Sorry, you need to enable JavaScript to visit this website.
プロアクティブ【公式】ニキビケア化粧品通販サイト
0120-770-660
24時間365日
ご注文受付中

Gift注文

ログイン

電話注文

ご注文は
こちら

15年連続 薬用ニキビスキンケア 国内売上No.1!

おでこニキビができる原因とは?効果的なケアで早く治すコツ

おでこ(額)や眉間、髪の生え際、こめかみは、皮脂分泌が多く汚れやすい上に、髪の毛が触れるなど、ニキビが発生する条件が多く存在するパーツです。思春期ニキビができやすい部位ですが、大人ニキビでも額のニキビに悩まされる方は多くいます。おでこは新陳代謝が活発なため、ニキビ跡は残りにくいと言われますが、ニキビに激しい炎症が発生すると、特に眉間やこめかみにニキビ跡が残る場合があります。この記事では、おでこニキビができる原因と適切なケアについてご紹介します。

おでこにニキビができる原因

おでこニキビの原因は、大人の場合は、髪の毛による刺激、整髪剤やシャンプー、トリートメントの洗い残しなどの、外部要因によるものがほとんどです。思春期の場合は、外部要因に追加して、ホルモン変化による皮脂が過剰分泌することが主な原因です。

思春期にできるおでこニキビの原因

おでこニキビは、思春期に多く見られます。思春期ニキビの原因が皮脂の過剰分泌であることから、皮脂腺の多いおでこにできやすいのです。思春期に皮脂の過剰分泌が起きるのは、第二次性徴によるホルモンバランスの変化が起きるからです。成長に伴って男性ホルモンが増えて皮脂腺を刺激することで、皮脂の分泌が急激に増えます。通常、皮脂は毛穴から排出されるものですが、この時期は急に増えた皮脂量に毛穴の成長が追いつきません。どんどん分泌される皮脂が毛穴の中に溜まり始め、さらに古い角質や老廃物と混ざり合って、やがて毛穴を塞いでしまいます。
毛穴に皮脂が詰まるのがニキビの始まりで、その毛穴の中の皮脂を栄養分にしてアクネ菌が増殖することで、ニキビは炎症を起こし、悪化していきます。

10代と大人に共通するおでこニキビの原因

思春期に起こる皮脂の過剰分泌以外では、髪の毛が触れる、手で触る、帽子、シャンプーの洗い残し、整髪剤の付着などの刺激が主なおでこニキビの原因です。
中でも最も関係が深いのが髪の毛です。おでこに前髪がかかっていると、毛先がニキビに触れて、それだけで刺激になります。また、髪の毛に付着しているシャンプーやコンディショナー、整髪剤、汚れなどが、肌にも付着してしまいます。

男女別のおでこニキビの原因

男性

男性の場合は、男性ホルモンの影響によりおでこニキビが発生します。過剰な皮脂分泌が起こりやすいため、おでこニキビを防ぐだめには、洗顔をきちんとして清潔な状態を保つ必要があります。

 

女性

女性の場合、外部からの刺激や、化粧品の落とし残しによりおでこニキビが生じることがあります。落としきれず肌に残った化粧品が蓄積して毛穴汚れとなり、雑菌が繁殖するのです。 こうした汚れが原因となるおでこニキビを防ぐためには、丁寧なクレンジングを心掛け、毎日きちんと化粧を落とすことが大切です。

おでこニキビの治し方とは?

おでこニキビの原因は、思春期特有の皮脂の過剰分泌を除けば、ほとんどが排除できることばかりです。根本から原因を排除できれば、おでこニキビを効果的、かつ速やかに治すことができるでしょう。

外的刺激を排除

前髪や帽子、手指で触るなど、おでこに触れてニキビを刺激する要因を取り除きます。特に前髪を下ろしていると、常にニキビに触れて刺激を与え続けることになるため、髪型に工夫が必要です。アップにするのが最良ですが、おでこを丸出しにすることに抵抗がある場合には、髪を横に流してヘアピンで留めましょう。ニキビを隠すために、おでこを前髪で覆うと、蒸れたり汚れたりしてしまいます。その状態がさらに毛穴を詰まらせ、アクネ菌の増殖を招き、ニキビの炎症や悪化を引き起こします。

スキンケア

洗顔時の注意点

ニキビ肌のスキンケアは、しっかり洗って余分な皮脂や角質、汚れを落とした後は、きちんと保湿をするのが基本です。これはどの部分にできたニキビでも同じです。おでこニキビの場合は、髪の生え際にクレンジング剤や洗顔料が残りがちなので、特に念入りにすすいでください。なお、毛穴に皮脂が詰まっているだけの初期段階のニキビであれば、ピーリングケアも効果的です。

入浴時の注意点

おでこニキビができる原因とは?効果的なケアで早く治すコツ

シャンプーやコンディショナーを洗い残したり、おでこに流れてこないようにしなければいけません。そのためには、「髪→体→顔」の順番で洗い、シャンプー類も洗顔料も完全に洗い落した状態で終えるようにしましょう。

肌別のニキビケアの記事を見る >>

年代別おでこニキビのスキンケア

おでこニキビの原因は年代によっても異なるため、それぞれの肌の状態やニキビの原因に合わせたスキンケアが必要になります。

10代

思春期ニキビの原因は皮脂の過剰分泌であるため、余分な皮脂を取り除き、肌を清潔な状態に保つ必要があります。但し、しっかり皮脂を取ろうとするあまり、強くこすったり過度の洗顔をすると、バリア機能が低下して、かえってニキビが悪化します。優しく適度な洗顔をこころがけましょう。

