Sorry, you need to enable JavaScript to visit this website.
プロアクティブプラス【公式】ニキビケア化粧品通販サイト
0120-770-660
24時間365日
ご注文受付中

Gift注文

ログイン

電話注文

ご注文は
こちら

16年連続 薬用ニキビスキンケア 国内売上No.1!

お酒はニキビが悪化する原因?肌の赤みが目立つ理由と飲み方のコツ

お酒に含まれるアルコールは、適度な量なら健康に良いとされていますが、肌やニキビへの影響はやはり心配なものです。「お酒を飲むと顔の赤みや炎症が目立ってしまう」「翌日に肌荒れを起こしてしまう」などの悩みをお持ちの方も少なくないでしょう。
美容のためにお酒を控えようと思っていても、仕事での付き合いなどでどうしても避けられない場合もありますよね。
今回は、お酒がニキビを悪化させる理由や、お酒によってニキビ跡の赤みが目立つ理由についてご紹介します。上手にお酒を飲むコツを知って、肌荒れやニキビを予防しましょう。

お酒

お酒がニキビを悪化させやすい原因とは?

お酒のアルコール成分とニキビには、どのような関係があるのでしょうか。お酒の飲み過ぎがニキビを悪化させてしまう原因はひとつではありません。以下のような複数原因が挙げられます。

糖質やカロリーが高い

お酒のアルコール成分にも、カロリーが含まれています。アルコールのカロリーは、体温上昇などで優先的に消費されるものですが、一方でアルコールの作用により体内で脂肪の合成が促進されるため、皮脂の分泌量も増加し、ニキビができやすくなる原因となります。
また、お酒で注意したいのが糖質の量です。ビールや日本酒はお酒の中でも、糖質を多く含んでいます。糖質を多く含むお酒を飲み過ぎることによっても、余分に取ったエネルギーが脂肪に合成され、皮脂の分泌量が増加します。お酒を飲むときには、焼酎など蒸留酒を選ぶようにすると、糖質の摂取を抑えることができます。

肝臓の解毒が追い付かなくなる

肝機能の低下も、皮膚トラブルに大きく関係していることをご存知ですか?肝臓には、お酒を飲んだときに、アルコールの分解や代謝を行う役割があります。お酒を飲む量が増えれば、肝臓はそれだけアルコールの処理に追われてしまいます。すると、体内の毒素を分解する働きがある肝臓が、血液中の毒素を上手く排出することができず、肌にニキビとして現われやすくなるのです。
日常的にお酒を飲む習慣がある方も、できれば休肝日をつくって肝臓を休めてあげましょう。

ビタミンB群が消費される

アルコールの代謝にともなって消費されやすい栄養素が、ビタミンB群です。ビタミンB群の中でもビタミンB2やビタミンB6は、皮脂を分解したり、肌の材料となるたんぱく質を合成したりする作用があります。お酒を飲み過ぎると、ビタミンB群が消費されて体内で不足してしまいます。すると、たんぱく質が不足して肌のターンオーバーが正常に行われなくなり、皮脂が分解されずにそのまま残ってしまうことによって、ニキビができやすい状態になるのです。

肌が乾燥しやすくなる

意外と盲点なのがお酒による脱水症状です。お酒は水分なので、脱水状態になると考える方は少ないかもしれません。しかしお酒、特にビールには利尿作用があるため、尿の回数が増えます。自分ではお酒で水分を摂っているつもりが、排尿によってますます体は脱水傾向になり、肌の水分まで失われることになるのです。
そして、水分が失われ乾燥した肌を守ろうと、毛穴の皮脂腺はより多くの皮脂を分泌し、ニキビができやすい状態になるというわけです。こうした乾燥によるダメージは、ニキビだけでなくシワや老け顔の原因にもつながります。

眠りが浅くなる

アルコールには、眠りを浅くする作用があります。肌のターンオーバーは、深い眠りの中でこそ行われるもの。眠りが浅くなることで、正常な肌のターンオーバーが行われずに、ニキビができやすくなったり、すでにできているニキビが治りにくくなったりすることがあるのです。
また、質の良い睡眠がとれないと体はストレスを感じます。ストレスによって、皮脂の分泌を高める男性ホルモンが増えると、ニキビができやすい肌になってしまいます。浅い眠りの日々が続かないようにするためにも、連日お酒を飲むのは控えるようにしたいものです。

お酒で炎症やニキビ跡の赤みが目立つ理由

飲酒後、ニキビの悪化だけでなく、すでにできてしまったニキビ跡が目立つようになることもあります。せっかくのお酒の席でも、ニキビ跡の赤みが気になってしまい、なかなか楽しめないという方もいるかもしれません。アルコール成分とニキビ跡の因果関係を知っておきましょう。

