Sorry, you need to enable JavaScript to visit this website.

日本売上No1ニキビケアがさらに進化したプロアクティブ+(プラス) 通販にてお買い求めいただけます

0120-770-660
24時間365日
ご注文受付中

Gift注文

ログイン

電話注文

WEB注文

乳液

ニキビに悩む方がオイルや乳液と聞くと、拒否反応を示してしまうのではないでしょうか。ニキビの原因は脂ぎったオイリー肌や毛穴に皮脂が詰まることなのに、肌にオイルやべっとりとした乳液をつけるなんて自殺行為だと思う方もいるかもしれません。ですが、そこには大きな誤解があります。

ニキビケアに乳液はいらない?

「ニキビケアに乳液はいらない」と思っている方は、ニキビと乳液の関係を正しく理解していますか?まずは、ニキビができる原因や、乳液やクリームの役割を知りましょう。

1. ニキビができる主な原因

ニキビができる主な原因は、肌のターンオーバーの乱れやバリア機能の低下です。ターンオーバーとは、皮膚表面が毎日少しずつ生まれ変わる仕組みのこと。肌の深い部分で新しい細胞が生まれて、一番外側の角質層まで押し上げられた後、古い角質として剥がれ落ちるまでの一連のサイクルです。健康な肌は適切なサイクルでターンオーバーしています。また、バリア機能とは肌表面の角質層が外部からの刺激や乾燥から肌を守り、皮膚の状態を正常に保つ機能のことです。肌のターンオーバーの乱れやバリア機能の低下は、乾燥やストレス、胃腸などの内臓の不調などによって生じることがあります。ターンオーバーが低下すると、乾燥によって皮脂が詰まりやすくなります。するとニキビの原因菌であるアクネ菌が毛穴の中で繁殖しやすくなるとされています。思春期のニキビや大人のニキビはこのような原因からできているのです。

2. 乳液とクリームの違い

ニキビを作らないためには、肌を乾燥させないことが大切です。皮脂はニキビの原因にもなりますが、実は本来は肌のうるおいを逃さない役割をしています。しかし皮脂は洗顔をすると洗い流されてしまうので、皮脂に代わる乳液やクリームで、肌表面を守る必要があります。洗顔後に使う基礎化粧品の順番は、まず化粧水で肌にうるおいを与えます。必要に応じて、肌の悩みに対応した栄養成分を含む美容液をプラスします。乳液やクリームを使うのはその後です。乳液とクリームの違いは、水分と油分のバランスの違いにあります。乳液の方は水分が多め、クリームの方は油分が多めになっています。乳液とクリームを両方使わなければならないかというと、そうではありません。ベタつきが苦手な方は、さっぱり使える乳液を使い、夜のスキンケアにはクリームを使う、といった使い分けもできます。基本的には自分の好みで選んで問題ありません。

3. 保湿のために乳液は必要

ニキビで悩む方のスキンケアといえば、「皮脂汚れは大敵、清潔が一番」と洗顔を一日に何度も行って、さっぱりとした薬用ローションなどをつけて終わり、というケースが少なくありません。その方法で本当によいのでしょうか?自分の肌質の問題だから、もっともっと洗う必要があるとか、もっと脂分を抑える必要があるとローションやクリームの使用を控えたり、脂っぽい食事を避けたりしがちです。しかし、それだけでは、十分なケアとはいえないかもしれません。肌は適度に皮脂を分泌することで、うるおいを保って健やかな状態に保つ機能を持っています。皮脂というのは天然のローションであり、正常に機能していれば脂ぎることも、乾燥しすぎることもないのです。しかし、洗顔のし過ぎでうるおい機能を果たす皮脂までとられ、肌はうるおいを取り戻すために必死で皮脂を分泌します。そのため、いくら洗っても顔が脂ぎってしまい、いつまで経ってもニキビがよくならない悪循環に陥ってしまうのです。正しいニキビケアにおいて、洗い過ぎは禁物で、毛穴の奥の汚れを落とした後はしっかり保湿してあげることが欠かせません。

保湿の定番アイテムといえば乳液とクリームがありますが、乳液やクリームを使わずに化粧水だけで済ます人もいることでしょう。しかし化粧水だけで済ますと、すぐに水分が蒸発してしまうため、肌がうるおい不足を感じ、皮脂分泌量を増やしてしまいます。乳液、またはクリームをプラスすることで、肌にうっすらとベールがかかり、水分の蒸発を防いでうるおいを閉じ込める効果が期待できます。

肌質別・乳液の選び方

ニキビで悩むのはオイリー肌の人、というイメージがあるかもしれませんが、乾燥肌や混合肌の人にもニキビはできます。肌のタイプが違えば、使うべき乳液も当然違ってきます。