20代

10代の頃よりも皮脂分泌は落ち着くため、必要な皮脂まで取り去らないように気を付けてください。また、洗顔後には十分な保湿ケアを行いましょう。ストレスや睡眠不足が原因で、ターンオーバーの乱れが起きやすく、肌の回復力も下がるので、スキンケアに加えて、生活習慣に気を配ることも大切です。

30代

加齢の影響が出始めて、ターンオーバー機能やコラーゲンの生成能力が低下します。またホルモンバランスの乱れや分泌量の低下なども現れてきます。肌の調子を整えて、ターンオーバーを正常に保つためには、角質に十分な潤いを保つ必要があります。普段から保湿ケアを怠らないようにしましょう。

おでこニキビの改善に効果的な食事と避けたい食事

おでこニキビの改善に効果的な食べ物

ビタミンB群には、皮脂分泌を抑える作用があります。レバー、イワシ、納豆、豚肉、きのこ類などにはビタミンB2、牛レバー、バナナ、マグロ、大豆、卵にはビタミンB6が多く含まれています。 ビタミンB6は、皮脂分泌を抑える他、タンパク質の代謝を助け、新陳代謝を促す働きもします。

おでこニキビを改善するために避けたい食べ物

肉類やバターなどに含まれる動物性脂肪は、摂り過ぎると必要以上に体内に蓄積します。糖分も、エネルギー源として使われた残りが、脂肪分として蓄積されます。これらが皮脂の過剰分泌を引き起こします。 また、アルコールや刺激物は、毛細血管を拡張させて皮脂腺を刺激します。これも皮脂の過剰分泌の原因になるので、摂り過ぎには気を付けましょう。

おでこニキビの多くは、外的な刺激が原因なので、それを取り除くことで改善が期待できます。おでこにニキビができてしまったら、ニキビの悪化を防ぐケアを行うと同時に、原因になることをなるべく排除しましょう。

おでこニキビは市販薬で改善できる?

おでこニキビが治らなかったり繰り返したりする場合は、薬を使って治療することも考えましょう。薬は、市販薬を使う方法と皮膚科医で処方してもらう方法があります。

外用薬、内服薬が販売されている

ニキビの治療薬には外用薬(塗り薬)と内服薬(飲み薬)があります。外用薬は、ニキビの原因であるアクネ菌の殺菌作用・抑制作用や肌の炎症を鎮める抗炎症作用のあるものが販売されています。内服薬は、漢方薬、ビタミン剤が販売されています。アクネ菌の増殖をおさえてニキビを改善していく効果があります。

皮膚科医に相談して選ぶ

おでこニキビができる原因とは?効果的なケアで早く治すコツ

どのような薬を使えば良いかは、ニキビの状態や体の状態によって異なります。適切な治療薬を選ぶためには皮膚科を受診し、症状を明らかにして医師のアドバイスをきくのが良いでしょう。

おでこニキビの予防やケアにおすすめプロアクティブ商品

おでこニキビのケアには、ニキビ専用のスキンケア商品を使ってお手入れするのが効果的です。人気のプロアクティブ商品についてご紹介します。

プロアクティブ「3ステップセット」が効果的

ニキビケアには毎日のスキンケアが鍵になります。ニキビに悩む多くの人々に支持されているプロアクティブの「3ステップセット」を使用すると、大人ニキビの予防やケアに効果的です。

プロアクティブ「3ステップセット」の種類と特徴

「スキン スムージング クレンザー」

ニキビ予防になる薬用洗顔料です。毛穴の奥に詰まった古い角質や余分な皮脂を洗い流す効果があります。また、有効成分として配合されているサリチル酸が、ニキビのできにくい肌へと導いてくれます。使い方は、まず顔全体をぬるま湯で濡らしてから適量(スプーン1杯分程度)を手のひらに取り、顔に伸ばします。目や唇のまわりは避けて、マッサージするようにやさしく洗い、ぬるま湯でしっかり洗い流してください。

「ポアターゲティング トリートメント」

独自開発の「スマートターゲット™ テクノロジー」が採用された薬用美容液。有効成分が毛穴の奥まで浸透し、肌をやわらかくする効果が期待できます。使い方は、適量(パール粒大目安)を手に取り、目のまわりを避けて顔全体に薄くのばします。肌にしっかりなじむよう、顔を両手で覆うようにしてゆっくりおさえてください。

「スキンコンディショニング セラム」

保湿効果の高い、選び抜かれた植物エキスを贅沢に配合した薬用ジェル状クリームです。消炎効果のあるグリチルリチン酸ジカリウムが有効成分として配合されており、肌荒れやニキビを予防し、肌のキメを整えてくれます。使い方は、薬用美容液が完全に肌になじんだ後、適量(パール粒大目安)を手に取り、目のまわりを避けて、こすらないようにやさしく顔全体にのばします。ハンドプレスで肌にしっかりなじませてください。

おでこニキビのケアには刺激の除去と適切なスキンケアを

おでこニキビを予防・ケアするには、年齢や性別に応じて原因となる刺激を取り除いていくと同時に、適切なスキンケアを行うことが大切です。おでこニキビが気になる方は、上記を参考に生活やスキンケアを見直してみてください。

あわせて読みたい

Proactiv + Movie

ニキビの真実

top