お酒を飲んで顔全体が赤く、いわゆる赤ら顔になることで、ニキビの炎症やニキビ跡が目立ちやすくなります。これは、お酒に含まれるアルコール成分の血行促進効果が原因です。
アルコールは体内で分解される際、アセトアルデヒドという物質になります。このアセトアルデヒドが毛細血管を広げ、血行が良くなると、ニキビの炎症が悪化しやすくなります。また、普段は目立たないニキビの赤みが増して目立ったり、肌にかゆみが生じてしまったりする場合があります。赤みが気になるときは、できるだけお酒の摂取を控えたほうがよいでしょう。

ニキビを悪化させずにお酒を飲むコツ

それでは、飲酒によるニキビの悪化を避けるにはどうするべきなのでしょうか。
日常生活において、お酒とうまく付き合っていくコツをご紹介します。

お酒の飲み過ぎに注意する

まずは、お酒の量を控えめにすることがなにより大切です。しかし、お酒を完全に断つのは難しい場合もあるでしょう。周囲との付き合いでお酒を飲むシチュエーションでも、ビールはグラス1杯までなど適度な飲酒量に留め、飲み過ぎに注意しましょう。ついつい飲み過ぎてしまう場合には、お酒と同量の水を一緒に飲んで、アルコールの摂取量を抑えられるとよいですね。

お酒の付き合い

糖質や脂質をできるだけ控える

お酒を飲むときにはやはり、おつまみがつきもの。お酒が食欲を増進させ、おつまみには揚げ物など味の濃いものを選びがちです。脂質の多いおつまみを食べながらお酒を飲むことで、さらに血液中の脂質を増やしてしまうことになります。ビールやカクテルといった糖質の多いお酒は避け、おつまみには脂質の低いサラダや枝豆を選ぶなど、お酒やおつまみの種類を工夫しましょう。

帰宅後はスキンケアを行う

お酒に酔ってしまっているがゆえ、帰宅後にそのまま寝てしまうことも多いでしょう。一日の汚れをそのまま放置して眠ってしまうと、本来眠っている間に正常に行われるはずの肌のターンオーバーが妨げられます。また、ファンデーションを付けたまま就寝すると、毛穴が詰まってニキビができる原因にもなりかねません。帰宅したら、クレンジングをしてメイクを落とし、最低限のスキンケアを怠らないようにしましょう。

お酒が原因でニキビができてしまったときの対処法

飲酒によってニキビができたり、悪化してしまったりした場合には、少しでも早く治したいものです。セルフケアでニキビを早くきれいに治すためには、まず、生活習慣や肌のお手入れ方法を見直しましょう。

生活習慣を整える

ニキビの改善・予防には、規則正しい生活習慣を心がけることが必要です。
特に、栄養バランスのとれた食生活を意識しましょう。脂質・糖質の多い偏った食事では、ニキビを引き起こしやすくなります。ビタミンB群やミネラルなどの栄養を積極的に摂取して、毎日の食事で内側からきれいな肌をめざしましょう。ビタミンB2は卵や納豆、ビタミンB6はマグロやカツオなどに多く含まれています。
また、睡眠不足も美容の大敵です。新陳代謝を活性化させ、肌のターンオーバーをサポートするためにも、十分な睡眠時間を確保することが大切です。

寝具を清潔に保つ

肌荒れの原因として見落としがちなのが、寝具の汚れ。毎日長時間肌に触れる寝具は、見た目以上に汗や皮脂が残りやすいものです。寝具に付着した雑菌が、ニキビを悪化させるおそれがあります。枕カバーや布団カバー、シーツなどの寝具は定期的に洗濯をして、清潔に保つように心がけましょう。週1〜2回洗濯をするのが理想ですが、洗濯をする時間がない場合は替えのカバーやシーツを用意しておくと安心です。また、布団は天日干しや布団乾燥機を利用したり、掃除機をかけたりして、ダニ対策にも気をつけましょう。

正しい方法でスキンケアを行う

日々の地道なスキンケアが、ニキビの改善・予防につながります。洗顔で肌を清潔に保つことが大切ですが、洗顔の方法にも注意点があります。刺激の少ない洗顔料を使用し、肌をゴシゴシ強くこするのは控えましょう。洗顔料が肌に残らないよう、ぬるま湯でしっかりすすいだら、タオルで優しく水分を拭き取ってください。また、保湿で肌にうるおいを与えることも重要です。洗顔後は、すみやかに保湿をしましょう。

お酒の飲み方を見直して、健やかな肌へ!

ニキビの改善・予防は日常生活から。化粧水やクリームでのケアももちろん大切ですが、まずは、肌やニキビへの影響を及ぼすお酒の飲み過ぎに注意しましょう。
とはいえ、お酒を飲む方にとっては、ニキビ対策のために完全にお酒を断つことは難しいことです。また、みんなでワイワイお酒を飲むことは、精神的ストレスの解消にも役立ちます。
日常では生活習慣や栄養バランスを意識して、お酒を飲むときには、「飲み過ぎない」「食べるものに気をつける」「寝る前にはきちんとスキンケアしてから寝る」といったことに気をつけながら楽しむようにしましょう。

あわせて読みたい

Proactiv + Movie

ニキビの真実

top