。ホルモンは体内でわずかな量しか分泌されていませんが、私たちの体内の様々な活動をコントロールする重要な役割を担っていて、皮脂の分泌量もその影響を受けています。だからホルモンバランスが崩れると余分な皮脂が分泌されやすくなり、毛穴に詰まりやすくなるのです。

ホルモンバランスが肌に与える影響

ホルモンの中でも、ステロイドホルモンの一種である性ホルモンは、生殖器を発育させるなど大人の男女の体へと成長させる働きがあります。性ホルモンは大きく分けて男性ホルモンと女性ホルモン2つに分かれます。
思春期はこの性ホルモンのバランスが乱れやすい時期です。男性だけでなく女性の体内でも分泌される男性ホルモン(アンドロゲン)が活発になると、皮脂が過剰に分泌しやすくなります。また女性ホルモンの1つの黄体ホルモンの分泌が増えることでも、過剰な皮脂分泌が促されます。
女性は生理前後に黄体ホルモンの分泌が変化することで、ニキビができやすくなることがあります。このため、ホルモンをコントロールして生理周期を整えるピルを服用すれば、ニキビの症状が軽減することもあります。

ホルモンバランスを整える生活習慣

思春期に乱れやすく、ニキビの原因になるホルモンバランス。日常生活の習慣を見直すことで整えていくことができます。

十分な睡眠、休養

睡眠

あなたは夜遅くまでスマホでSNSやゲームに夢中になっていませんか?睡眠とホルモンは密接に関係しています。睡眠不足になると「美肌ホルモン」とも呼ばれる女性ホルモンのエストロゲンの分泌量が低下する、という見方があります。

必要な睡眠時間は個人差がありますが、就寝時間が遅いと自覚している人は今よりも早めに布団に入るようにして、十分な睡眠時間を確保しましょう。寝付きをよくするには、入眠前にぬるめの湯船に浸かったり、軽いストレッチで体をリラックスさせたりすることがおすすめです。

また、スマホ、パソコン、テレビなどのディスプレイから発するブルーライトも睡眠の質を落とすと考えられています。寝る間には長時間の使用を控える、ベッドにスマホを持ち込まないなど、上手な付き合い方を考えてみてください。

栄養バランスの良い食生活

私たちのエネルギーの源は毎日の食事で摂取する栄養です。正常なホルモンバランスを保つベースには、偏りなく様々な食品から栄養を摂取して体が健康であることが欠かせません。栄養バランスが偏ると、肌の再生がスムーズに行われにくくなります。
夕食の前にファストフードやコンビニで買い食いをしたり、ダイエットを気にして食べるものの種類や量が極端な食生活になったりしていませんか?美肌を目指すなら、主食、主菜、副菜を用意してバランスよく栄養を摂取することを心がけましょう。

日本には海外から様々な食文化が入ってきていますが、近年は健康的な食事として伝統的な日本食が改めて注目されています。メニューを選ぶときは「まごわやさしい」(まめ、ごま、わかめ、やさい、さかな、しいたけ、いも)が入っているものがおすすめです。また、これらの食材に限らず様々な食品を摂取しようと心がけることが大切です。

ニキビに効果的なスキンケア

生活習慣を見直したら、今度は毎日行うスキンケアもニキビケア仕様にアップデートしましょう。おすすめのニキビケアアイテムも紹介します。

基本のスキンケア

皮膚を清潔に保つ

夏に限らず、年間を通して様々なシーンで汗や皮脂が出やすい10代の生活。汗や皮脂が肌に残ると、アクネ菌や雑菌が繁殖してニキビが悪化する可能性があります。ニキビをこれ以上増やしたくない、早く治したいという人は、清潔なハンカチやタオルなどを持ち歩いて汗や皮脂をこまめに拭き取るようにしましょう。

十分に保湿する

肌の乾燥が進むと、皮脂が過剰に分泌してニキビができやすい状態になります。乾燥に対抗するには十分な保湿が欠かせません。保湿によって肌のバリア機能を保つことで、皮脂の過剰分泌を抑えられる可能性があります。
オイリー肌の人は「化粧水だけでいい」「保湿アイテムを重ね付けするのは苦手」と思っていませんか?化粧水だけでは肌の潤いを長時間キープすることは難しいので、軽いつけ心地のアイテムなどを選んで丁寧な保湿を心がけましょう。

ニキビケア専用化粧品を使用する

効果的なスキンケアをしたいなら、肌の状態に合わせたアイテム選びが重要です。ニキビ肌には、有効成分を配合した薬用化粧品などニキビケアに特化したスキンケア用品がおすすめです。このようなアイテムも活用しながら、セルフケアだけでは不十分な場合は、市販の外用薬や漢方薬の使用、皮膚科の受診などを検討しましょう。

ニキビができたら、プロアクティブで適切なケアを

薬用洗顔料:スキン スムージング クレンザー

【効果】
スキン スムージング クレンザーは、殺菌作用や角質をやわらかくする作用がある有効成分のサリチル酸配合。ソフトスクラブがニキビ肌の古い角質や余分な皮脂を優しく取り除き、潤いを保ちながら清潔に洗い上げます。

【使い方】
1日2回、朝晩の洗顔に使います。まずは顔全体を水で洗った後、ティースプーン1杯程度の洗顔料を肌にそっと伸ばします。顔全体に広げたらマッサージするように洗い、髪の生え際、顎の下、フェイスラインなどに洗顔料が残らないようによくすすぎましょう。完全に流せたら、タオルを優しく当てて水分を拭き取ります。

薬用美容液:ポアターゲティング トリートメント

【効果】
ポアターゲティング トリートメントは、プロアクティブ独自開発の「スマートターゲット™テクノロジー」を採用。ニキビケアに効果的な有効成分サリチル酸を毛穴の奥まで浸透させて毛穴をひきしめ、なめらかで透明感のある肌へと導きます。

【使い方】
1日2回、朝晩の洗顔後または化粧水を完全になじませた後に使用します。パール粒大を目安に手にとって、顔全体に薄く伸ばします。強くこすらないように注意しながら、肌にしっかりとなじませます。

薬用ジェル状クリーム:スキンコンディショニング セラム

【効果】
スキンコンディショニング セラムは、ニキビ肌ケアにうれしい有効成分「グリチルリチン酸ジカリウム」を配合。肌荒れやニキビを予防しながら、肌に潤いを与えて、キメの整ったハリと弾力のある肌へ導いていきます。

【使い方】
1日2回、朝晩のスキンケアに使用します。美容液が完全になじんだ後、パール粒大を手に取り、目のまわりを避けながら顔全体に伸ばします。そっとハンドプレスして肌になじませます。

ホルモンバランスにはストレス発散も効果的

運動

10代の毎日には、楽しいことだけでなく悩みもつきものですよね。心と体はリンクしているので、ストレスからホルモンバランスが崩れて、肌トラブルにつながることもあります。きれいな肌で元気に過ごすために、ストレスをためこまないように工夫しましょう。
ストレス対策の中でも、おすすめはウォーキングなどの軽い運動です。体を動かすと気分がスッキリするだけでなく、血行もよくなります。その結果、肌細胞にきちんと栄養が届いて肌のターンオーバーが整いやすくなり、ニキビ肌のケアにプラスの効果が期待できます。また、女性によくあるトラブルの冷え性や便秘といったお悩みの対策としても有効です。
ホルモンバランスを意識した生活で、ニキビが気にならないヘルシーな美肌を取り戻しましょう。

あわせて読みたい

Proactiv + Movie

ニキビの真実

top