1. 保湿のために乳液は必要

オイリー肌の特徴は、皮脂が過剰に分泌されやすくなっていることです。肌のテカリやベタつきが気になったり、メイクが崩れやすかったり、毛穴の黒ずみや開きで悩んだりしている方はオイリー肌と考えられます。皮脂の過剰な分泌の主な原因はホルモンバランスの乱れです。その背景には脂質を過剰に摂取する食生活、ストレス、不規則な生活、睡眠不足などが挙げられます。オイリー肌の人は、特に乳液に抵抗があるかもしれませんが、肌につけた後さっぱりとする使用感の乳液を選んで、化粧水などの水分を肌に閉じ込めましょう。ニキビ肌のケアには、サリチル酸などの殺菌成分や抗炎症成分が配合されているタイプがおすすめです。それでもテカリやベタつきが気になるという方は、1回に使う量が多すぎないかチェックしてみてください。

2. 乾燥肌

乾燥肌の特徴は、ターンオーバーの乱れやバリア機能の低下などにより肌の乾燥が生じていることです。皮膚がカサカサになってひび割れたり、粉をふいて白っぽくなったり、かゆみを生じたりしている人は乾燥肌と考えられます。肌が乾燥してしまう原因の一つは、冬の外気や室内のエアコンなど空気中の湿度が低い状態にさらされることです。また、ストレスや加齢もターンオーバーの乱れやバリア機能の低下を引き起こし、乾燥の原因になっています。乾燥肌の人は、カラカラの肌にうるおいを補うことが大切なので、乳液も保湿効果の高さを重視して選びましょう。成分から探すなら、セラミドやヒアルロン酸が配合されている乳液がおすすめです。

3. 混合肌

混合肌とは、おでこや鼻すじにかけてのTゾーンはテカリやベタつきが気になるのに、頬やフェイスラインなどのUゾーンは乾燥している肌のことです。「私はオイリー肌、乾燥肌、どっちなの?」とわからず、基礎化粧品選びに困っている人も多いのではないでしょうか?混合肌の人も、乳液は成分に注目して選んでみてください。Uゾーンなど乾燥している部分には、乾燥肌の場合と同じようにセラミドやヒアルロン酸といった保湿成分がおすすめです。

ニキビケアに効果的なプロアクティブの商品

ニキビで悩むのはオイリー肌の人、というイメージがあるかもしれませんが、乾燥肌や混合肌の人にもニキビはできます。肌のタイプが違えば、使うべき乳液も当然違ってきます。

・プロアクティブ「3ステップセット」で基本のケアを
「3ステップセット」は、1日2回、朝晩のケアに使える薬用洗顔料、薬用美容液、薬用ジェル状クリームが揃っています。ニキビを予防したい方におすすめです。

1. スキン スムージング クレンザー

スキン スムージング クレンザーはニキビ予防ができる薬用洗顔料です。毛穴の奥に詰まった古い角質や余分な皮脂を洗い流します。殺菌作用のある有効成分サリチル酸を配合していて、ニキビのできにくい肌に導いてくれます。使い方は、まず顔全体をぬるま湯で濡らし、適量(スプーン1杯分程度)のスキン スムージング クレンザーを手にとります。唇や目のまわりを避けて顔にのばし、マッサージするように優しく洗ってください。最後にぬるま湯で洗い流します。髪の生え際に洗顔料を残さないように気をつけましょう。

2. ポアターゲティング トリートメント

ポアターゲティング トリートメントは、ニキビを予防する有効成分を配合した軽い使い心地の薬用美容液です。有効成分を毛穴の奥まで届けるために、独自開発の「スマートターゲット™ テクノロジー」を採用。グリチルリチン酸ジカリウムを配合しているので、肌荒れが気になる人にもおすすめです。使い方は、ステップ1の薬用洗顔料または化粧水を使った後、適量(パール粒大目安)を手にとり、目のまわりを避けて顔全体にのばします。この時、肌をこすらず、薄く広げるように気をつけてください。両手の手のひらで顔全体をそっとおさえてなじませます。

3. スキンコンディショニング セラム

スキンコンディショニング セラムは、肌荒れやニキビを防ぎながら肌にハリ感を与えてキメを整える薬用ジェル状クリームです。肌荒れに効果があるグリチルリチン酸ジカリウムや、保湿効果のある植物エキスを配合しています。使い方は、ステップ2(薬用美容液)が肌になじんだ後に、適量(パール粒大目安)を手にとり、ステップ2と同じように目のまわりを避けて顔全体にのばします。肌をこすらず、薄く広げるように気をつけてください。両手の手のひらで顔全体をそっとおさえてなじませます。

