Sorry, you need to enable JavaScript to visit this website.

日本売上No1ニキビケアがさらに進化したプロアクティブ+(プラス) 通販にてお買い求めいただけます

0120-770-660
24時間365日
ご注文受付中

Gift注文

ログイン

電話注文

WEB注文

髪の生え際にニキビができる原因とは?正しいケアとおすすめ商品

髪の生え際は、ニキビができやすい部位の一つです。ヘアスタイルを自由に楽しめなかったり、髪が乱れがちな運動中にニキビが目立ってしまったりと、厄介だと感じている方も多いのではないでしょうか。
「どうやってケアすればいいの?」「何が原因でこんな場所にできたの?」という点も気になりますよね。この記事では、髪の生え際のニキビの原因と正しい対処法についてご紹介いたします。

髪の生え際にできるニキビの主な原因

ニキビはおでこや頬などさまざまな場所にできますが、髪の生え際にできるニキビには特有の原因があります。どんなことが肌トラブルの原因になっているのでしょうか?

ニキビができる仕組み

すべてのニキビが起こるメカニズムは、一言で言えば「過剰な皮脂分泌によるアクネ菌の増殖」です。
皮脂は肌のうるおいを守る役割をしていますが、ホルモンバランスの乱れや肌の乾燥などが原因で過剰に分泌されると、毛穴の詰まりの原因となります。そして毛穴が詰まると、その中でニキビの原因菌であるアクネ菌が皮脂をエサにして増殖して、ニキビを引き起こします。

髪の生え際にニキビができる主な理由

不衛生

髪の生え際にニキビができる理由の1つ目は、皮膚が不衛生になっていることです。
シャンプー、整髪料、コンディショナー、ヘアオイルなどを使ったあとに流し残しがあると、髪の生え際の毛穴が詰まりやすくなります。また、帽子、タオル、枕カバー、敷布団など、髪や皮膚に触れるものの汚れも同じです。こういったアイテムは定期的に洗わず不衛生にしていると皮脂の汚れが付着しがちです。
髪の生え際に汚れや皮脂が入り込み、ニキビができやすくなります。

紫外線

髪の生え際にニキビができる理由の2つ目は、紫外線です。
紫外線は日焼けだけでなく肌のうるおいにも大きな影響を与えていることを知っていますか?肌は紫外線を受けると乾燥を防ごうとして皮脂を過剰に分泌しやすくなり、これがニキビの発生につながることがあります。

紫外線

生活習慣の乱れ

髪の生え際にニキビができる理由の3つ目は、生活習慣の乱れです。
思春期はただでさえ体の成長に伴いホルモンバランスが乱れやすい時期ですが、栄養バランスの偏った食事、睡眠不足、運動不足などもホルモンバランスに影響します。ホルモンバランスが崩れると皮脂の過剰分泌につながりやすいので、ニキビ発生の一つの要因になるのです。

髪の生え際にできるニキビの正しいケア

では、髪の生え際にニキビができたらどのようなケアを心がければいいのでしょうか?4つのポイントを紹介します。

1.髪の生え際を清潔に保つ

まず、洗髪時に髪の生え際にシャンプーの泡やコンディショナーなどが残らないように、しっかり洗い流すようにしましょう。
シャワーを直接あてるほか、手のひらにお湯をためて髪の生え際にあてるようにすれば、すすぎ残しをなくせます。
洗顔をシャンプーやトリートメントのあとにすることもおすすめです。また、洗面台で洗顔をする時は、髪の生え際からおでこにかけて洗顔料が残ってしまいやすいので、すすぎ残しがないように鏡でチェックしましょう。

入浴後や洗顔後に顔に触れるものも、こまめに洗濯して衛生的に保ちましょう。
タオル、枕カバー、シーツなどは定期的に取り替えます。また、帽子は洗濯機に入れると型崩れを起こしますが、手洗いでのケアは可能です。ラベルの洗濯表示を参考にしながら皮脂汚れを落としましょう。

2.外部からの刺激を防ぐ

髪の生え際のニキビを引き起こす主な外部刺激は、紫外線、整髪料、パーマ・カラーリング、ヘアブラシです。

紫外線を防ぐには、外出時に帽子をかぶることがおすすめです。室内では帽子を脱ぐなど、皮膚が蒸れないように注意しながら着用してください。
また、ワックスやスプレーなどの整髪料を使ってヘアスタイリングする時は、生え際や根元に付着しないように気をつけましょう。パーマやカラーリングは頭皮へのダメージが大きく、生え際の皮膚のバリア機能を低下させて乾燥を招きやすくする可能性があります。ニキビケアの観点からは避けたほうがベターです。
ヘアブラシの素材は硬すぎると気づかないうちに皮膚を傷つけていることがあるので、チェックしておきましょう。

3.ニキビ用の治療薬の使用

ニキビがひどい場合や早く治したい場合は、外用薬や内服薬を使用するようにしましょう。
薬局やドラッグストアで市販品を購入するほか、皮膚科を受診すれば医師が保険診療で外用薬を処方してくれます。薬をなるべく使いたくない人は、普段から丁寧な洗顔を怠らないことでニキビの悪化を抑えることができます。

4.ホルモンバランスの乱れの改善

日常生活の中からホルモンバランスが乱れる要因を探って、見直すことも大切です。

睡眠の質を高める

美しい肌は質の良い睡眠で育まれます。スマホやテレビなどのディスプレイが放つブルーライトは睡眠を妨げやすいので、就寝直前はなるべく見ないようにしましょう。
また、部活や塾などで帰宅時間が遅くなったり夜更かしをして小腹がすいたりすると、就寝直前に食事を摂る人もいるでしょう。しかし、これは眠りが浅くなったり寝付きにくくなったりする原因になるのでやめましょう。

睡眠

食事の偏りを見直す

好き嫌いをしたり、ダイエットのために極端な食事制限をしたり、おやつや軽食を食事の代わりにしたりしていませんか?ニキビケアの観点からは、主食・主菜・副菜が揃った和食を中心とする食生活がおすすめです。これを意識するだけでも、栄養バランスが整いやすくなります。
また、コンビニのお弁当を食べたり外食したりする際は、塩分を摂取しすぎないようにメニューの選び方に注意しましょう。

ストレスの解消

心と体の健康状態は密接に関係しているので、美肌のためには勉強や人間関係のストレス、気疲れをためないことも大事です。
誰でも簡単にできるストレス解消法としては、ジョギングや散歩など適度な運動をすること、リラックスできる趣味の時間を持つこと、シャワーで済まさずにゆったりと湯船に浸かることなどがおすすめです。

髪の生え際にできるニキビ予防に効果的なプロアクティブ商品

髪の生え際のニキビについて「毎日使うスキンケアアイテムを見直したい」という方には、洗顔から保湿までライン使いできるプロアクティブのアイテムがおすすめです。

髪の生え際にできるニキビケアにプロアクティブが効果的な理由

プロアクティブは、15年連続で薬用ニキビスキンケアの国内売り上げNo.1の実績があります(2019年4月現在)。プロアクティブ+の商品はニキビ予防に効果的な成分を配合。さらに天然由来の植物成分も配合しているため、乾燥肌や敏感肌など肌タイプを問わずに使えるのも嬉しいポイントです。

3ステップセットの使い方

薬用洗顔料(スキンスムージングクレンザー)

顔全体を濡らしたあと、ティースプーン一杯分を目安に肌に伸ばし、マッサージするように優しく洗います。顔全体に行き渡ったら、ぬるま湯でよくすすぎます。この時、洗顔料が髪の生え際に残らないように注意しましょう。最後に清潔なタオルで軽く押さえるようにして水分を拭き取ります。1日2回、朝晩に使用します。

薬用美容液(ポアターゲティング トリートメント)

洗顔後の肌に化粧水がなじんだら、パール大粒程度の薬用美容液を手にとって、顔全体に薄く伸ばします。広がったら手のひらで顔全体を優しく覆いハンドプレスをして、肌になじませましょう。1日2回、朝晩に使用します。

薬用ジェル状クリーム

薬用美容液が十分になじんだあと、パール大粒程度の薬用ジェル状クリーム手にとって、顔全体に薄く伸ばします。広がったら美容液の時と同様にハンドプレスをして、肌になじませましょう。1日2回、朝晩に使用します。

ニキビケアのためにヘアスタイルを変えてみよう

髪の生え際のニキビで悩んでいる人は、前髪や顔周りの髪でニキビを隠そうとしていませんか?髪をおろしたままにしておくと、どうしても汗をかきやすくなり、肌が蒸れて雑菌が繁殖しやすくなります。生え際に汗や皮脂をためないようにするには、ヘアスタイルを変えてみるのも1つの方法です。

前髪をふんわりねじってピンで留めれば、華やかなヘアスタイルを楽しみながらニキビの悪化を予防することができます。前髪をサイドに流してピンで留める場合は、ピンの上に髪の毛を被せるとよりナチュラルな印象に仕上げることができます。

外出中は髪をおろしておきたいという人も、家の中や部活の時だけでも髪をピンやゴムでまとめて、ニキビができやすい部位に負担をかけないことがおすすめです。正しいケア方法を実践して、ニキビに負けない健やかな肌を目指しましょう。

あわせて読みたい

Proactiv + Movie

ニキビの真実

top