・プラスアイテムで、ニキビができにくい肌へ

1. リバイタライジング トナー

リバイタライジング トナーは、過剰な皮脂を取り除いてニキビを予防する薬用化粧水です。有効成分グリコール酸により、肌バランスの環境を整えます。また、有効成分グリチルリチン酸により、肌荒れやニキビの防止にも効果的で、保湿効果のある植物エキスも配合しています。使い方は、朝晩の洗顔後に適量(500円玉サイズ)コットンになじませて、軽くふきとるように優しく肌に浸透させます。強くこすらないように気をつけてください。

2. クリアゾーン ボディウォッシュ

クリアゾーン ボディウォッシュは、背中や胸など体にできるニキビを予防する薬用ボディソープです。ソフトスクラブ粒子が古い角質を取り除き、有効成分サリチル酸が肌を殺菌、植物系保湿成分がうるおいを与えてくれます。使い方は、ボディ用スポンジなどに適量をとって泡立て、体全体に優しく広げていきましょう。泡はしっかり洗い流します。朝晩のシャワー時や部活などで汗をかいた後に使います。

乳液の使い方のポイント

ニキビで悩むのはオイリー肌の人、というイメージがあるかもしれませんが、乾燥肌や混合肌の人にもニキビはできます。肌のタイプが違えば、使うべき乳液も当然違ってきます。

1. 乳液をつけるタイミング

乳液を使用する順番は一般的に、化粧水→乳液の順です。洗顔後、化粧水でしっかり保湿したお肌のうるおいを補う目的で、ムラなく薄目に乳液を塗るようにしましょう。しかし例外もあり、メーカーによっては化粧水の前に乳液をつけるものもあります。この場合、乳液によって肌をしっとりやわらかくすることで、化粧水の成分を浸透しやすくしているようです。

2. 乳液をつけるポイント

乳液のつけ方について、手でつけるべきか、コットンを使うべきか迷う方もいるのではないでしょうか。手でつけるメリットとしては、刺激が少ないこと、手の体温によって乳液が温まり肌へのなじみが良くなることが挙げられます。コットンを使うメリットは、肌全体にムラなくなじませることができるということが言えるでしょう。それぞれ気をつけるべき点としては、手でつける場合、雑菌がつかないように容器の口を触らないようにすること、コットンの場合は、こすらず、肌に刺激を与えないように気をつけることです。上記で挙げた点に気をつければ、どちらでも問題はありません。自分が心地良いと思える方法で乳液を使いましょう。

乳液の後に塗るクリームの使い方

乳液の後、必要に応じてクリームを使う場合は、どんなタイプを選び、いつ、どのようにつければいいのでしょうか?クリームの使い方のポイントをまとめました。

1. クリームを選ぶポイント

乳液同様、セラミドなどの保湿成分を含むものが良いでしょう。またクリームの中でも、油分が多めでコクのあるものや、ジェルのような軽い感触のものがあるので好みで選びましょう。なお、油分はニキビに良くないものと考えがちですが、ニキビの原因菌は空気に触れるところで繁殖するわけではないので、外から補う油分については心配ありません。

2. クリームをつけるタイミング

乳液同様、化粧水がなじんだ後につけます。乳液と併用する場合は、乳液の後につけますが、前にも書いたように、乳液とクリームは併用しなくても大丈夫です。

3. クリームのつけ方

おでこ(額)、頬、顎(あご)それぞれに少量ずつのせ、全体にのばします。その際、こすらずに軽くたたくようにのばしていきましょう。のばし終えたら、手のひら全体で顔を包みこみハンドプレスします。手のひらの体温でクリームの成分を浸透させるためです。なお、余計な油分が浮いていると感じたら、ティッシュで刺激を与えないよう軽くおさえるようにしましょう。

ニキビで悩みたくないなら生活の見直しを

ニキビなどの肌トラブルをケアしていきたいなら、スキンケアだけでなく生活全体を見直してみましょう。食生活では、チョコレートなどの甘いお菓子やインスタント食品などをついつい食べすぎていませんか?糖分や脂肪分は皮脂の過剰な分泌の原因になります。反対に過度なダイエットで必要な栄養が摂取できていない場合も、肌トラブルの原因になります。また、夜遅くまでスマホを使って睡眠不足になっていませんか?スマホには、SNSやゲーム、友達とのやりとりなど夜更かしを招く誘惑が詰まっています。また、夜遅くまでスマホの画面を見続けていると眠りにくくなり、またスマホを触る悪循環が生まれます。バランスの良い食事と十分な睡眠は、美肌だけでなくいきいきと健康的な毎日をもたらしてくれます。乳液の使い方などスキンケアと一緒に、正しい生活習慣も心がけてみてください。

関連ページ:肌質別の正しいニキビケアと予防も併せてご覧ください

あわせて読みたい

Proactiv + Movie

ニキビの真実

top